SISU シス 不死身の男

劇場公開日:

SISU シス 不死身の男

解説

第2次世界大戦末期のフィンランドを舞台に、不死身の老兵とナチス戦車隊の死闘を描いた痛快バイオレンスアクション。

1944年、ソ連に侵攻されナチスドイツに国土を焼き尽くされたフィンランド。老兵アアタミ・コルピは掘り当てた金塊を隠し持ち、愛犬ウッコとともに凍てつく荒野を旅していた。やがて彼はブルーノ・ヘルドルフ中尉率いるナチスの戦車隊に遭遇し金塊と命を狙われるが、実はアアタミはかつて精鋭部隊の一員として名を馳せた伝説の兵士だった。アアタミは使い古したツルハシ1本と不屈の精神を武器に、次々と敵を血祭りにあげていく。

タイトルの「SISU(シス)」とはフィンランドの言葉で、日本語への正確な翻訳は難しいが、すべての希望が失われたときに現れるという、不屈の精神のような意味合いを持つ。「レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース」のヨルマ・トンミラが主人公アアタミ、「オデッセイ」のアクセル・ヘニーがヘルドルフ中尉を演じた。監督・脚本は「ビッグゲーム 大統領と少年ハンター」のヤルマリ・ヘランダー。

2023年製作/91分/R15+/フィンランド
原題:Sisu
配給:ハピネットファントム・スタジオ
劇場公開日:2023年10月27日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2022 FREEZING POINT OY AND IMMORTAL SISU UK LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.0超脇役かもしれないが飛行機のパイロット最高!

2023年11月30日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 1件)
共感した! 2件)
村山章

4.0激烈でありながら、無駄がなく痛快。全てを集約させたタイトルも秀逸

2023年10月29日
PCから投稿

アクション、バイオレンス、ストーリーともに無駄を削ぎ落とし、それでいて一瞬一瞬の見せ方、振り切れ方によって観る者の魂を堅く掌握する。荒野で初老男が金を採掘する姿は米ゴールドラッシュの時代をも思い起こさせるが、しかしここは第二次大戦末期のフィンランド。ソ連やナチスドイツによって国土を踏みにじられた記憶を根底に置きつつ、奇しくも遭遇した主人公とナチスの戦車隊が壮絶バトルを繰り広げる様をスマートな動線で描き尽くす。老兵は驚くほど言葉を発しないが、体に刻まれた無数の傷跡は雄弁だ。そして彼が強いのではなく、決して諦めず、極限の中にあっても死ぬことを拒み続けるからこそ、死なないのだという論法と、それを裏付ける彼の戦いぶりに不思議と納得してしまう自分がいた。まさにこの精神性こそがシス。序盤の金塊をマクガフィンとして活かし、敵側が執拗に追う理由に繋げているところも巧い。91分間、激烈で痛快なスタミナ注入。

コメントする (0件)
共感した! 14件)
牛津厚信

4.0度肝を抜かれ、腹を抱えて笑う稀有な映画体験

2023年10月27日
PCから投稿

笑える

興奮

戦争で荒れ果てた大地を黙々と踏みしめる傷だらけの戦士。彼は背中に背負ったツルハシで敗色濃いナチスの生き残りを八つ裂きにし、野獣のような唸り声を上げて敵を威嚇する。彼はフィンランドでは知る人ぞ知る元敏腕コマンドーなのだが、見た目がヨレヨレなのでナチスどもはバカにしている。ところがどっこい、その不死身ぶりと言ったら笑っちゃうほど。ディテールは避けよう。ここまで来るとリーアム・ニーソンは勿論、巨費を投じたハリウッドアクションの看板スターたちさえ霞んでしまう。最も近いのは『Mr.ノーバディ』のボブ・オデンカークだろうか。

いや、全編に漂う突き抜けたユーモアはそれ以上。度肝を抜かれ、同時に、腹を抱えて笑うという映画体験なんて、年間を通してそう多くはない。これはその類の作品だ。

アキ・カウリスマキ、マッツ・ミケルセン、バルディミール・ヨハンソン、そして、コレ。つくづく北欧には映画の宝が眠っていることを痛感する。メジャーな俳優は誰一人出ていないけれど、これを見ないで秋は越せない。それだけは伝えたい。

コメントする 2件)
共感した! 17件)
清藤秀人

4.0High Quality Brainlessness

2023年9月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

A hybrid of Apocalypto, Mad Max: Fury Road, and Rambo in this vengeance tale set in the plains of Nazi-occupied Finland. In the wake of Deadpool and Black Adam, folklore has returned to immortals and watching how they win but without metered poetry. As a grindhouse flick it really does the bloody job. Handsome color correction adds to the sensibility. The film has no shame in its cartoony self.

コメントする 2件)
共感した! 4件)
Dan Knighton

他のユーザーは「SISU シス 不死身の男」以外にこんな作品をCheck-inしています。