アリシア・キーズ&ジャック・ホワイトの「007」主題歌PVが公開!

2008年10月2日 12:00

もはや「英国産」にはこだわりません
もはや「英国産」にはこだわりません

[映画.com ニュース] 米R&Bシンガーのアリシア・キーズと、米ロックバンド、ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトがデュエットした“ジェームズ・ボンド”シリーズ最新作「007/慰めの報酬」の主題歌「Another Way To Die」のミュージックビデオが公開された。

同曲はすでに9月19日にリリースされており、ホワイトが作詞・作曲・プロデュース、そしてギターとドラムを担当、キーズがピアノを務めている。公開されたミュージックビデオは、暗闇の中にフラッシュが光り、ギターを抱えた男性とマイクを握った女性のシルエットが浮かび上がる場面からスタート。やがて、ボンド風スーツに身を包んだホワイトと、ゴージャスな黒のドレス姿のキーズが現れ、それぞれパワフルなボーカル&演奏を披露する。ビデオの最後には、主演のダニエル・クレイグがスーツ姿に銃を構えゆっくりと歩く姿が映し出せれている。「007」シリーズにおいて、主題歌にデュエット曲が採用されたのはこれが初めてのこと。

ちなみに、今回の主題歌について英ロックバンド、オアシスのノエル・ギャラガーはイギリス人ではなくアメリカ人アーティストが採用されたことに憤慨。実際に曲作りの準備もしていたギャラガーは、「自分が用意していた曲の方がテーマソングとしてピッタリだった」と発言している。

007/慰めの報酬」(マーク・フォースター監督)は、11日7日全米公開、09年1月日本公開。同作のサウンドトラックは、10月28日発売予定。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
007 / 慰めの報酬 (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース