さがす

劇場公開日:

さがす

解説

「岬の兄妹」の片山慎三監督が佐藤二朗を主演に迎え、姿を消した父親と、必死に父を捜す娘の姿を描いたヒューマンサスペンス。大阪の下町に暮らす原田智と中学生の娘・楓。「指名手配中の連続殺人犯見たんや。捕まえたら300万もらえるで」と言う智の言葉を、楓はいつもの冗談だと聞き流していた。しかし、その翌朝、智が忽然と姿を消す。警察からも「大人の失踪は結末が決まっている」と相手にされない中、必死に父親の行方を捜す楓。やがて、とある日雇い現場の作業員に父の名前を見つけた楓だったが、その人物は父とは違う、まったく知らない若い男だった。失意に沈む中、無造作に貼りだされていた連続殺人犯の指名手配チラシが目に入った楓。そこには、日雇い現場で出会った、あの若い男の顔があった。智役を佐藤が、「湯を沸かすほどの熱い愛」「空白」の伊東蒼が楓役を演じるほか、清水尋也、森田望智らが顔をそろえる。

2022年製作/123分/PG12/日本
配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5いつも違う佐藤二朗氏の芝居を堪能できるハードな人間ドラマ

2022年3月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

駄目父役の原田(佐藤二朗)が理由もなく姿を消し、その娘・楓(伊東蒼)が必死にその行方を捜す。観客も娘と同じ視点で「さがす」ドラマを体験し、徐々に原田のバックボーンや姿を消した理由を目撃することになります。実在の事件を思わせる重くハードな描写を交えながら、予定調和におちいらない魅力的な物語が展開され、前知識をいれないで見ることをお勧めします。
テレビや普段の映画とは違った佐藤二朗氏のシリアス演技と、いつもと違った文脈で炸裂するユーモア節の両方が堪能できます。共演陣も皆素晴らしく、終盤で強烈なキャラクターとして登場するムクドリ役の森田望智氏の演技が特に心に残りました。

コメントする
共感した! (共感した人 8 件)
五所光太郎(アニメハック編集部)

3.0西成がロケ地

2022年9月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

西成がロケ地

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ホンマサ

3.0人間の闇も映すドラマ

2022年9月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

大阪の街を舞台に、「指名手配されている男を見た。警察に通報すれば300万円だぞ」と娘に言った父親が、その直後に失踪し、娘が父親を「さがす」映画。
映画の前半はそうした「娘の目線」で描かれているが、後半になると「父親の目線」でいろいろな「真実」というか「闇」が浮かび上がる構成は、なかなか見事であった。

現代の闇サイトを描くような映画とは知らずに観たが、人間の弱さとそこに付け込むダークな人間たちの風景を切り取ったドラマ。

「自分の父親のダークサイドを知った少女は、このあとの人生をどのように生きていくのだろうか?」といった(とても余韻とは言えない)気懸りが尾を引く感が残る。

また、大阪を舞台にしているが、少女がビラ配りをする「新今宮駅」や、工事現場にいた男を「今池駅」で見たという言葉から少女が駅で待ったりするが、これらの駅は出張時には行ったことが無いし、たぶん通ったことも無い場所だと思う。
そうした風景を見た後に、「グリコ看板のある有名な場所」が映った時には、「お~ぉ、ここは行ったことある」と喜んでしまった(笑)

あと、果林島という島も舞台となるが、「実在の島?」と思って検索したら、香川県にある島のようである。

父親と娘の卓球ラリーを延々と捉えたショットは見事!

なかなか見応えのある映画だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
たいちぃ

4.0少女の成長

いえあさん
2022年9月11日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いえあ
すべての映画レビューを見る(全220件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る