クライシス・オブ・アメリカ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
クライシス・オブ・アメリカ
0%
37%
57%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

湾岸戦争の英雄レイモンド・ショーは政界に乗り出し副大統領候補に。だが、戦争時に彼の上官だったマルコの脳裏には、ショーが語る戦争での出来事とは異なる記憶が甦ってくる。自分の記憶は間違っているのか。マルコは調査を始め、その背後にある巨大企業の陰謀を知る。原作はリチャード・コンドンの「影なき狙撃者」。同じ原作を62年にジョン・フランケンハイマー監督、フランク・シナトラ主演で映画化したのが「影なき狙撃者」。

2004年製作/130分/アメリカ
原題:The Manchurian Candidate
配給:UIP

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • クリーピー 偽りの隣人
  • 招かれざる隣人
  • ロスト・フロア
  • ライアー・ハウス
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • 恐怖ノ白魔人
  • 恐怖ノ黒鉄扉
  • ABC・オブ・デス
  • ABC・オブ・デス2
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0「ジョナサン・デミがアメリカ万歳映画を作ったのか?!」と驚いてしまったのだが、観てみると全く違っていた(汗)

kossyさん
2020年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 オリジナルは『影なき狙撃者(1962)』(監督:ジョン・フランケンハイマー)、未見。調べてみると、「朝鮮戦争時、アメリカ軍兵士が中国共産党により洗脳され、殺人者と化してアメリカの政治家となる」といったいかにも米ソ冷戦時にありがちなストーリーらしい。そしてこの映画は、原題が“THE MANCHURIAN CANDIDATE”(満州の候補者)のまま、マインド・コントロールする黒幕が共産国でもイラクでもなく、アメリカ内部の巨大企業となっているのだ。満州なんて全く関係ないのに、敢えてこのままにするとはかなりシャレが効いている。『華氏911』が公開された直後であるから、誰しもがブッシュ一族や軍事産業を思い浮かべざるをえないし、日本でいえば湾岸戦争後のオウムを代表格とする世紀末思想によるマインドコントロールが痛烈に風刺されている。

 自分の記憶も操作されている・・・夢なのか現実なのかがわからなくなる恐怖。電話の声を聞いて殺人を犯すように操作され、しかもその記憶は一切残らないのです。マザコン政治家のリーヴ・シュレイバーと真実を知りたい一心で行動するデンゼル・ワシントン。そして、「うちのお子は戦争の英雄なのよ!ほっ、ほっ、ほっ」と声高々に笑う狂気のメリル・ストリープがスクリーンいっぱいに迫ってくる。アクションは少なめながら、じわじわと心理攻撃してくる映画はこちらまでマインド・コントロールされているかのような錯覚に陥ってしまうのです。そして、カヌーのシーンでは思わず泣けてきました。

 「記憶」というテーマも重要なのかと思っていたら、「情報操作」というテーマまで隠されていました。政治家、軍人、大企業、FBIとそれぞれの思惑が交錯する社会派サスペンスとなっていて、ラストも秀逸。ユナイテッド・シネマズと一部の映画館だけの公開というのはもったいない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.5前半1時間くらいがあまり良くなかった。洗脳・マインドコントロール・...

yonda?さん
2020年1月27日
iPhoneアプリから投稿

前半1時間くらいがあまり良くなかった。洗脳・マインドコントロール・全てシナリオ通りの陰謀みたいなラスト。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

3.5謎の秘密結社

neonrgさん
2017年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

フランク・シナトラ主演のいわくつき名作『影なき狙撃者』のリメイク。
2004年版ということで舞台は朝鮮戦争後から湾岸戦争後へ。
アメリカに敵対する組織も共産主義諸国(ソ連と中国)から謎の反米テロリスト集団へと様変わり。
同様の作品である『パララックス・ビュー』のようにパラノイアを強調した作風というわけでもない。
メリル・ストリープ演じる母親がなぜ国を裏切っているのか?
観る側にとって、わかりにくい敵と漠然とした恐怖のためにリアリティが薄められてしまった。
演技がよかっただけに残念。
68点。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
neonrg

4.0やっぱりメリル!

2017年1月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

彼女の演技は素晴らしい!
ストーリーもそれほど嘘っぽくなくてよかった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆみこむず
すべての映画レビューを見る(全6件)

他のユーザーは「クライシス・オブ・アメリカ」以外にこんな作品をCheck-inしています。