平愛梨、初アフレコで珍発言「絶叫マシンに乗りました」

2013年2月18日 16:00

日本語吹替え版アフレコを務めた平愛梨、ウエンツ瑛士、ゴリ
日本語吹替え版アフレコを務めた平愛梨、ウエンツ瑛士、ゴリ

[映画.com ニュース]童話「ジャックと豆の木」の世界観を踏襲し、新たな冒険を描いたアドベンチャー大作「ジャックと天空の巨人」の日本語吹替え版アフレコが2月18日、都内で行われ、主人公・ジャックを演じるタレントのウエンツ瑛士をはじめ、平愛梨、お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリがマイクに向かった。

映画は中世のイギリスを舞台に、巨大な豆の木が伸びた先にある天空で暮らす巨人たちと、彼らがたくらむ地上の制圧を阻止しようする人間たちの壮絶な戦いをダイナミックな3D映像で描く。メガホンをとるのは「スーパーマン リターンズ」「X-メン」のブライアン・シンガー監督。主人公のジャックを「アバウト・ア・ボーイ」「シングルマン」のニコラス・ホルトが演じる。

主人公のジャックを演じるウエンツは、農家の青年という設定に「これまで演じた役のなかでも、一番“普通”なキャラクター。吹替えでは珍しいですが、とにかくフラットに演じることを心がけた」。一方、巨人軍団のボスであるファロン将軍を演じるゴリは「見た目はゾンビで、身長8メートル。収録では『ゴリさんの中にある、巨人っぽさをもっと出して』と言われて苦労しました。巨人っぽさがなくて……」と苦笑いだ。

平は美しい王女・イザベル役で、声優に初挑戦し「絶叫マシンに乗りました」と珍発言。実際には「絶叫するシーンが多く、まるで絶叫マシンに乗っているようだった」と言いたかったようで、ウエンツとゴリからは「話をはしょり過ぎ」と一斉にツッコミ。さらに、アフレコ会見にもかかわらず、ゴリに対し「映画に(俳優として)出ているんですか?」と質問するなど、天然ぶりを披露していた。

ジャックと天空の巨人」は3月22日から全国で3D/2D公開。

(映画.com速報)

平愛梨 あいりんく[DVD]

平愛梨 あいりんく[DVD]

最安価格: ¥2,926

映画、ドラマ出演等で活躍する平愛梨の魅力が詰まったイメージ映像作品。
スーパーマン モーション・ピクチャー・アンソロジー[Blu-ray/ブルーレイ]

スーパーマン モーション・ピクチャー・アンソロジー[Blu-ray/ブルーレイ]

スーパーマンの劇場公開作品を全て収録!全7作品と特典映像が満載のディスクが付いた8枚組Blu-ray BOX!!初回限定生産商品。監督:ブライアン・シンガー

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース