BELUSHI ベルーシ

劇場公開日:

BELUSHI ベルーシ

解説

「ブルース・ブラザース」のジェイク役で知られるジョン・ベルーシの栄光と苦悩に迫るドキュメンタリー。破天荒な魅力で人気を博し、アメリカのコメディ界に革命を起こしながらも、人気絶頂の1982年に33歳の若さで薬物の過剰摂取により急逝したジョン・ベルーシ。アルバニア系移民の家庭に生まれ、シカゴの即興コメディ劇団からキャリアをスタートした彼は、その成功を機にニューヨークへ拠点を移し、コメディアン・俳優・ミュージシャンとして大成功を収める。しかし、あまりにも早くアメリカンコメディの象徴的存在になったことが、大きなプレッシャーとなって彼にのしかかっていく。高校時代からのパートナーである妻ジュディスの自宅地下室に保管されていた未公開音声テープや大量のラブレター、詩が物語を牽引。ジョンの相棒とも言える俳優ダン・エイクロイドら関係者へのインタビューやアーカイブ映像、アニメーションを交えながら、嵐のように駆け抜けた彼の人生を愛あるまなざしで振り返る。監督は「ビリー・アイリッシュ 世界は少しぼやけている」のR・J・カトラー。ロックバンド「ゴリラズ」のアートワークで知られるアニメーター、ロバート・バレーが劇中アニメーションを手がけた。

2020年製作/108分/G/アメリカ
原題:Belushi
配給:アンプラグド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

Belushi (C) Passion Pictures (Films) Limited 2020. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5怪物ベルーシの死から40年

2021年12月31日
PCから投稿

コメディ界で多大なる才能を開花させながら、33歳の若さでこの世を去ったジョン・ベルーシ。『アニマルハウス』や『1941』や『ブルース・ブラザース』の破天荒な暴れ者ぶりでも知られる彼だが、本作を通じて内面にあった悩みや不安、はたまた妻にだけ打ち明けた素直な思いをこれほどストレートに突きつけられると、自分の中の固定観念にも近いベルーシ像がことごとく覆されていく。また、当時のコメディ・シーンの根幹を担ったナショナル・ランプーンやシカゴの即興劇団セカンド・シティのメンバーたちがやがて「サタデー・ナイト・ライブ」へと集結していく大まかな流れを確認できるのは大きな収穫でもある。だが、当然ながら本作には終盤にかけて哀しい運命が待っている。もしも彼がドラッグに溺れることなく生きていれば、今では70代。きっといぶし銀の名優になっていたに違いないーーーーと悔しさがにじむ。この怪人の死から間も無く40年である。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
牛津厚信

4.0ジョン・ベルーシ。アナーキーに時代を駆け抜けた天才コメディアン

2021年12月15日
PCから投稿

泣ける

笑える

悲しい

初めて見たのは『アニマル・ハウス』(78)。ジョン・ランディス(監督)、アイヴァン・ライトマン(製作)、ハロルド・レイミス(脚本)等、後にハリウッド・コメディを牽引していく精鋭たちが集結した学園コメディで、新入生たちの前に現れる強烈な先輩を演じていたのがジョン・ベルーシだった。ほとんどセリフはなく、飲み干したビールの缶を額に押し当てて凹ませるとか、アナーキーなギャグで画面を圧倒するその不敵な存在に、妙に心を揺さぶられた思い出がある。しかし、類い稀な才能に恵まれながら、人気を維持することの不安に苛まれ続けたベルーシが、やがて、麻薬の過剰摂取によって33歳の若さでこの世を去るなんて、当時は思ってもみなかった。

そんな天才コメディアンの短すぎた半生を、残された最愛の妻が提供した秘蔵映像と共に振り返る人物ドキュメントは、ミュージシャンでもあったベルーシが盟友のダン・アイクロイドと共に立ち上げたユニット、ブルース・ブラザースの活動についても触れられている。実はその映画版『ブルース・ブラザース』(80)のキャンペーンで来日した際、ベルーシとアイクロイドが取材の合間に東京の吉祥寺にあるライブハウス"のろ"に飛び入りで出演し、ブルースを2、3曲演奏してご機嫌で帰っていったという日本フレンドリーなエピソードも。

本作はそんな楽しい出来事も思い出させてくれる、懐かしくも痛々しい人物回顧録。因みに、アイクロイドがベルーシのために用意していた次回作が『ゴーストバスターズ』(80)で、代役を務めたのがビル・マーレイ。来年2月には久々の続編が公開される。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
清藤秀人

3.0工夫の詰まった作品

2022年1月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ブルース・ブラザーズの印象が強く他の作品はほぼ知らなかった。1941は1度観たがあまり印象にない。そんなジョン・ベルーシがどういうコメディアンだったのかよくわかった。時代背景などもわかり、特にサタデーナイトライブがどういう番組だったのかわかったのは収穫だった。
シーンを構成するのにアニメが使われていたのは良い工夫だと思った。無い画像をアニメで上手く繋いでくれたので腑に落ちやすい。

ただインタビューの音声がメインのため、英語がわからないと延々と字幕を追うことになる。私としては少ししんどく、もったいないことになった。

鑑賞した映画館は神戸の元町映画館。今どき珍しい、ネットで予約購入のできない1スクリーン67席の小さな映画館。水曜はメンズデーで1200円。さらに「KOBEアート緊急支援事業(映画館支援)」を活用されていて500円引きの700円で鑑賞できた。中学の時がそれくらいだったかな。また行ってみたい映画館です。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
mrkc7

2.5思い入れによって評価が変わるかも

2022年1月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

「ブルース・ブラザース」は好きな映画だが、「サタデー・ナイト・ライブ」はあまり観ていなかった。観たらそれなり笑えてしまうのだが、なぜだか積極的に観ようと思えなかった。だからジョン・ベルーシへの思い入れがさほどないままの鑑賞だった。
たしかに適度な毒とカリスマ性があるし、当時の時代が求めていたキャラだったのかもしれない。ラジオからテレビやバンド活動、そして映画へと進出していくプロセスはなかなか面白かったし、ライブでの演奏・歌唱シーンはカッコよかった。
でも、映画全体で考えると個人的にはそんなに高い評価にはできない。若干退屈な時間があったから。それはあまり思い入れがなかったからかもしれない。でも、ジョン・ベルーシ好きな人にはたまらない映画になるのだろう。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
kenshuchu
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る