スープとイデオロギー

劇場公開日:

スープとイデオロギー

解説

「ディア・ピョンヤン」などで自身の家族と北朝鮮の関係を描いてきた在日コリアン2世のヤン ヨンヒ監督が、韓国現代史最大のタブーとされる「済州4・3事件」を体験した母を主役に撮りあげたドキュメンタリー。朝鮮総連の熱心な活動家だったヤン監督の両親は、1970年代に「帰国事業」で3人の息子たちを北朝鮮へ送り出した。父の他界後も借金をしてまで息子たちへの仕送りを続ける母を、ヤン監督は心の中で責めてきた。年老いた母は、心の奥深くに秘めていた1948年の済州島での壮絶な体験について、初めて娘であるヤン監督に語り始める。アルツハイマー病の母から消えゆく記憶をすくいとるべく、ヤン監督は母を済州島へ連れて行くことを決意する。

2021年製作/118分/G/韓国・日本合作
原題:Soup and Ideology
配給:東風
劇場公開日:2022年6月11日

スタッフ・キャスト

監督
脚本
ヤン ヨンヒ
プロデューサー
ベクホ・ジェイジェイ
エグゼクティブプロデューサー
荒井カオル
撮影監督
加藤孝信
編集
ベクホ・ジェイジェイ
音楽監督
チョ・ヨンウク
ナレーション
ヤン・ヨンヒ
アニメーション原画
こしだミカ
アニメーション衣装デザイン
美馬佐安子
全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)PLACE TO BE, Yang Yonghi

映画レビュー

5.0東アジアの歴史に引き裂かれた家族の記録

2022年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

監督自身の個人史であり、同時に日本と朝鮮半島の近現代史でもあり、その2つが大きなうねりの中で交錯していく驚くべき傑作だ。
「済州4・3事件」の虐殺を生き延び日本に渡ったた監督の母は、それゆえに韓国政府を許せずに北朝鮮を支持することに。北への忠誠を息子たちを北朝鮮へ送ることで示してきた母を、娘の監督は快く思えなかった。年老いてアルツハイマーを患いだす母を介護することになった監督は、胸中穏やかではない。母はかつてのつらい記憶「済州4・3事件」を突然思い出し始める。済州を訪れた監督と母。監督はそこでこの島のあまりにも壮絶な悲劇を知り、引き裂かれていく。
日本、韓国、北朝鮮の複雑な現代史の理不尽がまるごとこの家族になだれ込んできている。国家と個人の関係について、これほど深く切り込んだ作品はそうそうないだろう。人を動員するイデオロギーというものに対置されるのは、家族の絆を象徴するスープ。対立するイデオロギーが吹き荒れる東アジアの歴史の暴風にも負けずに残ったこのレシピはなににも代えがたい宝物だ。今年最高の1本。

コメントする (0件)
共感した! 9件)
杉本穂高

3.5家族のルーツを探り、辿り着いた歴史

2023年6月28日
iPhoneアプリから投稿

「悲しい事は忘れていいんだよね。
悪い人のことは忘れちゃダメだけど。」

この言葉が胸に残っている。

この映画を観て、映画は鏡だと改めて思った。
大切な人のことは大切にしないといけない。

初めて在日コリアンのドキュメンタリーを観たのだが、
端々に韓国と大阪のルーツを感じたし、
韓国の音楽が悲しく響いていて、それもこの映画の一部となっていた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
JYARI

4.5イデオロギー < スープ

2023年6月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
シューテツ

5.0泣いた

2023年6月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

矛盾の中で生きるということを思った。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
だいず