信虎

劇場公開日:

  • 予告編を見る
信虎

解説

戦国時代の名将・武田信玄の父で、甲府を開いた信虎の晩年を描いた時代劇。武田信虎入道は息子・信玄に甲斐を追放され、駿河を経て京で足利将軍に仕えていた。追放より30年が過ぎた元亀4年、80歳になった信虎は、信玄が危篤に陥っていることを知る。武田家での復権を目指し甲斐へと向かう信虎だったが、新たな当主・勝頼とその寵臣に阻まれてしまう。やがて武田家存続こそが自らの使命であると悟った信虎は、織田との決戦にはやる勝頼の暴走を止めるべく知略を巡らせる。ベテラン俳優・寺田農が主演を務め、信虎の娘・お直を谷村美月が演じる。「デスノート」「平成ガメラ」シリーズの金子修介監督がメガホンをとり、黒澤明監督作や今村昌平監督作で知られる池辺晋一郎が音楽を担当。

2021年製作/135分/PG12/日本
配給:彩プロ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
共同監督
宮下玄覇
脚本
宮下玄覇
製作総指揮
宮下玄覇
企画
宮下玄覇
プロデューサー
宮下玄覇
西田宣善
協力プロデューサー
榎望
撮影
上野彰吾
照明
赤津淳一
録音
原川慎平
美術
宮下玄覇
籠尾和人
装飾
宮下玄覇
籠尾和人
衣装
宮本まさ江
特殊メイクスーパーバイザー
江川悦子
編集
宮下玄覇
山本浩史
音楽
池辺晋一郎
整音
臼井勝
ダビング
臼井勝
音響効果
丹雄二
VFXスーパーバイザー
オダイッセイ
武田家考証
平山優
字幕・ナレーション協力
平山優
プロダクション統括
芳川透
カラーグレーディング
広瀬亮一
スクリプター
奥井富美子
時代考証
宮下玄覇
キャスティング
宮下玄覇
演技事務
出射均
早川喜貴
関根浩一
スチール
制野善彦
題字
森田彦七
製作担当
丹羽邦夫
安達守
助監督
村上秀晃
西山太郎
美術装飾担当助監督
生駒誠
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)ミヤオビピクチャーズ

映画レビュー

3.0神通力

2022年4月9日
Androidアプリから投稿

その要素、必要だったのかな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
リトルグリーンガッパ

3.5低予算だけど、当時の習俗の再現などの試みが意欲的な一作。

yuiさん
2022年3月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

山梨県の「こうふ開府500年」記念事業として製作された本作、甲斐国と言えば「武田信玄」となりそうなところ、その父親武田信虎の晩年に焦点を当てた物語となっています。息子・信玄によって追放された武田信虎が信玄の死後、隠居していた京から甲斐に帰国し、後継者武田勝頼と対立しつつも武田家存続のために奔走する、という筋立ては、『甲陽軍艦』にも描かれていたとのこと。歴史ファンには心に響く筋立てだと思われますが、信虎は隠居の身。そのため戦国時代を舞台にしているにもかかわらず、ほとんど合戦の場に絡まず、旅の行程と会話劇に尺の大半を費やしています。このあたり、低予算という制約の厳しさが画面からひしひしと伝わってきて、それでも作劇に様々な工夫を凝らしていますが、武田信玄(あるいは勝頼)を見たい、大規模な合戦シーンが見たい、という観客にはいささか拍子抜けかも知れません。

平成ガメラシリーズで知られる金子修介監督を迎えて、当時の習俗を可能な限り忠実に再現した映画であることを強調し、これまでの戦国時代物の映画とは違った内容を見せてくれるのではないか、と期待させてくれます。この宣伝文句に偽りなく、特に強烈に印象に残るのは、白塗りに眉毛なし、お歯黒という身分の高い女性の顔貌です。むしろ他の要素がかすむほどのインパクト。それでも人間の慣れというのは不思議なもので、いつしか白塗りお歯黒の谷村美月を可愛いと感じるようになり、後半に現代的なメイクで登場したときには違和感を感じたほどです。作中に登場する衣裳や茶器、書画も貴重な骨董品が多数含まれているそうで、それら一つひとつを結構じっくり見せてくれる丁寧さ。

登場人物の心中を全て台詞で表現するなど、ちょっと従来の日本映画における使い古された手法を多用していた演出は、金子監督作品だけにかなり意外でした。この点はパンフレットでも寺田農が言及していて、やっぱり現場でもそう感じていたのねー、と思いました。というか寺田農の率直さは素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yui

4.5その時代を感じられる映画

satobanさん
2022年2月8日
PCから投稿

戦国武将にピンスポットを当てる事により、450年前の人々の生活や苦悩を少し想像できるようになりました。
音質も良く、迫力ある戦闘シーンには生々しさを感じ(すぐ人って死ぬんですね)ました。
戦国時代というよりは、戦争の最中に武将たちそれぞれの「自分の命と家を守る」という不安が中心に描かれていて、良くある「天下統一までの道筋を辿るような映画」よりも戦国時代をもっと身近に感じ「本当に大変な時代だったんだな」と痛感しました。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
satoban

3.5新たな発見

2022年1月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
C・ゲバラ
すべての映画レビューを見る(全47件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る