水俣曼荼羅

劇場公開日

  • 予告編を見る
水俣曼荼羅

解説

「ゆきゆきて、神軍」「全身小説家」「ニッポン国VS泉南石綿村」などを世に送り出してきたドキュメンタリー映画の鬼才・原一男監督が20年の歳月をかけて製作し、3部構成・計6時間12分で描く水俣病についてのドキュメンタリー。日本4大公害病のひとつとして広く知られながらも、補償問題をめぐっていまだ根本的解決には遠い状況が続いている水俣病。その現実に20年間にわたりまなざしを注いだ原監督が、さながら密教の曼荼羅のように、水俣で生きる人々の人生と物語を紡いだ。川上裁判で国が患者認定制度の基準としてきた「末梢神経説」が否定され、「脳の中枢神経説」が新たに採用されたものの、それを実証した熊大医学部・浴野教授は孤立無援の立場に追いやられ、国も県も判決を無視して依然として患者切り捨ての方針を続ける様を映し出す「第1部 病像論を糾す」、小児性水俣病患者・生駒さん夫婦の差別を乗り越えて歩んできた道程や、胎児性水俣病患者とその家族の長年にわたる葛藤、90歳になってもなお権力との新たな裁判闘争に懸ける川上さんの闘いの顛末を記した「第2部 時の堆積」、胎児性水俣病患者・坂本しのぶさんの人恋しさとかなわぬ切なさを伝え、患者運動の最前線に立ちながらも生活者としての保身に揺れる生駒さん、長年の闘いの末に最高裁勝利を勝ち取った溝口さんの信じる庶民の力などを描き、水俣にとっての“許し”とはなにか、また、水俣病に関して多くの著作を残した作家・石牟礼道子の“悶え神”とはなにかを語る「第3部 悶え神」の全3部で構成される。

2020年製作/372分/日本
配給:疾走プロダクション

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
構成
秦岳志
エグゼクティブプロデューサー
浪越宏治
プロデューサー
小林佐智子
原一男
長岡野亜
島野千尋
整音
小川武
編集
秦岳志
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)疾走プロダクション

映画レビュー

4.0水俣曼荼羅を見て感じたこと

2022年7月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

興奮

1 水俣病の現状と患者認定を巡る争いを描いたドキュメンタリー。

2  水俣病の原因と原因企業は1960年代に既に明らかになっている。今回の映画で扱っているのは、ここ15年の動き。患者認定を巡り、国・熊本県と相対する住民・医師など支援者たちとのせめぎ合いや生身としての患者の人間性が捉えられている。

3 水俣病の病像を扱うパートの中で、非主流派の医師二人が患者の麻痺の部位を丁寧に調べ、国の患者認定基準の根拠であった病気のメカニズムをひっくり返した。住民が原告となった裁判でその論拠が採用され住民の逆転勝訴となり確定。それでも、国は患者認定基準を見直さず、熊本県は国が決めたからとして、基準をそのまま運用し、申請者を次々と落としている。そして一部の人だけが裁判に訴える。映画を通じて、支援者たちの覚悟の強さと行政側の無責任体質や権威主義が見えてくる。

4 その一方で、時の経過とともに、劇症患者の減少や被害者を保障救済する制度が外形的に整備され、水俣病に対する社会的関心の薄れや地元住民の被害者意識の低下も見られる。このまま推移すれば、患者の高齢化により患者数は減少をたどり、近い将来には水俣病は過去の出来事となってしまう。熊本県は水銀で汚染されたヘドロを浚渫し、湾内に設けたポケットに閉じ込めたから安全だとするが、施設や資材の耐久性からは万全とは言えず、継続的な環境モニタリング調査は不可欠であろう。

5 本作は、ほとんどが原一男が追っかけ取材した膨大な記録から編集した労作である。そこには闘いの記録のみならず、原がシンパシーと人間力を持って住民側と接し信頼関係を築いたことで、患者たちから無防備で生身の姿を引き出した。その一方、情報量が多く、時代経過が分かりにくかったように覚えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コショワイ

4.0現在進行形の未解決問題

りあのさん
2022年5月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

原一男監督が15年の撮影と5年の編集で計20年の歳月をかけ、3部構成で計6時間12分もある、水俣病に関するドキュメンタリー作品

水俣病についてはジョニーデップが写真家役で出たMINAMATAを観た時も、知らないことが多いなぁ、と思ったが、この作品を観て、さらに多くの未知の事実を知れた。

・補償問題はいまだ根本的解決には遠い状況が続いている
・患者認定制度の基準としてきた「末梢神経説」が否定され、「脳の中枢神経説」が新たに採用された
・国も県も最高裁の判決を無視して依然として患者切り捨ての方針を続けている

など、現在進行形なんだと改めて知れた。
小児性水俣病患者・生駒さんの大変さ、90歳過ぎても新たな裁判闘争に懸ける川上さんの気力、胎児性水俣病患者・坂本しのぶさんの恋する乙女心、など見所満載のドキュメンタリーだった。
3部作で途中2回の休憩含め6時間半もあり、長いんだけど、引き込まれてそれほど長さを感じなかった。
観賞後原一男監督と島野千尋プロデューサーが登壇されトークショーがあり、広島の被爆者との共通点などを質疑応答出来て良かった。
長い作品なので、観る勇気が必要だけど、ぜひ多くの人に現在進行形なんだという事を観て知ってもらいたい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りあの

2.0行政マンは冷酷な外道か?

2022年2月15日
iPhoneアプリから投稿

当たり前の事しか言えず吊し上げられる行政マンは冷酷な外道か?
凡庸な普通人だろう彼ら側の内情と職業人としての生き様は撮れなかったのか。
彼らの背後から恐々様子を窺う国民という私達。
被害者団の切実だけを撮る忖度呪縛など無いと思いたい。
両極を同量撮るべき事態と思うが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

5.0 素晴らしかった。時間もかかっているが、対象の持っている圧倒的な厚...

えみりさん
2022年1月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

 素晴らしかった。時間もかかっているが、対象の持っている圧倒的な厚みに、映画は決して引けを取らず、素晴らしかった。6時間もあっという間だった。
 わたし的には、浴野の学者としての生き方が素晴らしいと思った。そして、御用学者たちの酷さを思った。
 脳にまつわる特異な欠陥については、ちゃんと調査をすれば、医学的にもすばらしいものでもあることがわかる。放射能と同様、目に見えないところで人に与えている影響を思う。
 みちさんには、去年、水俣でお会いしているだけ、その激しい若い情熱に打たれた。官僚の、上告については謝らないというメモを発見して奪うシーンは圧巻。
 実子ちゃんは、スミスにとっても重要な少女だった。年をとっても、あの表情の面影がある。原監督は笑顔を取りたかったようだけれど、ラストシーンで、そうでない顔を取ってしまったことには、出来事性がある気もする。
 アル中だと言って酔っぱらった二宮先生が、患者はうまいものがわからず、セックスもこすってる感覚しかない、文化が奪われると叫んで泣くシーンは胸を打つ。それがない障害者は人間じゃないのかとは言いづらいので、難しいけれど、奪われる人にとっては大事なことだ。そして、日本はこういうことを評価できない国。
 原さんは古いジェンダー体質。恋多き女と言っても、あのように踏み込むのは、男性にとってもハラスメントっぽい。しのぶちゃんもコクられたと歌で言ってるのに、その証言は扱っていない。原さんは、振られ続ける人生、と自分のカテゴリーの中で彼女を見ており、失礼だ。
 温泉での夫婦のシーンも、ちょっとした二人のやり取りに愛が感じられるとはいえ、初夜についての原監督の決めつけは、ちょっと不愉快な感がある。
 しのぶちゃんが自立したいけど、母親が難色を示す点での介入はよい。CP撮っただけある。
 整理しきれないような不調和な材料が生のままのように放り込まれていて、それもすれすれ編集の一環なのだろう。
 みちさんのお父さんも出ていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
えみり
すべての映画レビューを見る(全9件)