熊切和嘉監督、今だから明かせる「私の男」秘話

2015年2月3日 17:00

「私の男」撮影秘話を明かした熊切和嘉監督
「私の男」撮影秘話を明かした熊切和嘉監督

[映画.com ニュース] 第36回モスクワ国際映画祭コンペティション部門で2冠に輝いた「私の男」のブルーレイ&DVDが、2月3日に発売される。映画化は困難といわれるなか、桜庭一樹氏の原作への強い思い入れとともに執念で撮り上げた熊切和嘉監督が、文化庁の新進芸術家海外研修制度で仏パリ留学直前のタイミングで、映画.comに今だからこそ明かせる同作にまつわる秘話を明かした。

昨年6月14日に全国71スクリーンで封切られた「私の男」は、第36回モスクワ国際映画祭で最優秀作品賞と最優秀男優賞(浅野忠信)をダブル受賞する快挙を成し遂げた。ヒロインの二階堂ふみも第13回ニューヨーク・アジア映画祭でライジングスター・アワードに輝いたほか、第38回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。さらに、第69回毎日映画コンクールの作品部門で日本映画大賞を戴冠するなど、熊切監督の新たな代表作といって過言ではない作品へと大きく飛躍した。

熊切監督が反響の大きさを痛感したこととして、故郷・帯広での上映会に立ち会った際、高校の先輩にあたる作家の鳴海章氏(「風花」「雪に願うこと」の原作者)が鑑賞に訪れたことを挙げる。「気に入ってくださったようで、すぐに興奮のメールをくださいました。あまりほめない方らしいのですが(笑)、『直情に生きるということ、憧れます。憧れますが、現実にはなかなかできない。重いけれど、夢の世界でしたね。何ともしがたい人間というものが愛おしく感じられました』というようなことが書かれてありました。それから、東京へいらした時、一緒に飲ませていただいたりしています」。

桜庭氏の第138回直木賞受賞作を映画化した今作は、天災で孤児になった10歳の少女・花(二階堂)と、若くして花を引き取った遠縁の男・淳悟(浅野)が、寄り添うようにしながら禁断の愛を育んでいくさまを描いた問題作。2人の出会いから16年間を描くにあたり、花の幼少時代を16ミリ、北海道の少女時代を35ミリ、東京に移ってからのシーンをデジタルと、3種のカメラを使い分ける撮影手法は必見。さらに流氷の上で撮影したシーンは、熊切監督をはじめ作り手全員の思いを雄弁に物語り、見逃すことはできない。

公開から半年以上が経過した現在でも、熊切監督は撮影中に見せた浅野と二階堂の姿が脳裏に焼きついて離れない様子だ。長年にわたり一緒に仕事をすることを熱望してきた浅野に対しては、「経験を重ねることで、どこか枠の中で考えてしまうことがあるんです。もちろん台本ありきでやっているのですが、浅野さんは『浅野忠信ならではの実感をこめたらどうなるか』というところで演じてくれる。すごく驚きがあったし、はまった時は圧倒的でした。(テイクを)繰り返しちゃうと型(かた)になってしまうことがあるので、『今すぐに回そう!』と動き出したりして。その生々しさが面白かったですね」と述懐。二階堂に対しても、「あんなに根性のある人はいませんよ。『映画に“殉じる”んだ!』という強い決意が伝わったし、すごく信頼を感じました。個人的にもすごく波長が合いましたね」と称える。

また、長年にわたり苦楽をともにしてきたスタッフに対して、全幅の信頼をにじませる。「海炭市叙景」などでもタッグを組んだ撮影監督の近藤龍人や照明の藤井勇ら、多くのスタッフが現在の日本映画界にあって引っ張りだこの状態が続く。今作でも熊切監督の思いを迅速に汲み取り、説明不要の映像世界をスクリーンに刻み込んでいる。「映画に対しては真摯な人たちしかいないと思います。仕事として来ているっていう人がいないんです。もちろん仕事なんですが、『大人としての常識を超えてでも、なんか映画としてすごい事をやろうよ』ということに賛同してもらえる感じがありますからね」と表情を緩める。

発売されるブルーレイ&DVDには、1時間近いメイキング映像のほか、オーディオコメンタリーも特典として付属される。メイキングでは撮影助手が流氷に落下するシーンも含まれているそうで、「なかなかすごいですよ。見ていて、途中で気持ち悪くなりました。現場を思い出して(笑)。ぞっとしますよ、本当に事故がなくて良かったですよ」と見ごたえ十分であることを明かす。

同時期には、熊切監督が大阪芸術大学の卒業制作として撮り上げ、第20回ぴあフィルムフェスティバルで準グランプリを獲得した伝説の意欲作「鬼畜大宴会」のブルーレイ&DVDが再発売される。同作は1960~70年代に泥沼化のピークを迎えた学生運動を背景に描いた青春残酷群像劇で、学生の作品でありながら劇場公開されると、ロングランヒットを記録。第48回ベルリン国際映画祭で招待作品として上映されたほか、第28回タオルミナ国際映画祭ではグランプリを獲得している。

率直な感想を聞くと、「気恥ずかしいですね。むしろ、本当はいやですよ。タイトルは知っているけれど、どこでも見られないというのがあって許されていた部分ってあるじゃないですか。確かに熱量はあると思うのですが、えげつないじゃないですか」と照れ笑いを浮かべる。「ノン子36歳(家事手伝い)」(08)以降の作風により、女性ファンも増えつつあるが「女性の方が『鬼畜』を見たら、ドン引きするんじゃないでしょうか」。同作の特典映像には、松江哲明監督が司会を務め、熊切監督と山下敦弘監督によるオーディオコメンタリーが網羅されているという。

(映画.com速報)

私の男[Blu-ray/ブルーレイ]

私の男[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥4,398

第36回モスクワ国際映画祭コンペティション部門にて〈最優秀作品賞〉〈最優秀男優賞〉W受賞の快挙!直木賞受賞のベストセラー小説、禁断の映画化!

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「女は女である」「気狂いピエロ」女優アンナ・カリーナさん死去 79歳

    1

    「女は女である」「気狂いピエロ」女優アンナ・カリーナさん死去 79歳

    2019年12月15日 18:23
  2. 「スター・ウォーズ」が彩る丸の内クリスマス SW愛あふれるフォトスポット&カフェで40年の歴史に思いを馳せてみた

    2

    「スター・ウォーズ」が彩る丸の内クリスマス SW愛あふれるフォトスポット&カフェで40年の歴史に思いを馳せてみた

    2019年12月15日 10:00
  3. 野沢雅子のラジオ番組に田中真弓がゲスト出演 仕事の哲学や「ドラゴンボール」共演秘話を語る

    3

    野沢雅子のラジオ番組に田中真弓がゲスト出演 仕事の哲学や「ドラゴンボール」共演秘話を語る

    2019年12月15日 08:00
  4. 【国立映画アーカイブコラム】国内唯一の「映画専門」図書室はどのように成長したか?

    4

    【国立映画アーカイブコラム】国内唯一の「映画専門」図書室はどのように成長したか?

    2019年12月15日 12:00
  5. 【中国映画コラム】報酬はゼロ、原動力は愛――“字幕組”が違法行為を止められない理由

    5

    【中国映画コラム】報酬はゼロ、原動力は愛――“字幕組”が違法行為を止められない理由

    2019年12月15日 11:00

今週