エドワード・ズウィック監督の戦争アクションに、ジェイミー・ベル出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月17日 > エドワード・ズウィック監督の戦争アクションに、ジェイミー・ベル出演
メニュー

エドワード・ズウィック監督の戦争アクションに、ジェイミー・ベル出演

2007年8月17日 12:00

オスカーにも期待!「キング・コング」

オスカーにも期待!
Photo:Getty Images/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「キング・コング」ではピーター・ジャクソン監督、「父親たちの星条旗」ではクリント・イーストウッド監督と、大物監督との仕事が続くジェイミー・ベルが、今度は「ラスト・サムライ」や「ブラッド・ダイヤモンド」のエドワード・ズウィック監督と組むことが分かった。米ハリウッド・レポーター紙が伝えたもので、同監督による新作戦争アクション「ディファイアンス(Defiance)」で、“6代目ジェームズ・ボンド”ダニエル・クレイグの弟を演じる。

同作は、ナチス・ドイツ占領下のポーランドから逃れ、ベラルーシの森でレジスタンス活動に参加し、森の中にコミューンを作り上げ、1200人ものユダヤ人の命を救ったユダヤ人ビエルスキー3兄弟を描く実話ドラマ。ベルは、クレイグ、リーブ・シュレイバー(「オーメン」「クライシス・オブ・アメリカ」)を兄とする末弟を演じる。原作はネカマ・テック著のノンフィクション小説「Defiance: The Bielski Partisans」で、ズウィック監督が脚本も執筆する。08年全米公開予定だ。

リトル・ダンサー」のデビュー以来着々とキャリアを築いてきたベルは、今年のベルリン国際映画祭で高い評価を得たデビッド・マッケンジー監督による主演作「Hallam Foe」が8月よりヨーロッパで公開。ダグ・リーマン監督のスリラー「Jumper」でも、ヘイデン・クリステンセンサミュエル・L・ジャクソンダイアン・レインらと共演するなどステップアップを遂げている。ズウィック監督は最近2作連続でオスカーの男優賞候補を輩出しているだけに、ベルにも期待がかかる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi