走れロム

劇場公開日:

解説

サイゴンの裏町を舞台に、孤児の少年が夢をかなえるために巨額の当選金が手に入る違法宝くじに挑む姿を描いたベトナム映画。サイゴンの路地裏にある古い集合住宅。詐欺師の債権者からの借金を背負っている住民たちは、アパートを維持するため大金が当たる違法宝くじに熱中している。14歳の孤児ロムは宝くじの当選番号の予想屋で生計を立てていた。ロムは地上げ屋から立ち退きを迫られている住民たちを救い、生き別れとなった両親を捜すため、危険な違法宝くじで一獲千金をもくろむが……。監督は本作が長編デビュー作となるチャン・タン・フイ。「青いパパイヤの香り」「ノルウェイの森」のトラン・アン・ユンがプロデューサーを務めた。

2019年製作/79分/G/ベトナム
原題:Rom
配給:マジックアワー

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2019 HK FILM All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0スピード感と空間設計に秀でた異色作

2021年7月26日
PCから投稿

かつてベトナム映画のイメージを決定づけたトラン・アン・ユンが、若き才能のプロデュースに回って築き上げた躍動感あふれる一作。そこでは”違法くじ”に翻弄される市井の人々の悲喜こもごもが描かれ、その社会を少年らが隅々まで駆け抜け、すり抜け、飛び越えていく。この平面に立体移動を掛け合わせた空間設計が本作の何よりの魅力。特に主人公の寝ぐらは集合住宅のボロボロの屋根付近にあり、そこからはすべてが俯瞰でき、どこでも瞬時に駆け付けられる一方、雨風や陽光をもろに受けてしまう難点もある。でも一日中走り続ける彼にとって住処はもはや”寝るだけ”の場所。彼には夢がある。それを叶え「ここではない何処か」へ脱出したいという思いこそ、79分間を躍動させる強靭な原動力となっていく。惜しいのはクライマックスが釈然としないところ。本作には検閲を受け修正した箇所があるというが、もしやこの部分だろうかと、詮索してしまう自分がいた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
牛津厚信

3.5(原題) Ròm

2021年10月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ベトナムの闇くじの予想屋ロムと、闇くじに人生を翻弄される人々の話!
ロムの必死に走る姿が印象的で力強く響く作品!
今でもベトナムでは映画に検閲が入ることやデーと呼ばれる闇くじが労働階級者を苦しめていたこと、経済成長の背景にあるベトナムの闇を見た気がした…私の知らなかったベトナムが沢山詰まっていた…

コメントする (0件)
共感した! 0件)
AYK68

4.0成れの果て。

2021年10月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 3件)
bloodtrail

1.0”ベトナムの闇を描き本国で大ヒットした衝撃作”につられ期待して観たものの・・・・・・・

2021年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

寝られる

世界の多くの映画祭で注目された”ベトナムの闇を描き本国で大ヒットした衝撃作”の宣伝文句に大いに期待の上観たのだが・・・・・・・
結果的には的外れ、作風からオスカ―受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」のような作品を期待したのだが・・・・・・・
まずベトナムで社会問題となっている違法宝くじー闇くじ「デー」ーの存在自体が非常に解りにくく、社会主義国家であるベトナムでこうした行為が横行すること自体、理解しがたい現実。
またスラムの描き方も個人的にはイマイチに感じられ、貧民層の切迫感も画面からは伝わりずらかった。
ベトナムの社会風習を仮に理解していたとしても、共感できる部分は少なく、非常に残念な鑑賞となってしまった(涙)!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ナオック
すべての映画レビューを見る(全18件)