THE CROSSING 香港と大陸をまたぐ少女

劇場公開日

THE CROSSING 香港と大陸をまたぐ少女
8%
51%
34%
2%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

香港と中国・深センという隣接する2つの地域を行き来し、それぞれにアイデンティティを持つ少女を主人公に、香港と中国大陸の越境問題や経済、社会情勢、現地の青少年の裏事情など、さまざまな実情をリアルに重ねながら、青春のみずみずしさを描いた中国映画。香港人の父と中国人の母を持つ16歳の高校生ペイは、深センから香港へ越境通学している。母は家で友達と麻雀に興じてばかりで、父は香港で別の家族を持ち、国境付近でトラック運転手をしている。孤独なペイにとって一番楽しいのは、学校で親友ジョーと過ごす時間だった。2人は日本の北海道へ旅行に行くことを夢見て小遣い稼ぎしているが、ある日、船上パーティでハオという青年に出会う。クールなハオにジョーが好意を抱くなか、ペイはハオからスマートフォンを香港から深センへ持ち出す密輸の仕事を持ち掛けられる。ペイは旅費欲しさに、その裏仕事を引き受けてしまうが……。2019年・第14回大阪アジアン映画祭では「過ぎた春」のタイトルでコンペティション部門で上映され、監督のバイ・シュエが「来るべき才能賞」を受賞した。

2018年製作/99分/PG12/中国
原題:過春天 The Crossing
配給:チームジョイ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0越境通学

2021年3月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公は深センに住み、隣の本校の高校に通う女子高生で、父は香港人、母は中国人だ。
お金をためて日本に行くのが夢で、アルバイトに精を出しているが、もっと稼ぐために密輸に手を出す。
香港と中国、今は殆ど同じになってしまったようだ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

4.0無防備で危うい思春期の少女の描き方が秀逸

こころさん
2021年3月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
こころ

3.0アジアン映画祭で観るか迷ったけど、他のにしといてよかったかな。TV...

Shiroさん
2021年3月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

アジアン映画祭で観るか迷ったけど、他のにしといてよかったかな。TVで十分。
実際ありそうな犯罪が書かれてるだけで、本人たちの感情があまり書かれてなくて残念。
自分も深圳↔️香港何度か行き来したのでああいう学生さんたちねというのは理解。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Shiro

3.0題材はユニークで興味深いが…

2020年12月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

中国の一国ニ制度を背景に、香港と大陸部深センを越境通学する女子高生が、北海道旅行の金欲しさに、スマホの密輸に手を染めていくというユニークで興味深い作品。主人公も新垣結衣に似た感じで可愛らしく、青春映画にもなっている。
しかし、背景がある程度分かっていないと、それぞれのシーンが香港部なのか大陸部なのか、登場人物の関係がどうなっているのか、すぐには飲み込みづらい。
主人公と相手役が互いにスマホを体に巻き付けあうシーンなど、印象深いシーンはあるが、全体としては、それぞれのシーンがぶつ切りで終わって、羅列的になっているように感じた。
親子関係や友人関係も含めて「越境」することが作品全体のテーマだと思うが、主人公のエモーションをもっと描いてほしかった。
一方で、現実の社会政治情勢では、香港の中国化が進んで、こうした作品が作られなくなるだろうと思うと、感慨深い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
山の手ロック
すべての映画レビューを見る(全23件)

他のユーザーは「THE CROSSING 香港と大陸をまたぐ少女」以外にこんな作品をCheck-inしています。