「007」次回作に「クィーン」「フロスト×ニクソン」のオスカー脚本家が抜擢! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月15日 > 「007」次回作に「クィーン」「フロスト×ニクソン」のオスカー脚本家が抜擢!
メニュー

「007」次回作に「クィーン」「フロスト×ニクソン」のオスカー脚本家が抜擢!

2009年6月15日 12:00

ダニエル・クレイグもオスカー候補に?「クィーン」

ダニエル・クレイグもオスカー候補に?
Photo:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] このほど、バーバラ・ブロッコリマイケル・G・ウィルソン率いるEONプロダクションズとMGMピクチャーズから「007」シリーズ第23作の脚本家が発表された。脚本家は3名で、「クィーン」「フロスト×ニクソン」のピーター・モーガンと、「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」「007/ダイ・アナザー・デイ」「007/カジノ・ロワイヤル」「007/慰めの報酬」のニール・パービスロバート・ウェイド

EONのブロッコリとウィルソンは「ピーター、ニール、ロバートはおそろしく才能を持った脚本家たちで、彼ら3人と新作をつくり上げていく」と発表した。

その「ボンド23」は、イアン・フレミングが生みだしたスパイ、ジェームズ・ボンドが活躍するスパイアクションで、6代目ボンド、ダニエル・クレイグの3本目のボンド映画となる。今回は、前2作の脚本家ポール・ハギスに代わって、モーガンが加わる格好となる。

モーガンは、ヘレン・ミレン主演の「クィーン」(06)、フォレスト・ウィテカー主演の「ラストキング・オブ・スコットランド」(06)、フランク・ランジェラ主演の「フロスト×ニクソン」(08)で、主演俳優をことごとくアカデミー賞候補に送り込んだすご腕の脚本家。自身も「クィーン」「フロスト×ニクソン」で2度オスカーを獲得している。女王陛下を描いた彼のペンで、女王陛下のスパイ、ボンドがどれほど魅力的に描かれるか期待大だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報