ギャング・オブ・アメリカ

劇場公開日:

ギャング・オブ・アメリカ

解説

禁酒法時代から半世紀にわたりアメリカの暗黒街を支配した伝説的マフィア、マイヤー・ランスキーの人生を描いたクライムドラマ。年老いたランスキーに伝記執筆のため作家がインタビューを行い、そこで語られるランスキーの人生を、1910年代から80年代まで、時代を行き来しながらサスペンスフルに描いていく。1981年、マイアミ。作家のデビッド・ストーンは、伝説的なマフィアであるマイヤー・ランスキーの伝記を書くことになり、ランスキー本人にインタビューをする。ランスキーの口から語られる彼の人生は、半世紀以上におよぶギャングたちの抗争の記録でもあった。そしてインタビューが終わりに近づいた頃、ストーンはFBIが3億ドルとも言われるランスキーの巨額な資産を捜査していることを知る。捜査協力を強いられたストーンは、ある決断を下すが……。作家ストーンをサム・ワーシントン、年老いたランスキーをハーベイ・カイテルが演じた。監督・脚本を手がけたエタン・ロッカウェイの父親であるロバート・ロッカウェイが、実際に生前のランスキーにインタビューを行っており、ワーシントン演じる作家ストーンのモデルになっている。

2021年製作/120分/R15+/アメリカ
原題:Lansky
配給:アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2021 MLI HOLDINGS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.5マフィア、ギャング映画好きにおすすめのマニアック作

村山章さん
2022年2月28日
PCから投稿

マイヤー・ランスキーといえば『ゴッドファーザーPART2』でリー・ストラスバーグが演じたハイマン・ロスのモデルになった人物であり、数ある「ゴッドファーザー」の登場人物の中でももっともモデル度が高いキャラ。そのランスキーが、一体どんな人物だったのかを落ち目のジャーナリストが追いかける構成になっていて、地味ながら入門編として入りやすい作りだと思う。

それでいて、ハーヴェイ・カイテルの正体を掴ませない演技もあって、新たなレイヤーは加わってもどんな人物だったのかはいまいちわからない。それも「わかった気になる」お手軽に伝記映画とは違う、本作の作り手の真摯な部分だと思う。

基本的にユダヤ人目線を貫いていて、いささかランスキーを美化し過ぎてないかと思う部分もあるが、第二次大戦時の対ナチス工作など、ギャングの所業に収まらない部分も興味深い。『ゴッドファーザーPART2』だけでなく、『バグジー』や『モブスターズ 青春の群像』などの関連作と併せて観るのもオススメ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
村山章

3.0老いてもなお我々を魅了するカイテルの演技

2022年2月7日
PCから投稿

数々の名作において切れ味のある存在感を刻むハーヴェイ・カイテルが、80歳を超えるいまどんな姿を見せるのか。若かりし頃のバイタリティは無い。体のサイズもやや縮んでしまっているように見受ける。だが、彼がいざダイナーで一言セリフを放ち始めると、そこには独特の響きとリズム、カイテルならではの穏やかな緊張感が広がり始めるーーー我々が老いてもなお彼の演技に釘付けにならざるを得ない心理的流れは、ちょうど伝記作家(サム・ワーシントン)が不安を抱えながら”ランスキー”と出会い、徐々に引き込まれていく過程と似ているかもしれない。ただ、回想と共に現在地(80年代)を同時進行で描こうとする本作の野心的な試みをつつがなく全うするには、2時間の枠内では到底無理だ。そのため多少、足早になったり、二人の関係性が沸きらないままだったり。だがそれでもなお、本作がトライしようとしたこと、カイテルが刻んだ存在感は大いに買いたい。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

3.5渋い実力派。ハーベイ・カイテルとランスキーは立ち位置も似ている

2022年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

知的

アル・パチーノやロバート・デ・ニーロと同様、ハーベイ・カイテルもギャングを度々演じてきた男くさい俳優だ。だがパチーノとデ・ニーロの華やかなスター性と比べると、カイテルの地味さは否めない。どちらかと言えば重要な脇役でいぶし銀のように控えめな輝きを放つ渋い演者なのだ。

そんなカイテル(現在82歳、メイクのせいもあるだろうがずいぶん顔が老け込んだ印象)が本作で演じるランスキーもまた、米国の犯罪史上特に悪名高いマフィアだが、外国の一般人にとってはアル・カポネ、ラッキー・ルチアーノ、ベンジャミン“バグジー”シーゲルに比べると知名度がかなり下がるのではないか。映画で描かれるように、ランスキーは子供の頃から数字に強く、マフィアに企業経営を応用して組織を近代化し、カジノ経営でも大成功した。知的で用心深く、冷酷な面もあったランスキーだが、敵対勢力を次々に倒す武闘派や、賭け事や女遊びで豪快に生きる顔役に比べると、やはり映画の主人公としては少々地味な印象を受ける。ギャング紳士録におけるランスキーと、「ギャングを度々演じた俳優リスト」におけるカイテルの立ち位置は似ている気がする。理にかなったキャスティングと言えるかもしれない。

監督・脚本は、本作が長編2作目のエタン・ロッカウェイ。父親が生前のランスキーにインタビューしたそうで、父親をモデルにした作家ストーンをサム・ワーシントンが演じている。年老いてマイアミで楽隠居中のランスキーがストーン相手に語る回想が、そのままランスキーの人生の振り返りとして描かれる構成だ。ただし、噂されるランスキーの隠し財産を探るため、FBIがストーンに接触してくるので、ランスキーがマフィアの世界で成り上がっていく過程を描く回想パートだけでなく、ランスキーとFBIの間で揺れるストーンの現代パートにもサスペンス要素が加味されている。

ロシア系ユダヤ人移民だったランスキーが、第二次世界大戦中は米国内に入り込んだドイツ側スパイの摘発に協力した話など、米国の裏の歴史を知る面白さもある。ギャングを扱った近年の映画では、スコセッシ監督の重厚な「アイリッシュマン」、ジョシュ・トランク監督による変わり種の「カポネ」などに比べると、やはり地味ではあるものの、手堅くまとめた印象だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

3.5現代アメリカのギャング史(主演のハーベイ・カイテルが痺れるほど格好良い)

琥珀糖さん
2022年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

カジノ経営をギャングの生業にした男
映画の中盤で印象的な言葉があった。
「殺人(殺してしまっては・・)は、金にならない」
そう言ってマイヤー・ランスキーはマーダー・インク(殺人株式会社)の経営から、
経済ギャングに方向変換した。
ランスキーは数字にはめっぽう強かった。

マイヤー・ランスキー(1902~1982年)
投獄もされず、仲間にも殺されず、天寿を全うしたギャング。
彼は生涯を、売れないライターのデヴィッド・ストーン(サム・ワーシントン)に語り、
回想シーンでランスキーの過去を振り返った映画。

ギャングの近代化を見るような映画だった。
暴力からビジネスマンへ。
過去のマフィア映画。
「ゴッドファーザー」1972年公開の伝説のマフィア。コルレアーノ・ファミリー。
「バグジー」1991年公開。砂漠にラスベガスを作ったベンジャミン“バグジー“シーゲルの生涯。
(ランスキーはバグジーの片腕だった)
「グッドフェローズ」1990年。仲間同士が、裏切り殺し合う血みどろの世界。
「ブラック・スキャンダル」2015年。
ジョニー・デップがギャングのボスホワイティを演じた。
この映画は自ら手を下して殺すやら、麻薬売買の現場は抑えられるわで、証拠の垂れ流し。

これらのギャング映画で、警察との癒着や政界との馴れ合いも描かれている。
ギャングの考え方、生き方そして家族。
デヴィッド・ストーンもランスキーも良き家庭人であろうとするものの、
ランスキーは妻から「結局は犯罪者でしょ!!」と断罪されるし、
デヴィッドの妻は金にならない夫を見下して浮気に走る。

しかしランスキーのビジネス・・・キューバのカジノ経営は大当たりして、
イスラエル政府に巨大な資金援助をするまでになる。
と言うことは、国際的にも権力者として一目も二目も置かれること。
(ランスキーのルーツ、ユダヤ人愛も見もの)
ランスキーの隠し財産に興味を持つFBIはストーンに盗聴器を仕掛け、
更に金を交換条件に懐柔を図る。
本当に隠し財産が3億ドルもあるのか?
アル・カポネも晩年、FBIの監視下に置かれて、隠し財産を見つけるために、
FBIは大掛かりな盗聴を仕掛けて屋敷の池を掘り返したりしていた。
それって結局、徳川埋蔵金と一緒でしょうね(笑)
ギャングの大悪人(ランスキー)も年老いて余生をマイアミで悠々自適だもんね。
良いご身分です。
ラストに流れるテロップ。
皮肉ですね。
カジノ事業は巨大な税収を収め、200万人の雇用を生み出した。
だから、マフィアは「必要悪」のブラック企業!?
《な訳はあるまい》
冗談じゃない!!
冗談がキツイぜ!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
琥珀糖
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ギャング・オブ・アメリカ」以外にこんな作品をCheck-inしています。