中山美穂&檀れい&谷原章介&筒井道隆「ママレード・ボーイ」で初共演!複雑家族を体現 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月18日 > 中山美穂&檀れい&谷原章介&筒井道隆「ママレード・ボーイ」で初共演!複雑家族を体現
メニュー

中山美穂&檀れい&谷原章介&筒井道隆「ママレード・ボーイ」で初共演!複雑家族を体現

2018年1月18日 05:00

*h中山美穂檀れい谷原章介筒井道隆ママレード・ボーイ」で初共演!複雑家族を体現

“トレンディ神”が初共演!「ママレード・ボーイ」

“トレンディ神”が初共演!
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画
「ママレード・ボーイ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中山美穂檀れい谷原章介筒井道隆が、吉住渉氏による人気少女コミックを実写映画化する「ママレード・ボーイ」に出演していることがわかった。原作が誕生した1990年代にトレンディドラマや宝塚で活躍した4人が初共演し、パートナーを交換して再婚するという複雑な家族を体現する。

92~95年に「りぼん」で連載された原作を、桜井日奈子吉沢亮のダブル主演、「ストロボ・エッジ」「PとJK」で知られる廣木隆一監督のメガホンで実写化。女子高生の小石川光希(桜井)はある日突然、両親(檀&筒井)から離婚すると告げられる。さらに両親は「ハワイ旅行で出会った松浦夫妻(中山&谷原)と気が合い、互いのパートナーを交換して再婚する」と説明し、「松浦夫妻の1人息子・遊(吉沢)も含めみんなで一緒に暮らそう」と爆弾発言。2組の家族による常識外れな“共同生活”が始まると、光希は無愛想だが優しい遊に惹かれていく。

パートナー交換後の夫婦は、松浦千弥子(中山)&小石川仁(筒井)、小石川留美(檀)&松浦要士(谷原)。原作の吉住氏は「離婚をしても仲が良い人たちを描きたかった」と語っており、複雑だが気の合うふたつの家族と、それをきっかけにした主人公の恋模様が紡がれていく。

中山は、意外にも初共演となったことに「今まで初共演でもこんな気持ちになったことはないのに、撮影初日に、『あ!知っている方たちだ!』と初めてそんな気持ちになりました」といい、「この4人だから、両親S(りょうしんズ)というファンキーな設定にもかかわらず、大人としての空気が出せているのが楽しかった」と充実感たっぷり。原作連載当時からのファンだという檀は「まさか20年以上経って、自分がこの映画に出られるとは思ってなかったので、オファーをいただいた際は、本当にびっくりしました」と目を丸くし、「とにかく『ママレード・ボーイ』の世界観を大事に演じたいなと思いました」と説明した。

さらに谷原は、「4人ともが初共演ですが、違和感というか、ギクシャク感もなく、もともとこういう風にはまるようなパズルが4つそろったなみたいな感じがします」と手応えありの様子で、「『僕も若いころ、こういう恋愛モノに出演していたな』と思い、今回は父親役として出演するというところに、とても感慨深いものがありました」としみじみ。筒井も「僕も恋愛モノに何度か出演させてもらっていたので、親の目線から見るというのは楽しそうだなと」と同意見で、「両親たちを演じる僕たち4人はすごく年齢が離れているわけではないので、同じ世代を生きてきた空気感を感じました。その感覚が作品にも表れると良いなと思っています」とコメントを寄せた。

ママレード・ボーイ」は、4月27日から全国で公開。

(映画.com速報)
ストロボ・エッジ Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] ストロボ・エッジ Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,011 福士蒼汰と有村架純主演で映画化した青春純愛ストーリー。
PとJK[Blu-ray/ブルーレイ] PとJK[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,553 亀梨和也と土屋太鳳が共演し、廣木隆一監督のメガホンにより、三次マキ原作の同名コミックを映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi