ユンヒへ

劇場公開日:

  • 予告編を見る
ユンヒへ

解説

北海道・小樽の美しい冬景色を背景に、2人の女性が心の奥に封じてきた恋の記憶をミステリアスに紡いだラブストーリー。韓国の地方都市で高校生の娘と暮らすシングルマザーのユンヒの元に、小樽で暮らす友人ジュンから1通の手紙が届く。20年以上も連絡を絶っていたユンヒとジュンには、互いの家族にも明かしていない秘密があった。手紙を盗み見てしまったユンヒの娘セボムは、そこに自分の知らない母の姿を見つけ、ジュンに会うことを決意。ユンヒはセボムに強引に誘われ、小樽へと旅立つ。主人公ユンヒを「優しい嘘」のキム・ヒエ、ジュンを「ストロベリーショートケイクス」の中村優子、ユンヒの娘セボムを元「I.O.I」のキム・ソヘが演じた。監督は本作が長編2作目となる新鋭イム・デヒョン。2020年・第41回青龍映画賞で最優秀監督賞・脚本賞、2019年・第24回釜山国際映画祭でクィアカメリア賞を受賞した。

2019年製作/105分/G/韓国
原題:Moonlit Winter
配給:トランスフォーマー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2019 FILM RUN and LITTLE BIG PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0岩井俊二監督の「Love Letter」に着想を得、韓国人監督が小樽でロケした珠玉作

2022年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

幸せ

未鑑賞の方に、物語の中で明かされる“秘密”に触れることなく魅力を伝えるのが難しい映画だ。実は予告編でも当サイトの解説でも、人間関係をめぐる“ある要素”が明示されているのだが、個人的には、その要素を知らずに観るほうが新鮮な驚きや気づきを得られてベターだと思う。とはいえ、その要素を苦手とする人が知らずに観て後悔する可能性もなくはないので、単純な正解はないのだろうけど……。

監督は韓国で1986年に生まれ、2016年に長編デビューしたイム・デヒョン。中年女性を主要人物とするストーリーを出発点として脚本に着手し、のちに岩井俊二監督作「Love Letter」が好きな友人に誘われて小樽を訪れたことで、冬の小樽をロケ地にすると決めたという。

小樽で老母と暮らす友人ジュン(中村優子)から、韓国で暮らすシングルマザーのユンヒ(キム・ヒエ)に一通の手紙が届く。手紙を盗み見た高校生の娘セボム(キム・ソヘ)は、知らなかった母の一面に触れ、母と一緒に小樽を訪れることを思い立つ――。

私信を第三者が読んでしまうことから、長年止まっていた人間関係が再び動き出す構造は、「Love Letter」はもちろん、同作への“返信”として岩井監督が手がけた「ラストレター」(および同じ原作を中国人キャストで撮った「チィファの手紙」)とも共通する。ついでながら、最近の映画では濱口竜介監督によるオムニバス作品「偶然と想像」の第3編「もう一度」と、描かれた状況に似た部分がある。

大まかなくくりでは女性映画と呼ぶことができるだろうが、もちろん男性観客が観ても感動したり学べたりする点は確かにある。さらには、本作で言及される特別な関係を、普遍的な人と人との関係性に置き換えて考えることもできるはず。伝える勇気と、受け止めようとする心が、たとえ少しずつでも広がっていき、生きやすい世の中になることを願うし、「ユンヒへ」のような映画がきっとその助けになると信じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
高森 郁哉

2.5期待し過ぎた

JYARIさん
2022年3月13日
iPhoneアプリから投稿

心には届くが体には届かない感じがした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
JYARI

3.5おばさんと娘のナイスアシスト

りあのさん
2022年2月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
りあの

4.0手紙はきっかけ、太陽の光が雪を溶かしていく

2022年2月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

なんとも岩井俊二っぽい空気感。岩井俊二に憧れてまーす的な作品だなぁ〜って思ってたら、「Love Letter」に着想した作品だということを観賞後に記事で知りました。なーるほど。って感じです。よく出来ている作品ですがその分、何だか既視感を感じちゃったのが残念だったかな。でもでも、お話はよく出来ています。

舞台の一つとなる小樽のシーンがとても良いですね。静寂の小樽にシンシンと降る雪が、ユンヒとジュンの関係を表しているようです。「雪はいつまで降り続けるのか?」って叔母の言葉が切ない想いを感じます。雪の中、氷漬けとなったようなジュンの心があったのでしょうね・・・なぜか?ユンヒは離婚して娘と二人暮らし、届いている手紙・・・なぜか?まさに雪が溶けていくように解けていくストーリーがとても優しいです。

雪解けのキーパーソンがセボムという太陽のような明るい娘ってのがうまいなぁって思いました。セボムの存在は悲しみの象徴でもあり、救いでもある。そして二人を見る現代の目でもあるのかな?と。・・・物語作りに巧みさを感じました。考えれば考えるほどよく出来ているなぁって。さらに、二人の生活をサイドストーリーで徐々に見せていき、心情を表現していく点も物語をより盛り上げていったと思います。

生きづらさとは不幸につながります。少数派の幸せは多数派の不幸に繋がっていた過去、いや今もあるんだろうなぁ。できれば様々な方が生きやすい社会であってほしいし、セボムのように手を差し伸べる人が多くなってほしいと思います。手紙に本心を書き伝えるように、当たり前のように公の場でも本心を言い合え、認め合える社会になってほしいと思います。

静かに胸に染み入る良作でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
バリカタ
すべての映画レビューを見る(全33件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る