ふたつの部屋、ふたりの暮らし

劇場公開日:

解説

「ハンナ・アーレント」のバルバラ・スコバが主演を務め、長年密かに愛を育んできた2人の女性が社会の障壁の中で闘う姿をサスペンスフルに描いたドラマ。南仏モンペリエに建つ眺めの良いアパルトマン。最上階の向かい合う部屋を行き来して暮らすニナとマドレーヌは世間的には仲の良い隣人だが、実際は長年愛し合う恋人同士だった。マドレーヌは不幸な結婚の末に夫を亡くし、現在は子どもたちも独立、家族との思い出の品に囲まれながら穏やかに過ごしている。2人は部屋を売ったお金でローマへ移住する計画を立てていたが、マドレーヌは子どもたちに真実を伝えられずにいた。そんな中、マドレーヌを悲劇が襲い、2人は選択を迫られる。共演は、フランスの名門国立劇場コメディ・フランセーズの団員でもあるベテラン女優マルティーヌ・シュバリエ、「ジュリアン」のレア・ドリュッケール。監督は本作が長編デビューとなる新鋭フィリッポ・メネゲッティで、2021年・第46回セザール賞で新人監督賞を受賞した。

2019年製作/95分/G/フランス・ルクセンブルク・ベルギー合作
原題:Deux
配給:ミモザフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第78回 ゴールデングローブ賞(2021年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  
詳細情報を表示

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24

(C)PAPRIKA FILMS / TARANTULA / ARTEMIS PRODUCTIONS - 2019

映画レビュー

3.5Cinematic Lesbian Answer to The Father

2022年3月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

The story of a late widow who begins an illicit affair with her neighbor, only to find herself in a nearly vegetative state, sheltered by family. Follows a trend in some of the finer high-art films themed on homosexuality that feature a looming ominousness. An anxiety felt in the real world, but hard to define with words. Unanswerable and better illustrated with the sights and sounds of film.

コメントする (0件)
共感した! 1件)
Dan Review

4.0愛は

2023年2月4日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
JYARI

4.0映像が好き

2022年10月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

冒頭の映像がめちゃくちゃ好み。それ以降もずっと映像の撮り方が良い。
長編監督デビュー作でこういう良い作品作れるの凄い。今後も評価されてフィリッポ・メネゲッティ監督の名前をよく見るようになると思う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ルル

3.5愛に狂うのに年齢は関係ない

2022年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

往々にして米国より欧の方が愛が濃くて少々トチ狂ったところがあるが、年をとって熟してていてさらに加速する、みたいな映画だった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mikyo
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ふたつの部屋、ふたりの暮らし」以外にこんな作品をCheck-inしています。