ホロコーストの罪人

劇場公開日

ホロコーストの罪人
15%
63%
22%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第2次世界大戦時、ノルウェーの秘密国家警察がホロコーストに加担していた事実をもとに、あるユダヤ人家族が直面する悲劇と運命を描いたドラマ。第2次世界大戦中のノルウェー。ユダヤ人一家のブラウデ家はボクサーの息子チャールズが結婚し、幸せな空気に包まれていた。しかし、ナチスドイツがノルウェーに侵攻したことで状況は一変する。チャールズたちユダヤ人男性はベルグ収容所に連行され、過酷な労働を強制される。一方、残された妻や母たちはチャールズらの帰りを待ちながら、スウェーデンへ逃亡する準備も進めていた。しかし、1942年11月、ノルウェー秘密国家警察によってユダヤ人全員がオスロ埠頭へ移送される。そこには、ユダヤ人を乗せてアウシュビッツへと向かう船が待ち構えていた。出演は「獣は月夜に夢を見る」「トム・オブ・フィンランド」のヤーコブ・オフテブロ、「ソフィーの世界」のシルエ・ストルスティン、「ミレニアム」シリーズのミカリス・コウトソグイアナキスら。監督は「HARAJUKU」のエイリーク・スベンソン。

2020年製作/126分/PG12/ノルウェー
原題:Den storste forbrytelsen
配給:STAR CHANNEL MOVIES

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0浮き彫りになる幾つもの表情に胸えぐられる

2021年8月30日
PCから投稿

ナチスによる大量虐殺を描いた映画は数多い。が、本作のような作品に触れると、その一つ一つに事情の異なる惨劇が刻まれていることに胸えぐられる思いがする。例えばこの映画の舞台はノルウェーで、当地には当地特有の、今なお禍根を残す事情が刻まれている。ここにはナチス侵攻後、手先となってユダヤ人政策を推し進めた秘密警察の存在があった。すなわち同国民の手によって多くの人が収容所へ送られたのである。幸福の中にあったユダヤ人家族がたどる運命に焦点をあてつつも、やはり強烈な印象を残すのは、ごく普通の人々が淡々と職務を遂行するように政策遂行に手を染める姿。人はおのれが悪魔へ変貌しているときほど、その事実に気づかない。あるいは気づいていても平然と自分を正当化しようとしているかのようだ。そうした幾つもの表情が本作では克明に浮き彫りにされ、言いようのない衝撃が広がる。これもまた人類の教訓として受け止めるべき一本である。

コメントする
共感した! (共感した人 10 件)
牛津厚信

3.5進行中のジェノサイドには口を噤み、70年前の話をぶり返して正義面する。

2021年10月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
bloodtrail

4.0ノルウェーでのホロコースト

りあのさん
2021年10月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

怖い

第2次世界大戦中のノルウェー。ユダヤ人一家のブラウデ家はボクサーの息子チャールズが結婚し、幸せな生活を送っていた。しかし、ナチスドイツがノルウェーに侵攻し、世帯調査を行い、ブラウデ家の人達をはじめとするユダヤ人男性はベルグ収容所に連行され、過酷な労働を強制された。残された妻や母たちは父や夫の帰りを待ちながら、スウェーデンへ逃亡する準備も進めていた。しかし、1942年11月、ノルウェー秘密国家警察によってノルウェーのユダヤ人全員がオスロ埠頭へ移送され、船に乗せられ、アウシュビッツへ送られた。着いた日にシャワーを浴びるという名目で全裸にされガス室へ送られて全員虐殺されたホロコーストのノルウェー版の話。
ユダヤ人に対する虐殺の作品は何本も観てきたし、ナチスドイツの酷い行為も知っているが、この作品のポイントはノルウェー人が指示されたとはいえ自国民のユダヤ人に対してホロコーストに加担していた事実だろう。2012年になって初めてノルウェー政府がこの事実を認めたとの事で、やっと作れた作品なのかもしれない。
ノルウェーだけでなくナチスドイツが侵攻した地でのユダヤ人に対する酷い仕打ちは全ての地で起きていたことを予測出来ると思った。
ぜひ知っておきたい、観ておきたい作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
りあの

3.0自分より上なのか下なのか

2021年10月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

人間は意識しなくても、他人を自分より上なのか下なのかを判断し、接していると思います。
だから、下(ユダヤ人)と判断されてしまた場合は、攻撃対象にされてしまいます。
これは今の社会も同じですね。
学校、会社、または家庭の中でも、発生していると思います。
この問題を解決しない限り、人間は戦争を何度も繰り返すはずです。
だから、ノルウェー人がユダヤ人の迫害に加担していたというのは氷山の一角で、実際はヨーロッパのいたる場所で、似たような迫害が発生していたんだろうな・・と思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はるっち
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る