京都国際映画祭が三船敏郎賞を新設 モスト・リスペクト賞にC・イーストウッド

2014年9月4日 19:20

京都国際映画祭は10月16~19日に開催
京都国際映画祭は10月16~19日に開催

[映画.com ニュース] 吉本興業グループが企画推進する第1回京都国際映画祭のプログラム発表会見が9月4日、京都・祇園のKOTOWA京都八坂で行われ、映画祭実行委員会の中島貞夫委員長、藤田裕之京都市副市長、吉本興業・吉野伊佐男会長、今いくよ・くるよ、野上照代三船史郎林海象杉野希妃、おかけんた、板尾創路奥山和由らが出席した。

キャッチコピーが「京都は、人を試す」に決まった同映画祭は、1997年度から“映画都市・京都”を世界に発信することを目的として開催されてきた京都映画祭の志を継承し、国際映画祭へと発展。「映画もアートもその他もぜんぶ」と銘打ち、映画にとどまらずアート、パフォーマンス、工芸など、あらゆる分野へと対象を広げる。

総合プロデューサーの奥山は、「先輩方の素晴らしい作品に対するリスペクト、若い才能のバックアップという2つのコンセプトをつなげ、世界へと発信していく。京都でなければできない特徴ある映画祭にしていきたい」と意欲。京都映画祭から継承する牧野省三賞に加え、国際的な活躍が期待される俳優におくる三船敏郎賞を新設する。黒澤明監督作ほぼ全てでスクリプターを務めた野上が、山田洋次監督らと審査員を務める。

野上は、「こういう話はかねがねあったんです。いま、三船さんを知っている人はほとんどいなくなっちゃったんじゃないかな。『羅生門』でも、最後に泣いていた赤ん坊が生きているくらいじゃないかしら。三船さんの名前を忘れないでもらうためにも、賛成しました」と快諾した理由を説明。映画祭期間中には、「羅生門」と「風林火山」が上映される。

また、世界的に活躍する俳優や監督におくる「モスト・リスペクト賞」は、クリント・イーストウッドに決定した。イーストウッドは、「大変光栄に感じています。また、特に京都という場で私の作品が人々の目に触れる機会を作っていただけることを心より嬉しく思います」とコメントを発表。さらに、「本日は『アメリカン・スナイパー』の撮影真っ最中ということもあり、京都を訪れることはできませんが、京都国際映画祭での貴重なこの取り組みに対して、私より厚く御礼を申し上げます」と締めくくっている。

オープニングプレミア上映は、竹野内豊主演作「at Home」に決定。新垣結衣大泉洋の共演作「トワイライト ささらさや」が特別招待作品として上映されることも明かされた。なお、1966年に大映京都撮影所で製作されて人気を博した「大魔神」の特集上映も行われる。

第1回京都国際映画祭は10月16~19日、よしもと祇園花月をメイン会場に据え、大江能楽堂、京都市役所前広場、元・立誠小学校などで開催。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース