アーニャは、きっと来る

劇場公開日

アーニャは、きっと来る
14%
55%
26%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イギリスの児童文学作家マイケル・モーパーゴの同名小説を映画化し、ナチス占領下のフランスを舞台にユダヤ人救出作戦の行方を描いたヒューマンドラマ。1942年、ピレネー山脈の麓にある小さな村。生活の大半を羊飼いとして過ごす13歳の少年ジョーは、ユダヤ人の男性ベンジャミンと出会う。彼はユダヤ人の子どもたちを安全なスペインへ逃がす計画を企てており、ジョーも手伝うことに。その一方で、ジョーは個人的な悲しみの感情を共有することで、ドイツ軍の下士官と親しくなる。ドイツの労働収容所から帰国したジョーの父親は荒れていたが、ジョーのユダヤ人救出作戦への関与を知ると協力を約束。村人たちが一致団結して子どもたちを逃がす日が迫る中、ベンジャミンが待つ娘アーニャは一向に現れず……。Netflixドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のノア・シュナップが主演を務め、祖父アンリをジャン・レノ、救出作戦の主導者オルカーダをアンジェリカ・ヒューストンが演じる。

2019年製作/109分/G/イギリス・ベルギー合作
原題:Waiting for Anya
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)Goldfinch Family Films Limited 2019

映画レビュー

3.5子供から大人まで親しみやすい語り口が魅力

2020年11月28日
PCから投稿

このところ、ナチスドイツやユダヤ人を描いた映画となると、リアリティを追求したシビアな物が多かったが、一方の本作はモーパーゴの同名小説をベースにしていることもあり、各々のキャラクターであったり、登場人物が心を一つに何かをやり遂げようとする姿にこそ中心を据えているようにも思える。ノア・シュナップが演じる羊飼いの、ユダヤ人少女たちを逃がす手伝いをしながら徐々に使命感を高ならせていく姿が非常に健気で、透明感溢れる佇まいや瞳に惹きつけられてやまない。トーマス・クレッチマン演じるナチス下士官もまた、画一的ではないドイツ兵を内面深く演じる。喪失感を重ね合わせた彼と少年が束の間の擬似父子のように思えるのも、おそらくこの場所が、過酷な現実を忘れさせる圧倒的自然の中だからこそ。ある意味、性善説が強調された物語であるし、親子そろって味わって、この時代のことや主人公の気持ちについて理解を深めることのできる作品だ。

コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
牛津厚信

2.0伍長との交流…

ケイさん
2021年9月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ケイ

3.0時代考証の再現度より、分かり易さを求めた児童映画の時代を越えて伝えたいこと

Gustavさん
2021年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ナチスの虐待からユダヤ人を救う第二次世界大戦の歴史考証の一編。舞台はスペインとフランスの国境沿いのピレネー山脈の麓のレスカン村で、主人公は代々続く羊飼いの13歳の少年ジョー。イギリスの児童文学者マイケル・モーパーゴの1990年に発表した『Waiting for Anya』を原作とし、イギリスとベルギーの合作映画となっている。その為か、登場するフランス人もドイツ人も英語で台詞を語る。また、主人公を演じるのがアメリカ人のノア・シュナップという少年で分かるように、これは時代考証を密にした実録の戦争秘話を語るコンセプトの作品ではなく、あくまで児童文学の平明さと優しさから誕生したイギリス映画であり、戦後40年以上過ぎて還暦に近い主人公ジョーが、当時の10代の少年だった自分と同じ年代の、今の若い人達に伝えたい内容自体に意味がある。
表現の脚本と演出に問題がない訳ではない。ユダヤ人ベンジャミンの義母アリスの元に庇護されるユダヤ人の子供たちがどう集まってきたのかの説明不足や、500頭にも及ぶ羊の移牧の表現力の弱さなど、描写力の不満が残る。ただそれらを指摘し列記してもあまり意味が無いと思う。簡略化した表現の絵本にケチを付けるようで、気が進まない。

ノア・シュナップは、綺麗な顔立ちで純真無垢な少年を好演している。勉強が苦手の田舎の少年までは演じていないが、主人公ジョーの切なさは充分伝わる。彼と敵対しながら不思議な友情を育むドイツの伍長役トーマス・クレッチマンのあまり表情に出さない演技も印象的で、中尉役のトーマス・レマルキスと対照的なドイツ軍人を表現している。知的障害のあるユベールとの交流も、時代背景から考えると珍しい。もう一人の主人公ベンジャミンのフレデリック・シュミットが渋い演技を見せる。但し、祖父役のジャン・レノとアリス役アンジェリカ・ヒューストンの貫禄の演技がやはり目立ち、最終的にはこの二人が作品を救っていると思う。ラストシーンの為に二人の再婚をエピソードに入れたのではないだろうか。その優しさがいい。

4年の捕虜収容所から帰還した父親が酔い潰れてベットに運ばれるところで、虐待を受けた父の背中を労わる母親の姿をドア越しに見詰めるジョーのカット。美しくも険しいピレネー山脈の山肌を移動する羊のシーンの俯瞰ショットの素晴らしさ。特筆すべきシーンも多く、特に鷲の飛翔をモンタージュしたカメラアングルがいい。伍長がジョーに聴かせるように朗読する詩の内容と鷲が結び付く。鷲から見える視点に神の存在を意味付けている。ジョーの行き着いた一つの言葉は、憎むものを哀れむこと。分かり易い表現で作られた青少年のための児童映画の良作である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Gustav

3.5ピレネー山脈

2021年8月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ナチスに占領されたフランス、南部は進駐が遅かった。
逃れてきたユダヤ人をスペインに逃がすフランス人がいた。
主人公の少年(ノア・シュナップ)は手伝うことになるが、進駐してきたドイツ人将校とも仲良くなってしまう。
アーニャはやってくるのか?

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全53件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「アーニャは、きっと来る」以外にこんな作品をCheck-inしています。