「ハンニバル」でブレイク中のマッツ・ミケルセンが最新作「悪党に粛清を」を語る

2015年6月26日 13:50

大のアディダス好きも、今回はクールなジャケット姿で登場
大のアディダス好きも、今回はクールなジャケット姿で登場

[映画.com ニュース] 「007 カジノ・ロワイヤル」の悪役で注目を集め、米ドラマ「ハンニバル」の若きレクター博士役でブレイク中のデンマーク俳優マッツ・ミケルセンが、主演最新作「悪党に粛清を」を引っさげて初来日を果たし、映画.comのインタビューに応じた。

同作は1870年代、西部開拓時代まっただ中のアメリカを舞台に、妻子をならず者に殺されてしまったデンマーク人移住者の壮絶な復しゅうを描くウエスタンノワール。王道ウエスタンをデンマーク・イギリス・南アフリカ合作で描くという異色の布陣に、ミケルセンは当初難色を示したそうだが、ヨーロッパからの移民が西部開拓を支えた事実に納得し、出演を決めた。

「まさかこんなことになるとはね(笑)。ウエスタンなら、アメリカ英語を話せないといけないと思うだろう? 僕はデンマーク人だから、英語はデンマークなまり。それが、こんな形でウエスタンに出演できるとは思ってもいなかったよ」と言うミケルセン。主人公ジョンにひかれた理由を、「彼はやがて復しゅう心にかられ、人としての一線を越えていくことになるんだけど、当初はそんなことに気づいてさえいない普通の男なんだ。それが魅力的だった」と明かす。

乗馬や銃の扱いなど、ガンマンの役作りに必要なスキルは「今までにも経験していて慣れていたから、それほど苦労はなかった」と笑うが、「デンマーク人が、アメリカ風のウエスタンを南アフリカで撮っているという状況なわけで、非常にシュールだったね」と振り返る。「カメラが向いている方は、ちゃんとしたウエスタンに見えるんだが、ちょっと脇を見れば、現地のスタッフがスワヒリ語やアフリカーンス語で話している。たまにキリンやシマウマが近くにやってきたりして、かなりエキゾチックな素晴らしい体験だった」。

1965年生まれの現在49歳。プロダンサーとして活躍した後、96年に「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督作「プッシャー」で映画俳優デビュー。12年には「偽りなき者」で、第65回カンヌ国際映画祭の男優賞受賞も果たした。デビュー18年を経て決定した初来日の一報に、Twitterでは「マッツ」という言葉がトレンドワードとなるなど、日本のファンの待望ぶりを伝えると、「やはりこの仕事は、ファンの応援なしには成り立たない。皆さんが気に入ってくれるからこそ、次の作品、その次の作品と続けて撮っていけるわけだから。皆さんの応援には、本当にありがたいという気持ちしかない」と大きな感謝を示した。

今作でヒロインを演じるエバ・グリーンとは、「007 カジノ・ロワイヤル」以来となる2度目の共演。「本当に素晴らしい女優。それにひょうきんで、周りを笑わせてくれる人なんだ」と素顔を明かしてくれたが、「『007』でもセリフを交わすシーンがなかったし、今回の彼女は“しゃべれない”設定の役。もし3回目があるなら……ぜひセリフのある役で共演したいね(笑)」とこぼした。6月27日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com