フェルナンド・ボテロ 豊満な人生

劇場公開日

フェルナンド・ボテロ 豊満な人生
8%
54%
38%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

独創的で多幸感あふれる作風で世界中から愛されるコロンビア出身の画家フェルナンド・ボテロの魅力に迫るドキュメンタリー。人物や動物をふくよかな体型で表現したユーモアあふれる作品で注目され、89歳の現在も創作を続けるフェルナンド・ボテロ。ヨーロッパ、ニューヨーク、中国、コロンビアで長年にわたって撮影されてきた映像と、ボテロ本人や家族、歴史家、キュレーターの証言などを通し、その素顔と魅力的な作品の数々を紹介。田舎町出身の無名画家だった彼が、いかにして芸術界の頂点へと上り詰めたのかをひも解いていく。

2018年製作/82分/G/カナダ
原題:Botero
配給:アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2018 by Botero the Legacy Inc. All Rights Reserved

映画レビュー

3.0 シンデレラ

はなもさん
2022年5月7日
iPhoneアプリから投稿

 フェルナンド・ボテロの絵画はインパクトありすぎて 一度みたら忘れられないので、ボテロ展を見る前に‥と思って見たのだが、映画の前半は寝てしまった😩
 昼食後だったからか、つまらなかったからか‥

 後半だけの感想。
世界的に有名になるーという意思があり、自己顕示欲が強い人なんだなーと思えた。だからこそMETで運良く成功を収めてから色々な国で代々に展覧会をやり、名を広めていき財をなし、コロンビアに美術館を二つも建て、自分はモナコに住んでいる。

 確かに、彼の絵はとても独創的で、忘れがたい。しかも映画で見る限り、どれも非常に大きなサイズの絵画ばかり。購入者は 大きな屋敷の持ち主か美術館なのかなーと思ってしまった。

 絵画で成功するってすごいと思った。現代のシンデレラストーリーって感じ。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
はなも

4.0早く渋谷で実物を見たい

kwmdさん
2022年5月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

町山さんの解説を聞いてから映画を見たり、山田五郎さんの解説を見てから絵を鑑賞すると、作品の背景を知ることにより味わい深くなります。

このドキュメンタリーを見ちゃうと先に、背景を知ることになりますが。

ボテロの絵はどこかで見たことがあるのだけど、コロンビア人に有名な芸術家がいたなんて知りませんでした。
コロンビア人であるから、まず、スペインに渡り(おそらくスペイン語だから)、イタリア、フランス、ニューヨーク、あとメキシコに渡り、作品が進化していく。初めからパリに生まれていれば、こうはならなかったでしょう。

初期の作品は、よくあることですが、全く作風が違いますが、とても味わい深いです。私は素人ですが、いろんな時代のピカソの影響を受けていると思いました。

ボテロの家族が、子供たちを中心にたくさん出てきますが、基本的には親戚付き合いがあって、揉めてなさそうで良かったです。
アーティストの話では、酒・女・薬・借金で家族が崩壊する話が多いので(それはそれで、面白かったりしますが。)。

渋谷のBunkamuraでボテロ展をやっているわけですが、現物をますます見たくなりました。
どの世代のものが展示してあるかはわかりませんが。
そんなわけで、最近はお金がかかりますが、音声解説は借りるようにしています。

日本の駅前とかには、なぜだか裸婦のブロンズ像が謎のポーズをとっているのがおかれていたりしますが、公共空間にもっと多彩なアートが置かれて入れも良いのでは無いかと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kwmd

2.5「ぼてっとした体型」の語源となった芸術家。ウソです。

2022年5月5日
スマートフォンから投稿

寝られる

今で言う、いわゆるインスタばえするような作品を手掛ける芸術家。
芸術の世界で食べていけるのはほんの一握り。そんな中で、ボテロ氏はいわゆる閃きで人の目を惹き付けるパターンの作品を思いつき成功した。

映画自体は正直つまらなかったです。愛する家族に囲まれて幸せそうなボテロ氏が終始映されます。過去には事故でお子さんを亡くされたり、離婚を繰り返したり、生活に困窮したりとそれなりの経験をされてますが、映画にするほど数奇な運命に翻弄された人生というわけでもなく、不謹慎かもしれませんが、映画の題材とするには無理があったかも。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
レプリカント

4.0ドキュメンタリー

かんさん
2022年5月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ボテロさん、スゴい人なんですね!
知りませんでした。
考え方が、素晴らしいです。

ちょうど、ボテロ展もやっていたので、後で観賞しました。
絵を近くで見ると、迫力があります!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かん
すべての映画レビューを見る(全8件)