ツユクサ

劇場公開日:

解説

「かもめ食堂」の小林聡美が主演を務め、過去を抱えながらも今日を明るく生きる女性に訪れる小さな奇跡をつづったヒューマンドラマ。「at Home アットホーム」の安倍照雄によるオリジナル脚本を基に、「愛を乞うひと」の平山秀幸監督がメガホンをとった。小さな港町で暮らす五十嵐芙美は、気心の知れた友人たちと他愛のない時間を過ごしたり、歳の離れた小さな親友・航平と遊びに出かけたり、車の運転中に隕石がぶつかるという信じがたい出来事に遭遇したりと、楽しい毎日を送っている。しかし彼女がひとりで暮らしているのには、ある哀しい理由があった。ある日、彼女は町に引っ越してきた男性・篠田吾郎と運命的な出会いをする。芙美が新たに出会う男性・篠田を松重豊、友人たちを平岩紙と江口のりこが演じる。

2022年製作/95分/G/日本
配給:東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2022「ツユクサ」製作委員会

映画レビュー

3.5前向きに生きていきたい人たちに贈る「大人のおとぎ話」のような作品

2022年4月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

私の中では小林聡美といえば、人気シリーズドラマ「やっぱり猫が好き」(1988~1991)における、とにかく明るい末っ子役で輝いていた。笑いの間や動きも抜群だった。
映画では『かもめ食堂』(2006)や『めがね』(2007)で、何気ない自然体の演技が必要な難しい役どころを演じ、独特な存在感のある代え難い役者となった。
本作『ツユクサ』では、人生の折り返し地点である50歳を目前にした主人公・芙美を演じている。
キャストはベテラン揃いなので、どんな映画なのか想像できずにいたが、意外と普遍的で、よくありそうな「大人の日常」を描いていた。
芙美は、ボディタオルを作る会社で働きながら一人暮らしをしており、同じ職場の直子(平岩紙)と妙子(江口のりこ)とのやりとりは見ていて微笑ましい。
ところが、そんなほんわかとした日常に、隕石が落ちてきて(隕石に遭遇する確率は1億分の1とのこと)、その破片が芙美の車にぶつかるという出来事が。面白いことに、彼女は動揺する様子もない。
やるべきことを毎日こなして普通に暮らしている芙美は、一見、感情の起伏が少ないように見えるが、親友(直子のひとり息子)とのやりとりでは、彼女らしい情熱が見え隠れする。
実は、アルコールを断つために会合に通っていたり、何気に謎めいた女性でもある。その謎も、温かいストーリーを通して徐々に明らかになっていく。
色々あっても、丁寧に生きる大切さと、前に進む元気を与えてくれる本作。
ちょっぴりコミカルで、じんわり心に沁みてくるベテラン俳優陣の味わい深い掛け合いも見所。

コメントする (0件)
共感した! 14件)
山田晶子

4.0コロナ禍に疲れ塞いだ心にしみる、ささやかなときめきと安らぎ

2022年4月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

幸せ

平山秀幸監督と脚本家の安倍照雄が10年前から温めてきた企画だそう。当然、コロナ禍が長引く昨今の状況など予見できるはずもないが、現在大勢が抱いているであろう心労や閉塞感を、ファンタジックなときめきと安らぎで少しばかり軽くしてくれる、結果的にタイムリーな好企画となった。

小林聡美が演じる主人公・芙美が運転している車に隕石が衝突するという序盤のファンタジー(とはいえ1億分の1の確率で起きると劇中で説明される)はあるものの、それ以外は西伊豆の小さな港町を舞台に、平岩紙、江口のりこが演じる友人たちとの一見ありふれた、しかしそれぞれに感情の起伏を伴う日常が穏やかに流れる。そして、ツユクサの葉で草笛を吹くのが得意な男性・篠田(松重豊)と芙美の出会い。この二人の関係もほのぼのと進むが、一方でそれぞれが抱えた過去や葛藤があり、だからこそ応援したい気持ちが高まるのかもしれない。

めったにない隕石遭遇と、ありふれたツユクサという、好対照な二つの要素。これらが無理なく物語の中に同居している点も、本作の妙味だろう。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
高森 郁哉

4.0苦しみを乗り越えた先に

2022年11月8日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 2件)
共感した! 11件)
琥珀糖

4.0山の彼方(あなた)

2022年10月9日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

山の彼方(あなた)の空遠く/幸い住むと人のいう/ああ、われひとと尋(と)めゆきて/涙さしぐみ帰り来ぬ/山の彼方になお遠く/幸い住むと人の言う

それでも、本当の幸せは、実は身近なところにあるのかも知れませんね。
そのことに想いが至りました。評論子は。この作品を観て。

精いっぱい生きることの大切さにも、改めて気づかされたようにも思います。

(追記)
それにしても、松重豊さんという俳優は、こんなにも味のある演技をなさる方だったでしょうか。
そのことにも、改めて想いが至りました。評論子は。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
talkie
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る