スウィート・シング

劇場公開日:

スウィート・シング

解説

「イン・ザ・スープ」「フォー・ルームス」などで知られるアレクサンダー・ロックウェル監督が、頼る大人をなくした姉弟の悲しくも希望に満ちた旅路を、16ミリフィルム撮影による美しいモノクロ&パートカラー映像で描いたファンタジー。マサチューセッツ州ニューベッドフォードで暮らす15歳の少女ビリーと11歳の弟ニコ。一緒に暮らす父アダムは普段は優しいが酒のトラブルが尽きず、ある日ついに強制入院させられることに。他に身寄りのない姉弟は、家を出ていった母イヴの元を目指すが……。監督の実子ラナ・ロックウェルとニコ・ロックウェルが主人公の姉弟を演じ、監督のパートナーであるカリン・パーソンズが母イヴ役、「ミナリ」のウィル・パットンが父アダム役を務めた。2020年・第70回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門で最優秀作品賞を受賞。第33回東京国際映画祭「ユース」部門では「愛しい存在」のタイトルで上映されている。

2020年製作/91分/G/アメリカ
原題:Sweet Thing
配給:ムヴィオラ
劇場公開日:2021年10月29日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

Photo Credit: Lasse-Tolboll

映画レビュー

4.0監督の実子である姉弟の存在感に目を奪われる。

2021年12月31日
PCから投稿

アレクサンダー・ロックウェルが、映画学校の教え子たちをスタッフに、実子のラナ・ロックウェルとニコ・ロックウェルを主演に描いた完全インディーズのロードムービーだ。いや、ロードムービーパートは後半であり、劣悪な環境で生きる子供たちのピュアネスを描いたファンタジーとも言える。

とにかくこの映画は、ラナとニコに惹き込まれずにいられない。よくもまあ実の子供をここまで役者として輝かせられるものかと感心するばかりだが、とりわけ演技だけでなく歌も披露して作品の世界観を体現するラナには映画を支える覚悟があったように感じられる。

モノクロのざらついた画面に時折カラー映像が挿入されるのだが、その変化に特に脈絡が感じられるのも、なんだかプラスに作用している。理屈だけでは作れない創作のひとつの形なのだと思う。あとこの映画だけでなく『ミナリ』やケリー・ライカートの諸作に出まくっているウィル・パットンは、ある意味でインディーズ映画の天使な気がしてくる。

この映画での酒に溺れるどうしようもない好人物というキャラクターは、ウィル・パットンのキャリアでも最高の役柄だと思うので、数少ないパットンファンは必見だと思いますよ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
村山章

4.0いい雰囲気しかしない

2023年6月3日
Androidアプリから投稿

冒頭のショッピングモールのシーンでもうこれ絶対いい映画だと確信。というか絶対好きなタイプ。貧しいながら必死に生きる人たちの描写を見ると涙出そうになっちゃうのよね。ニコがほしがってたオモチャのマシンガンをちゃんとクリスマスプレゼントにあげるのとか、それをアルミホイルで包むのとか何故かうるうるしちゃう。お父さんが無理やりビリーの髪切るのも酷いけど乱暴とか虐待の感じはしなくて直前に行きずりの不良たちに髪がステキだって声かけられたのがフリになってて描写が丁寧!エンドロールで二人の名前がロックウェル、プロデューサーにサム・ロックウェルの名前があったから彼の子供か!と興奮したけど監督の方のロックウェルの子どもたちでしたね。二人ともとても良い雰囲気。パパとママ、ママとその彼氏、トレーラーの夫婦みんな黒人女性と白人男性のカップルなのは監督自身を投影してるのかしら。でもあんな酷かったママがしれっと戻ってくるのはちょっと解せないですけどね。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
三毛猫泣太郎

3.5スウィートシング=愛する人

2022年2月7日
iPhoneアプリから投稿

キネマ旬報推奨だったこともあって、観に行きました。

スウィートシング=愛する人なのだけれども、恋愛映画って訳じゃない。家族愛、友情。そういうもの。

素敵なのは、愛を伝えるべき両親から子供への溢れんばかりの愛、ではなくて、子供からの「ダメな両親であっても、親。会いたいな」という気持ちが、うっすらと、しかししっかりと流れている映画だってこと。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
CB

3.5ラナ・ロックウェルの魅力

2022年1月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

萌える

マサチューセッツ州で暮らす15歳の少女ビリーと11歳の弟ニコは、父と一緒に暮らしていたが、普段は優しいが酒を飲むと問題の父親が強制入院させられることになった。身寄りのない姉弟は、家出した母イヴを訪ね、着いたらDVの彼氏がいた。彼氏のボーから暴力を振るわれ性的虐待を受け、母からも邪魔者扱いされたので、そこから逃げ出し、そこで出会ったマリクを含めた3人で 再び父の元へ旅する話。
クソ両親と母親のクソ彼氏、なんとかならんのかいな、って観てた。
この作品はビリー役のラナ・ロックウェルの魅力に尽きる。弟役のニコとマリクもまぁ良かったが、やっぱりビリーだ。
ボーやイプに殴られた時の表情が良かったし、歌も良かったし、川で泳ぐ姿も良かった。
監督の実子らしいが、また観たいと思った。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
りあの
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る