ヒロシマ・ナガサキ 75年前の真実

ヒロシマ・ナガサキ 75年前の真実
0%
33%
67%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

Huluとヒストリーチャンネルの共同製作による、広島と長崎に投下された原爆にまつわる真実をたどったドキュメンタリー映画。原爆を生み出したマンハッタン計画を遂行した研究者たちの焦燥や葛藤が、当事者の肉声や実録映像をもとに語られるアメリカ側の視点と、原爆投下前の日本の日常風景や被爆直後の焦土と化した広島と長崎の記録映像と被爆者の声で語られる日本側の視点。日米双方の姿を客観的にとらえ、原爆投下に関する真実を時系列を追って描いている。戦後75年を経て初公開となる、アメリカ側が撮影した被爆地の映像や原爆を開発した研究者の肉声なども含まれている。監督は「氷上の王、ジョン・カリー」「パンターニ 海賊と呼ばれたサイクリスト」のジェームズ・エルスキン。2020年8月2日からHuluで配信。

2020年製作
原題:Hiroshima and Nagasaki: 75 Years Later

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2020 A&E Television Networks. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5科学者側の視点で描かれる原爆

2020年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

広島と長崎への原爆投下の過程を、アメリカ側、特にマンハッタン計画に参加していた科学者たちの視点で捉えたドキュメンタリー作品。当時の科学者たちの肉声や記録映像がふんだんに使われている。きちんとアーカイブを残しているということ大前提として重要だ。この作品を作れること自体がアーカイブの大切さの証明だ。
科学者たちの間でもかなりの葛藤があったこと、被爆地に訪れた科学者がいて、医療行為に従事した人がその悲惨さを目の当たりにしていたことなど、日本で作られる作品とは異なる視点で原爆の恐ろしさを伝えている。悲惨な映像も一部あるので見る時はその覚悟をしていてほしい。
戦争途中で就任したトルーマン大統領がどのような情報に触れて原爆投下を決断したのかなど、政治の流れも詳細に描いている。
これはHuluジャパンとヒストリーチャンネルの共同制作だが、日本以外の先進国においても原爆投下の歴史的評価は変化しつつあることを本作は感じさせる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

3.0核が無い平和はもう来ない

2020年8月6日
iPhoneアプリから投稿

 アメリカが必要悪だとか核爆弾を投下した事で、別の大勢の人々を救ったという内容を見て、落胆した。
原爆投下して数ヶ月、数年後でこんなにもアメリカと日本で明暗が分かれるとは虚しさを覚えてしまう。
 日本にはもっと早く降伏を選んで欲しかったと悔やみ切れない。アメリカに攻められたのもあるが、日本軍の上層部のせいで、ここまで酷い惨劇が続いてしまった事が要因の一つだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハイマウKTM
すべての映画レビューを見る(全2件)

他のユーザーは「ヒロシマ・ナガサキ 75年前の真実」以外にこんな作品をCheck-inしています。