風林火山

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
14%
58%
14%
14%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

井上靖の同名原作を、「日本のいちばん長い日」の橋本忍と、「大奥(秘)物語」の国弘威雄が共同で脚色にあたり、「佐々木小次郎(1967)」の稲垣浩が監督した大型時代劇。撮影は「連合艦隊司令長官 山本五十六」の山田一夫が担当。

1969年製作/165分/日本
原題:Samurai Banners
配給:東宝

ストーリー

群雄割拠の戦国時代。一介の軍師に過ぎない山本勘助にはしかし、壮大な野望があった。名君武田晴信に仕官して、天下を平定しようというものだった。勘助は暗殺劇を仕組んで武田の家老板垣に恩を売り、計略通り晴信の家臣になったのだった。天文十三年三月、晴信は勘助の進言で信濃の諏訪頼茂を攻めた。やがて機を見た勘助は和議を唱えた。諏訪方が従属を誓うなら戦わない方が得だからだ。新参者勘助の進言に諸侯は激昂したが、晴信は勘助の言を入れ、和議の役目を勘助に任したのだった。無事に和議を整えた勘助は、三度目に頼茂が来城したさい部下に命じて頼茂を斬った。目的のためには冷酷非情な手段をいとわぬ勘助を、晴信は頼もしく思うと同時に、底知れぬ恐しさを感ずるのだった。主を失った諏訪高島城は難なく武田の手におちた。勘助は全滅の城内で自害を図る由布姫を救った。父を欺し討ちにした人でなしと罵られながらも、勘助は類いまれな美貌の由布姫を、秘かに愛し始めていたのだ。だが、由布姫は晴信の側室に迎えられたのだった。武田勢は破竹の勢いで周辺を勢力下において行った。残る当面の敵は更級郡を支配する村上義清のみとなった。天文十五年武田勢は勘助の奇略で、戦わずして義清の属城信州戸石城を手中に収めた。その年、由布姫は父の仇晴信の子を生んだ。天文二十年二月、晴信は出家し、名を信玄と改めた。その頃、同じく天下平定の野望を持つ越後の上杉憲政も名を謙信と改め、入道になった。天下を目指す二人は、相戦う宿命を自覚しながら、その機をうかがっていた。四年後、由布姫は二十七歳で世を去った。慟哭する勘助の生甲斐は、母布姫の子勝頼の成人を見ることだった。永禄四年八月十五日、上杉謙信は一万三千の大軍を率いて川中島に戦陣を布いた。一方の武田信玄は一万八千の軍勢を指揮して川中島の海津城に進出した。やがて戦いの火蓋が切って落とされた。勘助は謙信の背後の妻女山から攻撃し、敵を追い落とすという作戦をとったが、謙信はこの作戦を事前に察知し、前夜のうちに軍勢を移動し、一気に武田の本営に攻め込んできた。このため武田勢は防戦一方に追い込まれた。勘助はこの危機に、自ら決死隊を率いて、敵の本営を目がけて突撃した。決死の奮戦で敵の一陣を突破した時、雑兵の槍が勘助の脇腹に突きささった。アブミを踏張って立ち上る勘肋の目に、妻女山の背後に回っていた坂垣信里の軍勢がようやく到着、その一大集団がうつった。安心した勘助だったが、右から左から無数の刃が勘勘を襲いつづけていた……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0天才軍師・山本勘助、その波乱の生涯!

2019年2月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

興奮

 DVDで鑑賞。

 三船敏郎、中村錦之助、石原裕次郎…三大銀幕スター競演で贈る時代劇超大作です。
 勇壮とはこのことを言うんだな、と…。まさに絢爛豪華な映画でした!

 武田信玄(中村錦之助)、上杉謙信(石原裕次郎)の両雄が激突する川中島の戦いなどの合戦シーンの迫力も去ることながら、豪華過ぎる演者同士の演技対決が凄まじい熱量だなと圧巻の一言でした。どのシーンを切り取ってもすごいものばかり…。何本分もの映画を観たような気がして来ました。

 山本勘助は三船敏郎が演じているだけあって貫禄があり、理知に長けた天才軍師を見事に演じ切っているように思いました。目の上に傷はありましたが、史実の山本勘助は眼帯をしていたような…。三船がしたくなかったのかしら?(笑)
 彼と、由布姫(佐久間良子)、信玄を交えた微妙な三角関係は、男女の機微の繊細さと戦国乱世に翻弄された人々の運命を垣間見るようで、めちゃくちゃ胸に迫って来ました。

 勘助の目の冴えるような軍略・謀略の数々。
 彼の深過ぎる知性を自らの覇道に活用する信玄。
 ふたりが出会った後の武田家の快進撃はまさに破竹の勢い。戦国の風雲を搔き乱しました。
 クライマックスでの勘助の策が外れてしまう場面は、“策士策に溺れる”的な衝撃があり、知っていてもやるせなさと運命の流転に想いを馳せました…。その後の勘助の行動は言わずもがな。気持ちは分かるけれども、どうか行かないで欲しかったなぁ、と…。
 もし川中島で勘助が死なず、間も無く信玄が死ななかったら、この戦国最強のコンビが天下を取っていたのではないかなと思わされました…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しゅうへい(syu32)

3.0軍師ブームのさきがけか?

kossyさん
2019年1月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

軍師・山本勘助に主眼を置いた井上靖の小説が原作。なかなか面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5錦之助×三船&裕次郎

2015年4月5日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

錦之助と三船の、夢の様な2ショットがとにかく嬉しい。(クライマックスは錦之助と裕次郎の2ショットが見られる)

三船=勘助と錦之助=晴信よる2人の関係は、プラスとマイナスが混ざり合い強固な力となって行く。
“遙か彼方の夢”を見る=勘助と、“目の前にある物”を欲する=晴信。そして、父親の敵でありながら錦之助の妻となる佐久間良子の悔しさ。
しかし勝頼を身ごもった事で、次第に気持ちに変化が生まれて行く。

その佐久間を密かに想いながらも、立場上どうにもならない歯がゆさを“梅の樹”に託す三船。それを薄々感じている佐久間。
その辺りの細かな心理描写の脚本は、流石橋本忍といったどころでした。

合戦場面ではエキストラの動きが鈍重な為に、肝心な合戦シーンの緊張感が今ひとつ感じられ無いのが悔やまれるところです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る