手紙と線路と小さな奇跡

劇場公開日:

解説

1988年に開設された韓国初の私設駅「両元(ヤンウォン)駅」の実話をもとに、小さな駅づくりに奮闘する人々を描いたヒューマンドラマ。線路は通っているのに駅がない村。数学の天才である男子高校生ジュンギョンは、毎日往復5時間かけて学校に通っている。村に駅を作ることを夢見る彼は、機関士の父テユンに反対されながらも、駅の開設を求めて大統領府に手紙を送り続けていた。同級生の女子生徒ラヒにも協力してもらい、説得力のある手紙を書くため正書法の講義を受けたり、有名になるべくテレビの「高校生クイズ」に出場したりと、様々な方法で努力を続けるジュンギョンだったが……。「ただ悪より救いたまえ」のパク・ジョンミンが天才高校生ジュンギョン、「EXIT」のイム・ユナが同級生ラヒ、「KCIA 南山の部長たち」のイ・ソンミンがジュンギョンの父テユンを演じる。監督・脚本は「Be With You いま、会いにゆきます」のイ・ジャンフン。

2021年製作/117分/PG12/韓国
原題:Miracle: Letters to the President
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & BLOSSOM PICTURES CO., LTD. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0イ・ソンミン氏の父役に感動

2022年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

キャスティングが魅力的だし、何よりユナさんが好きなので、劇場で鑑賞。

序盤、恋愛とコメディの両軸で進み、韓国映画と言うより韓国ドラマ感があり、個人的には『あ、こんな感じで進んじゃうのかな』と思っていたが、後半色々わかってくると、一気に心揺さぶる展開に。

やはりハイライトのイ・ソンミン演じる頑固な機関士の父とパク・ジョンミン演じる息子の2人での会話。とにかく、イ・ソンミンの演技が鳥肌ものである。片意地を張っていた父の本音が少しずつ曝け出す様を見事に演じている。

ユナさん、初めてスクリーンで観たけど、本当スクリーン映えする。彼女が映っているだけで場が持つ。

あと、邦題長くて噛みそうになるわ。原題みたいにシンプルに出来ないのかなあ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
じーたら

4.0意外な拾い物!!!

2022年6月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

予告編見て想像した内容と全く違いました。最初は見るつもりなかったんです。みんなで駅作る努力サクセス感動物でしょう?と思い込んでましたからね。(配給会社さん、予告編の作り方よくないでっせ!)しかし、、、ぜーんぜん違う。いい意味で裏切られました。鑑賞してよかった!評価サイトの評価のおかげです。

たしかに自分達で駅を作るってのが物語の中での重要なファクターなんですけど、どーやって作るか?じゃなくて「なぜ作るんだ?」に大きな意味があるのです。そこにハートウォームな家族愛物語アンドちょい青春がふりかけられて、なかなかの出来になっておりまする。

起承転結の「転」の事実がわかってから本作は一気に作品雰囲気が変わりメインテーマに突き進みます。説明的な描写や答え合わせ演出、ご都合かなぁ?な展開がありつつも、ちゃんと思いっきりジーンとなりますよ。韓国映画特有の泣かせるぜ!盛り上げるぜ!な演出ありますが、そこまで嫌味に写らず良い塩梅でした。

ユナが高校生に見えるギリギリかな?でも昔のファッションを纏っていると少女時代のデビュー当時を思い出しました。ちなみに、コメディ担当で良いアクセントになってましたよ。

いやはや、良作です!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
バリカタ

4.5感動した、ネタバレ禁止の良い映画

2022年6月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

萌える

評判が良いので気になっていましたが、タイミングが合わず見に行けませんでした。ちょっと遅れて、ジャックアンドベディでやっていたので、片道2時間で見に行きました。帰りは何食べようか、、、

前情報なしで、駅を作った昔の話だと思って見始めましたが、ちょっと予想外の話になって、結果、涙ものでした。

前半から、「あれ?」と思っていた違和感が、後から回収されました。なるほど( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

今週は観たい映画少ないな、、、来週は多すぎるけど。

コメントする 2件)
共感した! 6件)
だるまん

4.0邦題の印象とは全く違う作品。

2022年5月22日
iPhoneアプリから投稿

この邦題から受けるイメージとは全然違いました。
駅の無い村に住む高校生(勝手に女子学生と思っていたら男子学生でした)が大統領に「駅を作って」と訴える手紙を送るーというストーリーとタイトルからもっと手紙がメインになっているのかと思いましたが、ラブコメとファンタジーの要素が強くていい意味で期待を大きく裏切られました。
前半はクスっと笑えるシーンが多いものの(このままよくあるラブコメで終わっちゃうのかな〜)とちょっと心配でしたが、中盤にあるコトがわかってからは感動モノ一直線。
ラストまでずっと泣いていました。周囲からも鼻をすする音がよく聞こえていましたよ。
たくさん泣いてデトックスできた気分です!
決して泣ける映画がいい映画だとは思わないですし(さぁ泣いてくれ)っていう演出はむしろ苦手なのですが、これは本当に気持ちよく涙を流せました。
今年観た作品では「コーダ あいのうた」の次にたくさん泣いた映画かな。

父と子の関係性やラスト近くのあのシーンなどは「リトルダンサー」を彷彿しました。

映画でデトックスしたい方には必見です。思いっきり泣いちゃいましょう!

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ごーるどとまと
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る