米撮影監督組合賞は「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月30日 > 米撮影監督組合賞は「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
メニュー

米撮影監督組合賞は「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

2008年1月30日 12:00

オスカー候補としても有力! 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

オスカー候補としても有力!
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
(C)2007 by PARAMOUNT VANTAGE,
a Division of PARAMOUNT PICTURES
and MIRAMAX FILM CORP. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ポール・トーマス・アンダーソン監督作「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の撮影監督ロバート・エルスウィットが1月26日、米撮影監督協会(ASC)賞を受賞した。

エルスウィットは、アンダーソン監督のデビュー作「ハードエイト」から撮影を担当してきた右腕であり、最近はトニー・ギルロイ監督作「フィクサー」やジョージ・クルーニー監督作「グッドナイト&グッドラック」などで手腕を発揮している。「グッドナイト&グッドラック」 に続く2度目のASC賞ノミネートで、ようやく初の栄冠を獲得した。

一方、「ノーカントリー」と「ジェシー・ジェームズの暗殺」で史上初のダブルノミネートを栄誉を受けた撮影監督ロジャー・ディーキンスは、2作品で票が割れたため、「ショーシャンクの空に」「バーバー」に続く3度目のASC賞受賞はならなかった。

エルスウィットとディーキンスの2人は、2月24日発表されるアカデミー撮影賞でも再び相まみえる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi