気象予報士・森田正光「ジオストーム」は「気象の集大成映画」 依田司は独創性に太鼓判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月16日 > 気象予報士・森田正光「ジオストーム」は「気象の集大成映画」 依田司は独創性に太鼓判
メニュー

気象予報士・森田正光「ジオストーム」は「気象の集大成映画」 依田司は独創性に太鼓判

2018年1月16日 17:00

人気子役の谷花音も駆けつけた「ジオストーム」

人気子役の谷花音も駆けつけた
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 異常気象が地球を襲うディザスターアクション「ジオストーム」のトークイベントが1月16日に都内で行われ、気象予報士の森田正光、依田司が作品をプロ目線で解説したほか、人気子役の谷花音が駆けつけた。

天候を制御できる最新技術を搭載した気象コントロール衛星“ダッチボーイ”が、突如として暴走。不可解な異常気象が同時多発的に起こる地球壊滅災害“ジオストーム”の発生を防ぐべく、衛星開発者と国務省スタッフの兄弟が、絶体絶命の危機に立ち向かう。「インデペンデンス・デイ」の製作・脚本を手がけたディーン・デブリンが初メガホンをとった。

森田は、開口一番「すごく面白いですよ。災害系の映画って慣れちゃうんだけど、本作は違う。普通の映画は、隕石なら隕石だけ、竜巻なら竜巻だけと単発。でもこの映画は、全部出てくる。災害とか気象の集大成映画だと思います」と絶賛。森田に同調した依田は「お天気って人のお命とか財産を奪うもの。悪用されてしまうと、大変なことになってしまう。そこまでは考えていなかったので、そうだよなぁと思いました。香港のCGのシーンが、すごいですよ」と本作のアイデアに感服した様子を見せた。

「普段はドキドキハラハラ系の映画が苦手なんですが、実際にある天気のお話なので、こんな風になったらどうしようと考えながら見ていました」という谷は、気象予報士の2人に対して「格好良い……」とあこがれの目線。森田から「20キロか30キロ先の天気を見るんです。天気は移動するものだから」とプロの技を教わると、目を丸くしていた。

劇中に登場する気象コントロール衛星は「現在の技術だと難しい」(森田)というが、「北京オリンピックの時にわざと雨を降らして、晴れにしたことがありますよね。部分的にはできると思います。日本にも人工降雨機がありますし、小さな規模でコントロールしていることは事実ですね」と実際の事例を交えて解説。森田は続けて、「異常気象が増えているのは事実。最近は10年に1回くらいの頻度になっているので、最近は気象庁でも“異常気象”ではなく“極端気象”と呼ぶようになっている」と豆知識を披露していた。

ジオストーム」は、「エンド・オブ・ホワイトハウス」シリーズのジェラルド・バトラー、「クラウド アトラス」「アップサイドダウン 重力の恋人」のジム・スタージェス、「スリー・ビルボード」(2月1日公開)のアビー・コーニッシュエド・ハリスアンディ・ガルシアらが出演する。1月19日から全国公開。

(映画.com速報)
インデペンデンス・デイ[Blu-ray/ブルーレイ] インデペンデンス・デイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 地球を侵略せんとする異星人と人類の3日間の攻防を描き、世界各地で大ヒットしたSFパニック超大作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi