キャッシュトラック

劇場公開日

キャッシュトラック
12%
62%
21%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」「スナッチ」のジェイソン・ステイサムとガイ・リッチー監督が、「リボルバー」以来16年ぶりにタッグを組み、2003年製作のフランス映画「ブルー・レクイエム」をリメイクしたクライムアクション。ロスにある現金輸送専門の警備会社フォルティコ・セキュリティ社では、特殊な訓練を受け、厳しい試験をくぐり抜けた警備員たちが現金輸送車=キャッシュトラックを運転していた。そこに新人のパトリック・ヒル、通称“H”が警備員として採用された。採用試験の成績はギリギリ合格というレべルだったHだが、ある時、トラックを襲った強盗を驚くほど高い戦闘スキルで阻止し、周囲を驚かせる。そして、彼の乗るトラックがふたたび強盗に襲われると、Hの顔を見た犯人たちはなぜか金も奪わずに逃げてしまう。周囲がHの正体に疑心を抱く中、全米で最も現金が動くブラック・フライデーにフォルティコ・セキュリティ社に集まる1億8000万ドルの大金を狙う強奪計画が進行していた。

2021年製作/118分/G/アメリカ・イギリス合作
原題:Wrath of Man
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0得意のガイ・リッチー節と新機軸とがみごとに融合

村山章さん
2021年12月31日
PCから投稿

フランス映画のリメイクだが、ずいぶんと印象が異なる脚色がなされていて、いわゆるジェイソン・ステイサム映画というジャンルと、ガイ・リッチーらしい犯罪群像劇と、ずしりとしたハードコアな感覚とが一体化している。これまでのガイ・リッチー映画と違うのは、ユーモアが前面には押し出されていないことと、無造作な死というS・クレイグ・ザラー的なリアリズムが加わっていることだろう。要素が多くて、精緻な一つの世界観という印象にはならないのだが、「大人のガイ・リッチー映画」とでも呼びたくなる新境地を感じることができた。50代になっても伸びしろというか、未知の可能性は失われないだと信じさせてくれて、ガイ・リッチーさんありがとうという気持ちである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
村山章

4.0いつものガイ・リッチーとはちょっと違う

2021年10月22日
PCから投稿

いつもの飄々としたガイ・リッチー作品とは違い、本作には独特の影とストイックさが同居する。その変化球ぶりは主演ステイサムにも言えることで、いつもなら口を開くと罵り言葉や相手を威嚇するジョークが飛び出すところが、今回のキャラクターはずっと寡黙で、マグマのような信念を内に秘め、それでいて実戦になると目が覚めるほどの素早さで相手を瞬殺する”心技体”を併せ持つ。そんな謎めいたキャラクターを丁寧なチャプター構成で徐々に解き明かす構成がこの映画の7割を支配し、その後の3割で種明かしとなるわけだが、この視点の移動もいつものリッチー式のこれみよがしなものとは異なり、あくまで素材に身を捧げている感じ。慣れ親しんだ”クライム・アクション”のプレイグラウンドではあるものの、その遊び方がいつもとはだいぶ違うという、彼のストーリーテラーとして経験と力量を見せつけられた格好だ。派手さはないものの、2時間、飽きさせない。

コメントする
共感した! (共感した人 12 件)
牛津厚信

3.5ガイ・リッチーとステイサム、久々タッグにしては物足りない

2021年10月16日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

ガイ・リッチー監督の今年5月公開作「ジェントルメン」は自身のオリジナル脚本で、やりたいことを目一杯やった集大成的な内容が最高だ。ジェイソン・ステイサムと16年ぶりのタッグとなる「キャッシュトラック」も当然楽しみにしていたが、やや期待外れだった。

原作は2003年の仏映画「ブルー・レクイエム」(かなり前にWOWOWで観た気がする)で、フィルムノワールの伝統を感じさせる暗めのストーリーだ。主人公Hを演じるステイサムはもちろんアクションもこなすのだが、無双っぷりで観客を楽しませるというよりは、ある目的のためにストイックに行動するのが基本で、彼の大半の主演作やリッチー監督作の多くに比べて娯楽要素が少ない。なぜ監督がこの原作でステイサムと再タッグしようと思ったのか、正直よくわからない。

思えば前のタッグ作「リボルバー」も、騙しの要素を何重にも組み入れた少々難解な話で、痛快アクションというわけではなかった。リッチーの初監督作「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」でステイサムも俳優デビューを果たしており、いわば盟友の2人は、今更ありきたりなB級アクションはやりたくないのかも。2人のタッグの次があるなら、今度はオリジナル脚本で、舞台もロンドンでぜひお願いしたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
高森 郁哉

3.5ジェイソン・ステイサム×ガイ・リッチー監督による、一見、単純そうな話が丁寧に深堀されていく「謎解きクライムアクション映画」。

2021年10月8日
PCから投稿

本作は、邦題が「キャッシュトラック」となっていて、これは「cash transport truck」(現金輸送車)の略語なのでしょうか。
少なくとも原題だと、ややネタバレっぽくなるので、こちらの邦題の方が良いと思います。
ガイ・リッチー監督は本作も前作「ジェントルメン」と同様に、映画会社の新生ミラマックス(Miramax)とタッグを組んでいます。
冒頭で、突然、現金輸送車が武装された強盗に襲撃されます。
その直後のオープニング以降は、「章立ての構成」になっていて、最初は「悪霊」となっています。
そして、その現金輸送車の武装警備を専門とする警備会社にジェイソン・ステイサムが面接試験を受けに来ます。
ここまでは現金輸送車に襲撃事件が起こったりもしますが「通常の風景」となっています。
そして、「3か月後」と時間が流れ、この辺りからジェイソン・ステイサムが何やら特殊な動きをしていきます。
次に「しらみつぶし」という章に変わり、「5か月前」という表記と共に5か月前の出来事が描かれます。そして、次は「3週間後」という表記と共に3週間後が描かれます。
そして、次の章は「野獣ども」といった感じで、舞台が変わります。
このように本作は、ガイ・リッチー監督らしく時間軸がどんどん動いていく構成ですが、キチンと表示が出て、しかも分かりやすく章立てになっているため、混乱せずに「謎解きクライムアクション映画」として楽しめる仕掛けとなっています。
そして、終盤の舞台は、感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の金曜日の「クリスマス・セールが始まり、お店の売り上げが急激にあがる日」である「ブラック・フライデー」となります。
この日は文字通り「アメリカで最も現金が動く日」となるため、現金強盗には狙い目となるわけです。

たまたま公開時期が「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」という超大作映画とぶつかっているため比較せざるを得なくなりますが、このような超大作映画と比べてしまうと、やや派手さや世界観が弱いのは仕方ないと言えるでしょう。
とは言え、本作は予備知識が一切要らないので、気軽に良質なアクション映画を楽しみたい人に、とても適した「エンターテインメント作品」だと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 22 件)
細野真宏
すべての映画レビューを見る(全207件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る