「007/慰めの報酬」のボンドガールがオイルまみれに!

2008年10月7日 12:00

キスはお上手なようで!
キスはお上手なようで!

[映画.com ニュース] “ジェームズ・ボンド”シリーズ第22作「007/慰めの報酬」(09年1月公開)で、ボンドガールのジェマ・アータートンが真っ黒なオイルを全身に塗られ、ベッドの上にうつぶせに倒れているシーンの写真が10月5日、英デイリー・メール紙の付録雑誌メール・オン・サンデーによってスクープされた。

同作でアータートンが演じるのは、亡き恋人ベスパー・リンド(エバ・グリーン)の仇をとるため私怨に走り、反乱分子となったボンド(ダニエル・クレイグ)のお目付役として英国諜報部MI6から派遣される女性スパイ役。

同紙の写真を見るとそのポーズは、第3作「007/ゴールドフィンガー」(64)で、ボンド(ショーン・コネリー)と親密になったために、オーリック・ゴールドフィンガー(ゲルト・フレーベ)の怒りを買って金粉を全身に塗られて殺されるジル・マスターソン(シャーリー・イートン)とほとんど同じ。マーク・フォースター監督が、「007」のクラシック映画へオマージュを捧げたシーンであることが分かる。

1500名の候補者からボンドガールに抜擢された22歳の新進女優アータートンは、「身動きできなかった。何も見えなかったし、呼吸することもできず、耳の中にも(オイルが)入ってきて、聞くこともできなかった。とても不快だったけど、映画の中で記憶に残るような、すごく象徴的な役を演じることができた」と、映画史に残る名シーンの再現にご満悦。

ボンド役のクレイグの印象については、「ダニエルのキスは最高だった。彼とは前に一度会っただけなのに、セットで会った初日にキスシーンがあったの。前作『カジノ・ロワイヤル』で海から砂浜へ上がって歩いてくる彼のイメージが頭から離れなくて、彼はとてもカッコいいし、私は緊張して笑うしかなかった。私が『キスしちゃった!』ってブツブツ言ってたら、彼が『はいはい、キスしたね。今からもう1回しなくちゃ』となだめてくれたわ。幸運なことに、彼は信じられないほどキス上手だったの」と語っている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. ロバート・ダウニー・Jr.&豪華ボイスキャスト大集合!「ドクター・ドリトル」20年3月公開

    1

    ロバート・ダウニー・Jr.&豪華ボイスキャスト大集合!「ドクター・ドリトル」20年3月公開

    2019年11月21日 08:00
  2. ディズニーが史上最強のヒロイン描く「ムーラン」 20年4月公開&日本版ポスター完成

    2

    ディズニーが史上最強のヒロイン描く「ムーラン」 20年4月公開&日本版ポスター完成

    2019年11月21日 05:00
  3. ジェームズ・ディーン、新作ベトナム映画にCGで復活 イライジャ・ウッド&クリス・エバンスが猛抗議

    3

    ジェームズ・ディーン、新作ベトナム映画にCGで復活 イライジャ・ウッド&クリス・エバンスが猛抗議

    2019年11月21日 16:30
  4. ニコラス・ケイジ、本人役で自虐映画主演!巨額の借金背負い過去の栄光に浸る設定

    4

    ニコラス・ケイジ、本人役で自虐映画主演!巨額の借金背負い過去の栄光に浸る設定

    2019年11月21日 11:00
  5. 「神と共に」製作陣が再結集!「PMC ザ・バンカー」緊迫の予告編を独占入手

    5

    「神と共に」製作陣が再結集!「PMC ザ・バンカー」緊迫の予告編を独占入手

    2019年11月21日 14:00

今週