エル プラネタ

劇場公開日:

エル プラネタ

解説

ミレニアル世代を代表するアーティストとして注目を集めるアマリア・ウルマンの長編監督デビュー作で、脚本・主演・プロデュース・衣装デザインも自ら手がけた。アマリアと実母アレ・ウルマンが母娘役を演じ、生活苦に陥った母娘の虚構にまみれた日常を描く。ロンドンでの学生生活を終え、母が暮らすスペインの海辺の田舎町ヒホンに帰郷した駆け出しスタイリストのレオ。しかし母は破産寸前の状態で、アパートも立ち退きを迫られていた。母娘は崖っぷちの生活に追い込まれながらも、SNS映えするスタイリッシュな暮らしを求め、身の回りのものを売り、ハッタリをきかせてお金を稼ぎ、どうにかその日を生きていく。そんなある日、チープな雑貨店を訪れた母娘は、ロンドンから来たというハンサムな店員と知り合うが……。

2021年製作/82分/G/アメリカ・スペイン合作
原題:El Planeta
配給:シンカ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2020 El Planeta LLC All rights reserved

映画レビュー

3.5Cute B&W Indie

2022年6月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

El Planeta is a modern Spanish version of Godard's Vivre Sa Vie with a mix of Greta Gerwig's lighthearted comedy and Sophia Coppola's charm. The film is absolutely stylish in its own way, and the plight of the characters is low-key self-inflicted fun. It could be an episode from Paris 13th District, and the love plot unfolds like two Napoleon Dynamite characters after a long stint in the city.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

1.0猫だけは カワイかった

2022年7月19日
スマートフォンから投稿

映画は残念だが
ちょっと出てきた
オルガという猫は可愛いし 癒された。
この猫だけ ズッーと見てたかった…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ニャン輔

0.530年前の学生の自主映画でこういうのありがち

2022年7月17日
iPhoneアプリから投稿

素人さんがはじめて撮影して、はじめて編集した感じのモノこれは映画にはなってない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジャム太

3.0€20-

2022年3月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

ドイツ生活しか経験ありませんが、€20-だとビールも頼んだ軽めのディナー一回分。日本だと¥3,000-くらいの感覚ですかね。うーん。ちょっとねぇ。このドケチ変態!ってビンタ張れば良いのにw

カフェの壁を写す固定カメラ。会話する男女。あんりゃ~いきなりジャームッシュだよ。まんまCoffee&Cigarettesだよ。リアリティ追求、と言うか、「母娘の日常を切り取りました!」の結果の不描写。しかしですよ。これは「解らない」にもほどがあるってもんで。

これは一般論なんですが。不描写部分に思いを馳せる。イマジネーションを働かせて、あれやこれやを想像する愉しみ。ってのがあります。で、その答え合わせが、どこかでできると嬉しい。答え合わせが出来なくても、劇場の席を立った後で、あーだこーだと思い出しながら、何かと何かをつなげて行く精神作業も心地よかったりします。

が。

これはイマイチですかねぇ。なんか。謎、多すぎて。不描写、多すぎて。と言うか。モノクロで、母娘の年齢すら分からんし。いや、スペイン在住の方なら、いろんなところから想像できるかも知れませんが。

生活力ゼロの母娘が、経済的にも、精神的にも、破滅に向かって「行こうとしている様」なんでしょうか?イヤ、まだ、これじゃ破滅って言えないよね、今日の欧州では。娘をほったらかして、ホイホイ警官に付いていく母親。この人、マジで嬉しそうなんだけどね。

スペイン映画なんて、これまで数えるほどしか見てないと思うんですけど、面白いと思った映画が一つもないって言うw
いや、一本、ドキっとする胸糞映画はありましたが、スキって言えるシロモンじゃ無かったし。

昨年見た「17歳の瞳に映る世界」と同系列なんかねぇ、なんて考えながらの鑑賞でしたが、ココロにひっかるもんは、率直に言うと、何にもありませんでした。

映画タイトルは「だまし続けたレストランの名前」。娘は、騙された、ってわけじゃないけど騙されて。でもでも娘自身も、おそらく、生活に困っていることなどおくびにも出さず、スタイリストを騙ってたりする。嘘で溢れる人の世。みたいなもんが根にあるテーマなんですかね?

まぁ、兎に角、ピンと来なかったですw

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
bloodtrail
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る