東京オリンピック2017 都営霞ケ丘アパート

劇場公開日

  • 予告編を見る
東京オリンピック2017 都営霞ケ丘アパート
29%
29%
24%
12%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2020年の東京オリンピック開催にむけた国立競技場の建て替えのため、2017年に取り壊された公営住宅を追ったドキュメンタリー。1964年のオリンピック開発の一環で国立競技場に隣接して建てられた都営霞ヶ丘アパートは、平均年齢65歳以上の住民が暮らす高齢者団地になっていた。単身で暮らす者が多く、何十年ものあいだ助け合いながら共生してきたコミュニティであったが、2012年7月、このアパートの住人に東京都から一方的な移転の通達が届く。転居を強いられた住民たちの2014~17年の3年間の記録から、オリンピックに翻弄された人々と、五輪によって繰り返される排除の歴史を追う。監督は本作が劇場作品初監督となる青山真也。

2020年製作/80分/G/日本
配給:TOKYO2017上映委員会

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
撮影
青山真也
編集
青山真也
整音
藤口諒太
音楽
大友良英
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)Shinya Aoyama

映画レビュー

3.5自分がもし、90歳くらいで 急に自宅から退去を迫られとしたら… 日...

xxminaxxさん
2021年11月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

自分がもし、90歳くらいで
急に自宅から退去を迫られとしたら…
日常生活だけでもやっとなのに
この上引越しだなんて
何から手をつけてよいのかと
途方に暮れてしまうと思う

オリンピックの是非はともかく
街が生まれ変わることで
良いことも多々あるとは思うけれど
せめて居住者が納得できるように
時間をかけて
サポートもしっかりして欲しい

古いもの、歴史、コミュニティを
全部壊すのではなく
その価値をしっかり感じ取って欲しい

計画に関わる人達は
知事も建築家も公共団体の職員も
この映画を観て
もっと居住者に寄り添って欲しい

効率ばかりを求めて
ギスギスした世の中になってきていると
つくづく感じる

都営住宅の跡地は
国立競技場建替工事のバックヤードとして使用された後
公園が整備される計画とのこと
辛い思いをした住民達のことを考えると
複雑な気持ちになる

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
xxminaxx

5.0日本という国の姿が凝縮された作品

SSYMさん
2021年10月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

映像の力がとても強い作品だった。意図的に作品内で説明を省いているので、パンフレットは高い(1300円)が必須だと思う。解説も素晴らしいので、損はない。映像と資料、両方で「都営霞ヶ丘アパート」とは何であったのかを記憶したい。

本作で描かれるのは、まさに国家が弱者を虐げる姿である。
都営霞ヶ丘アパートの住民のほとんどは高齢者だ。都によって強制的に移住が決められ、なけなしの補償が十数万円でるが、引っ越し費用に充てても足が出るようだった。お年寄りなので、重いものの移動や機械の取り外しはできないので業者に頼むから、費用がかさむのだろう。
はした金だけ寄越して「後は自分で」という行政の投げやりな態度が見える。

住民にとって、都営霞ヶ丘アパートを出ていくことはただの引っ越しじゃない。
そこには住民たちが数十年にわたって築き上げてきたコミュニティがあった。国は、その住民たちのコミュニティを破壊したのだ。
晩年になって、こんな仕打ちを受けることになるなんて、同情するという言葉では言い尽くせないほど気の毒に思った。おそらく、離れ離れになって二度と会わないまま亡くなった人たちもいるだろう。

2021年の東京オリンピックは、コロナや関係者のスキャンダル、開催費用の高騰等、実に多くの問題を孕んでいた。だが、仮にそれらの問題がなくて、オリンピックの開催によって社会に莫大な富や人々の幸福がもたされるとしても、私はこの「都営霞ヶ丘アパート」の一件だけで、オリンピックはやるべきではなかったと言い切れる。国家が弱者を虐げることなど、絶対にあってはならないことだからだ。
国とは、弱者を守るためにあるのではないのか。現実には、逆のことが起きている。権力や金を持った強い者を優遇し、弱者はまるでそこに存在しないかのように扱う。この国は、根本のところで大きく間違った方向に行ってしまったと、映画を観て痛感せざるをえない。

本作を、オリンピック関係者はもちろん、テレビの前で競技を楽しんで観た人々にもぜひ観て欲しい。特に選手たちには、自分たちが栄光の舞台に立っている裏で、どういう人々が犠牲になっているのかを知って欲しい。知るべきだと思う。
後年に2021年の東京オリンピックを振り返る時、「都営霞ヶ丘アパート」のことを抜きにしては語れないだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
SSYM

3.5【”国策ですから、住んでいる場所から、とっとと出て行ってください”と後期高齢者の方々に国は冷たく通知した。”地上げ屋の様な行政の姿勢に戦慄した作品。】

NOBUさん
2021年10月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

ー ”国策”・・・言わずと知れた先日終わった東京オリンピックである。
  当時の東京都知事、石原は今作の舞台になった都営霞ヶ丘アパートを
  ”あんなみっともない建物を諸外国に見せるな”
  と2度言ったそうだ。ー

◆感想

 ・その後、新国立競技場が白紙撤回されたにもかかわらず、都営霞ヶ丘アパートへの行政からの一方的な移転通知は翻らなかった。
 ー 理由は明らかである。
   そして、後期高齢者たちは、不自由な身体で、不安な心を抱えながら、次々にアパートを出ていく・・。この作品では、後期高齢者たちの戸惑いや、それでも行政の指示に従い、家を出て行く姿を淡々と映し出している・・。ー

<いつから、日本は戦後の発展を支えて来た方々の終の棲家を、一方的に”移住せよ!”などというどこやらの共産圏と同じ国になってしまったのであろうか・・。
 今回のオリンピックを否定する気は無いが、あの全国のTVの前の歓声の陰で、苦渋の選択を行政から一方的に強行された人たちがいたという事実は、忘れてはいけないと思った作品。
 最後に流れるテロップも苦い想いで見ていた・・。>

<2021年10月10日 刈谷日劇にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
NOBU

5.0例のイベントによって平穏な暮らしを奪われる人々の生活を優しく見つめる映像に宿る静かな怒りが印象的な80分

よねさん
2021年9月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

2020年に開催予定だった某イベントに向けて建て替えが決まった国立競技場に隣接する都営霞ヶ丘アパートに関するドキュメンタリー。解体途中のアパートを捉えたポスターイメージからもっとセンセーショナルな作風を勝手に想像していましたが、高齢の住民の皆さんが淡々と転居の準備をする様を一切のナレーションなしに見つめる80分。手持ちカメラの映像は見当たらず、しっかりと定められた構図を捉えて固定されたカメラで切り取られる日常にはそこにある生活の息吹が感じられるかのように繊細。都や政府に立ち退きので中止を訴えるも何も変わらない冷淡な対応に憤りを感じながらもお互いに声を掛け合いながら身辺整理をする皆さんはとても慎ましく知的で理性的。前の五輪でも老朽化した住居から立ち退きを迫られて転居した場所からまた同じイベントで立ち退きを迫られ、二度も五輪に生活を奪われる気持ちが解りますかと静かに怒りを吐露する様は胸に突き刺さります。敷地内にある商店、外苑マーケットを切り盛りする夫婦と買い物客の何気ない会話。小さな公園からジグザグに切り取られた夜空を見上げる外苑花火大会。町内会で保存されていた集会室での記録フィルム上映会。そこにあるのは息が苦しくなるほど懐かしい昭和の風景。先日老いた母が独り暮らす実家が立ち退きさせられたこともあってスクリーンに映っているいくつもの生活が二度と戻ってこない自身の郷愁と重なって涙が溢れました。終幕とともに現れるテロップに滲んだ静かな怒りを眺めながら、半世紀を経ても何ら変わらない行政の怠慢を正すために私達に何が出来るだろうかと深く考えさせられます。

登場する皆さんの誰もが素敵な人ばかりですが、特に印象深かったのは腕に障害を持ったおじいさん。LG製の液晶テレビの両脇に小さなスピーカーを配置しているご自宅が映り込んだ時にこれは拘りを持っている人だなと直感しましたが、カットが切り替わったところで映り込んだのがPearlのドラムセット。普段の服装もさりげなく洒落ていてダメージジーンズも粋に着こなしているし、狭い裏庭で農作業をする傍に退屈そうに寄り添う猫と絶妙な距離感で対峙する姿もスマート。このおじいさんの生活だけを見つめるスピンオフが観たいと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
よね
すべての映画レビューを見る(全8件)