瀬々敬久監督、「ヘヴンズストーリー」7年連続再上映に万感「この映画を忘れないで」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月2日 > 瀬々敬久監督、「ヘヴンズストーリー」7年連続再上映に万感「この映画を忘れないで」
メニュー

瀬々敬久監督、「ヘヴンズストーリー」7年連続再上映に万感「この映画を忘れないで」

2017年12月2日 23:25

今月6日にブルーレイと DVDが初めて発売される「ヘヴンズ ストーリー」

今月6日にブルーレイと
DVDが初めて発売される
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 瀬々敬久監督の2010年作品「ヘヴンズストーリー」のアンコール上映が12月2日、東京・新宿ケイズシネマでスタートした。実に7年連続となる同館での再上映に、瀬々監督をはじめ忍成修吾村上淳渡辺真起子ら出演者9人が集った。

「長年、映画を作り続けてきた中ですごく大事な作品。ずっとやって(上映して)いただいて感謝していますし、来てくださってありがとうございます」。瀬々監督は、殺人事件に関わった人々の絶望の先にある再生を描く全9章、4時間38分の大作が支持され続けていることに万感の思いを口にした。

撮影は2008年のため、村上は「(その後)10年仕事をしてきた中で最も重要な作品。毎年、親せきの集まりで田舎に帰ってきたみたい」と相好を崩す。今月6日に初めてブルーレイとDVDが発売されるが、同館では35ミリフィルムでの上映を続けており「プレミアムを付けてもいいくらいだけれど、この値段(一般2000円)で続けてほしい」と懇願した。

中学1年生の時に同作に出演し、現在は芸能界を離れ妻子もいる栗原堅一さんは、DVD特典映像のためロケ地を再訪。「10月に撮ったんですけれど、幸せ太りだったので大急ぎでジムを予約して水泳もやって、嫁にも糖質制限ダイエットを手伝ってもらい8キロやせました。内容も、けっこういいことを話しています」と自画自賛し笑わせた。

同じく特典映像であらためてインタビューに答えた忍成は、「思い入れの強い作品なので、ずっとソフト化してほしいと思っていた。しないんですか?って何度も言っていましたよね」とうれしそう。公開当時はDVD化しないと公言していた瀬々監督も、「今は配信になって、ブツがなくなっている時代。所有する、手元に持っていただくのも方向性のひとつだと思って踏み切った。常にもっといい映画を撮ろうと思っていますが、この映画を忘れないでください」と締めくくった。

ほかに山崎ハコ菜葉菜大島葉子川瀬陽太結城貴史が登壇。今月8日までの公開中の上映後、5日に片岡礼子、6日に寉岡萌希、7日に瀬々監督と新作「菊とギロチン」の脚本を手掛けた相澤虎之助氏、8日に山崎のトークショーが行われる。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi