【国内映画ランキング】「スター・ウォーズ」V3!上位4本変動なし&トップ10作品入れ替えなし : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月5日 > 【国内映画ランキング】「スター・ウォーズ」V3!上位4本変動なし&トップ10作品入れ替えなし
メニュー

【国内映画ランキング】「スター・ウォーズ」V3!上位4本変動なし&トップ10作品入れ替えなし

2018年1月5日 15:30

興収4億7900万円を記録「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」

興収4億7900万円を記録
(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 12月30日~31日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。大みそかと重なった2017年最後の週末は4位まで順位の変動はなく、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」が3週連続で首位を獲得した。2日間で動員30万7000人、興収4億7900万円を記録。12月29日からIMAX3D版の上映がスタートし、1月5日からはMX4Dと4DX版の上映も始まる。累計興収は44億9600万円に達した。

2位は「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」。週末2日間で動員13万1000人、興収1億5000万円をあげ、累計興収は12億2000万円を超えた。日時の異なる映画鑑賞券の半券2枚を貼って応募すると、テレビ「妖怪ウォッチ」のアフレコ体験参加券などのプレゼントが当たるリピーターキャンペーンを実施するなど、さらなる集客を図っている。

8年越しの花嫁 奇跡の実話」も3位をキープ。週末2日間で動員11万7000人、興収1億5000万円を記録した。前週に続き、興収では「映画 妖怪ウォッチ」を上回っており、累計興収は14億円を突破している。4位は「DESTINY 鎌倉ものがたり」で、週末2日間で動員10万5000人、興収1億3900万円をあげ、累計興収は17億6500万円となった。

なお、「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」と「オリエント急行殺人事件」、「ガールズ&パンツァー 最終章 第1話」は順位を上げ、「鋼の錬金術師」は9位をキープ。トップ10作品はすべて前週と同じで、年末も正月作品が熾烈な争いを繰り広げた。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi