とんび

劇場公開日:

とんび

解説

直木賞作家・重松清のベストセラー小説を、阿部寛と北村匠海の共演で実写映画化。「糸」「護られなかった者たちへ」の瀬々敬久監督がメガホンをとり、幾度途切れても必ずつながる親子の絆を描き出す。昭和37年、瀬戸内海に面した備後市。運送業者のヤスは愛妻の妊娠に嬉しさを隠しきれず、姉貴分のたえ子や幼なじみの照雲に茶化される日々を過ごしていた。幼い頃に両親と離別したヤスにとって、自分の家庭を築くことはこの上ない幸せだった。やがて息子のアキラが誕生し、周囲は「とんびが鷹を生んだ」と騒ぎ立てる。ところがそんな矢先、妻が事故で他界してしまい、父子2人の生活が始まる。親の愛を知らぬまま父になったヤスは仲間たちに支えられながら、不器用にも息子を愛し育て続ける。そしてある日、誰も語ろうとしない母の死の真相を知りたがるアキラに、ヤスは大きな嘘をつく。

2022年製作/139分/G/日本
配給:KADOKAWA
劇場公開日:2022年4月8日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0笑いと涙が交差する、人情パンチが強めの良作

2022年4月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

重松清のベストセラー小説を、阿部寛(ヤス役)と北村匠海(ヤスの息子アキラ役)の共演で実写映画化。原作やTVドラマは昭和37年から平成の入口で終わるが、映画では令和までオリジナルで描かれている。
本作は、「64 ロクヨン」「護られなかった者たちへ」の瀬々敬久監督がメガホンをとり、監督の指名で港岳彦が脚本を務めている。〝今観るべき映画”にするのが脚本開発における最大の課題。
私は本作を見て、その課題はクリアできていると感じた。特に後半に出てくるアキラの作文がカギとなり、親子の心の距離をぐっと近づけ、普遍的な人間模様を描き出すことに成功していた。
実親の愛を知らない不器用なヤスが様々な人に助けられながらアキラを育てている姿は、破天荒でありながらも息子への愛情を感じずにはいられない。というより父子の歪な愛の形がどこに到着するのかも最後までわからない。
ヤスの生活の一部となっている商店街には古き良き日本の活気と人情があり、いつまでも見ていたい風景だった。
約1ヶ月間の撮影では岡山の街を封鎖し、地元のエキストラ総勢500人という大規模なロケを実施。風景の小道具などに美術スタッフがこだわり、雰囲気はしっかりと描かれていた。
この風情も見どころだが、重松清らしい人情模様が映画全体に表れているので、子供から大人まで楽しめる作品に仕上がっている。
不器用な大人の優しい「嘘」にも注目してほしい、今の時代に見たい作品だった。

コメントする (0件)
共感した! 36件)
山田晶子

3.5名ドラマにもなった人気小説の映画化、どこに美点を見出すか

2022年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

これまでにNHKとTBSで連続ドラマとしてじっくり描かれてきた、直木賞作家・重松清氏の人気小説を映画化したもの。ドラマを見ていた…という方は多くいるだろう。
それだけに、名手・瀬々敬久の手によって、どう描かれるか興味深く拝見。映画として、よくぞ139分という尺でまとめあげたという感嘆とともに、阿部寛と北村匠海の親子役としての相性の良さもうなずける。だが、旭が就職して以降の流れが駆け足すぎて、幾つかの心を通わせるべきポイントが抜け落ちているようにも、個人的には感じた。
「過去に出来の良いドラマがあるのにどうして今さら映画化?」ととらえるのか、「こんな時代だからこそ改めてスクリーンで『とんび』の世界を味わって欲しいという願いが込められているんだな」ととらえるのかは、千差万別だろうが、穿った見方をせずとも十分に楽しめる力作である。

コメントする (0件)
共感した! 23件)
大塚史貴

5.0父から子へ、子から父へ、目一杯の愛を

2024年6月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
しゅうへい

4.5日本人の心に響く王道的作品

2024年5月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

下手でも精いっぱい生きているヤスは、頑固おやじの象徴。
友人も息子でさえも手に負えない。
冒頭からのナレーションに少しクエスチョンマークが点るが、後半でその意味がわかる。
結婚して、子供ができて、いろんな出来事があって…
その一瞬一瞬はハプニングだったかもしれないが、子が親になり、そして爺になり、同じ場所で立場が変わっても似たような光景を目にするとき、その同じ空間に当時の出来事がそのままあるようで、今はもういない妻の姿が、ヤスの目の奥から呼び戻されるように折り重なってゆく。
この何事もない日常。
自分と妻と息子が、いる。この日常の幸せ。かけがえのない一瞬。永遠に失われることのない思い出。
特に当時の情勢から、どうしようもない家庭の事情なるものがあった時代。
飲み屋のたえ子の娘が、皆の反対を振り切ってまで母に会いに来た。結婚の報告をするためだ。自分にそんな資格はないと考えるたえ子。遠回しに娘に「忘れた」とうそぶく。
しかし出された料理は初めて食べるおふくろの味。しかも婚礼仕様。
自分ではうまく処理できないことはたくさんある。だから近所みんなで悩み、考え、手伝う。古き良き時代の日本の風景が作品に描かれている。
ヤスも実父に会うことができた。初めて見た父。いつか自分を責め、生まれてこなかった方がよかったと言って住職から説教を受けた冬の海。抱きしめていたアキラ。そして父の手を握り「ありがとう」を言うことができた幸せ。
頑固おやじは息子の上京が寂しくてたまらない。親父の態度に息子も照雲もなすすべがない。
結婚の話をしに来た由美に、元の旦那の両親に孫をあわせているのかと聞く。
「離婚しても、年寄りにとっては孫は孫」 思いがけない言葉だった。これはヤスがこれまでの経験で得たものだろう。訳アリ娘の関係者の構図から、この結婚は正しいのかなどという考えが浮かんでいたのだろう。
そして令和元年、ヤスの葬儀。
アキラの視点から父ヤスを描いている作品。
この作品は「そして父になる」の昭和バージョンだ。テーマは「親子とは」だろうか。
捨てられようが捨てようが、血はつながっていようがいまいが、初婚だろうがバツイチのこぶつきだろうが… 自分だけでは抱えられないことも、みんなが手助けしてくれる。
心から泣き、心から応援してくれる。
多くを語る必要はない作品。
私も、他人の幸せを心から喜べるくらい、私自身が幸せでいたいと思った。

コメントする (0件)
共感した! 20件)
R41
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る