前科者

劇場公開日:

解説

罪を犯した前科者たちの更生、社会復帰を目指して奮闘する保護司の姿を描いた同名漫画(原作・香川まさひと/作画・月島冬二)を、「あゝ、荒野」の岸善幸監督のメガホン、有村架純と森田剛の共演で映画化。保護司を始めて3年となる阿川佳代は、この仕事にやりがいを感じ、さまざまな前科者のために奔走する日々を送っていた。彼女が担当する物静かな前科者の工藤誠は順調な更生生活を送り、佳代も誠が社会人として自立する日を楽しみにしていた。そんな誠が忽然と姿を消し、ふたたび警察に追われる身となってしまう。一方その頃、連続殺人事件が発生する。捜査が進むにつれ佳代の過去や、彼女が保護司という仕事を選んだ理由が次第に明らかになっていく。佳代役を有村、誠役をこれが6年ぶりの映画出演となる森田が演じるほか、磯村勇斗、リリー・フランキー、木村多江らが顔をそろえる。主人公・佳代が新人保護司として奮闘し、成長する姿を描く連続ドラマ版「前科者 新米保護司・阿川佳代」(全6話)が2021年11月にWOWOWで放送。その後の公開となる映画版は、原作にないオリジナルストーリーで描かれる。

2022年製作/133分/PG12/日本
配給:日活、WOWOW

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2021 香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

映画レビュー

4.0綺麗事ではなく再生しようという前向きなパワーをもらえる応援作

2022年1月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

私は本作で「保護司」という仕事を知った。保護司とは、非常勤の国家公務員で、犯罪や非行に陥った人の更生を任務とする。給料は支給されず、民間のボランティアによって成り立っている。

お金なしで成立する信頼関係は素晴らしいと思うが、時間が拘束される上に信用と信頼が頼みの綱である保護司の情熱は、子供を育てる親のように見えた。
熱い新米保護司を演じる有村架純は、彼女だからこそ伝わる強さと脆さのバランスが絶妙で、なぜ保護司になったのか気になる存在感を醸し出しているところが謎の一つとなっている。一見は普通の女性でも、そんな彼女から見え隠れする意外な言動も目が離せない。
社会復帰まで、あと一歩である寡黙な男を演じる(前科者)森田剛は、役柄の根本にある愛情の強さを体全体で表現しており、役に入る憑依具合が素晴らしい。

変えられない過去から、いかにこれから成長していくのかという過程が本作の見どころの一つ。連続殺人に巻き込まれていくサスペンス要素がどのように2人に関わっていくのかが徐々に解明されていくところは時間を忘れてしまう展開で、ラストまで集中できる作りは私の予想を超えていた。

一度社会から外れると簡単には仕事につけない現実、人同士だからこその裏切りやすれ違い。それでも必要な存在は人、という本質が最後になってわかる作り込まれた良作。

コメントする (0件)
共感した! 36件)
山田晶子

4.5有村架純と森田剛の説得力に感服

2022年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

日活とWOWOWの意欲的な取り組みが奏功し、素晴らしい作品に仕上がった。
有村架純が主人公・佳代に扮し、新人保護司として奮闘する姿を描いた連続ドラマ版「前科者 新米保護司・阿川佳代」は全6回で昨年放送されたが、いわば序章。映画ではその後が描かれているが、原作にはないオリジナルストーリーが紡がれている。

有村架純といえば、昨年は「花束みたいな恋をした」など大ヒット作に恵まれたが、筆者の個人的見解では今作の演技でベストパフォーマンスを更新したと言い切って良いほどに素晴らしい。
喜怒哀楽とか、そんな生半可な表現では事足りないほどに全身全霊で役を生きている。

その有村に対峙する森田剛がまた、、、本当に素晴らしい。
ネタバレを絶対にしたくないので、ぜひ2人の熱演をご鑑賞ください。
また、石橋静河と若葉竜也が仕掛けたアクセントも、たまらなく素敵だ。

コメントする (0件)
共感した! 49件)
大塚史貴

4.0一口目の味

2023年6月4日
iPhoneアプリから投稿

森田剛の謎の魅力がとにかくすごいし一口目!!ってなる。輪郭を隠さない有村架純のスタイリングもよい。全体的にキャラクターの魅力だけでも満足度高い上に、序盤の丁寧な描写から淡々と進む系の映画なのかなーと思いきやテンポよく展開していくサスペンス的な面でもレベル高い。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
omoro

2.0薄っぺらで、ちぐはぐ

2023年4月28日
Androidアプリから投稿

いわゆる「お仕事映画」として、保護司を一般に紹介するという点では、知名度・注目度の高い有村架純という俳優を起用して…というのは理解できない訳ではないのですけれども。
しかし「役柄」としては、人生経験のまだまだ少ない年代の彼女には、その役割に必要とされるであろう「人間としての幅」みたいなものを演ずるには、あまり似つかわしくはなかったのではないかと思います。そのことが、残念ながら「お仕事映画」であるはずの本作を、まず、薄っぺらなものにしているているようです。
彼女を主役に起用するのであれば、その分、脇役をベテランで厚く固めるというような「手当て」もできたのではないかと惜しまれます。

保護司は、原則として無給の「ボランティア」ということですが。その点、被観察者との職務上の面接も自宅でというのは、実際なのでしょうか(映画とはいえ、その点の脚色はないと思うのですけれども。)
しかし、そうすると、うら若い独身女性である阿川保護司の自宅の場所を被観察者に知られてしまうことになるわけで…(汗)。
そんなことも考えると、やはり有村架純を主演に据えたということで、本作は、前記の点で薄っぺらであるほか、「ちぐはぐ」でもあるように思えてなりません。
(うるさいことを言わず、フィクションと割り切るべきなのかも知れませんが、こういう点は、ちゃんと感情移入して、フィクションなりの「作品としての映画」に入り込もうとする者には大きな妨げになることも、映画ファンとしては黙過し難いところです。)

本作にリメイク版がもし作られるとすれば、その点の改善を期待したいところです。

コメントする 4件)
共感した! 3件)
talkie
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る