「ダーリン・イン・ザ・フランキス」にスタジオカラー参戦 主演は上村祐翔&戸松遥 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月3日 > 「ダーリン・イン・ザ・フランキス」にスタジオカラー参戦 主演は上村祐翔&戸松遥
メニュー

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」にスタジオカラー参戦 主演は上村祐翔&戸松遥

2017年12月3日 05:00

上村祐翔が声を担当する主人公ヒロ

上村祐翔が声を担当する主人公ヒロ
(C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] TRIGGERとA-1 Picturesがタッグを組んで制作するオリジナルテレビアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の第1弾PVが公開され、同作の3DCGに「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」のスタジオカラーが参加することが発表された。A-1 Picturesとの2社体制で3DCGを担当する。

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」は、「天元突破グレンラガン」を手がけたガイナックスの出身で、初監督作品「THE IDOLM@STER」でA-1 Picturesとも縁の深い錦織敦史監督が手がけるロボットアニメ。このほど公開された第1弾PV内では、これまで謎のベールに包まれてきた物語の一端が明かされている。遠い未来、荒廃した大地に建造された移動要塞都市「プランテーション」の居住施設「ミストルティン」で、管理・閉鎖された環境に置かれて暮らす少年少女たちが、ツノを持った少女・ゼロツーとの出会いをきっかけに、「叫竜(きょりゅう)」と呼ばれる存在に戦いを挑んでいく。

同PV内では、メインキャストも公開された。かつて神童と呼ばれた主人公・ヒロ役には「文豪ストレイドッグス」の上村祐翔を抜てき。ゼロツー役は「いつだって僕らの恋は10センチだった。」の戸松遥が担当する。「ミストルティン」で暮らすヒロとともに暮らす仲間たちは、イチゴを市ノ瀬加那、ミツルを市川蒼、ゾロメを田村睦心、ココロを早見沙織、フトシを後藤ヒロキ、ミクを山下七海、ゴローを梅原裕一郎、イクノを石上静香が演じる。2018年1月から放送スタート。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報