哀愁しんでれら

劇場公開日

哀愁しんでれら
哀愁しんでれら
10%
39%
34%
11%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

土屋太鳳が主演を務め、幸せを追い求める真面目な女性が社会を震撼させる凶悪事件を起こす姿を描いたサスペンス。市役所に勤める小春は平凡な毎日を送っていたが、ある夜、不幸に見舞われ全てを失ってしまう。人生を諦めかけた彼女の前に、8歳の娘を男手ひとつで育てる開業医・大悟が現れる。優しく裕福で王子様のような大悟に惹かれた小春は、彼のプロポーズを受け入れ、不幸のどん底から一気に幸せの絶頂へと駆け上がるが……。「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、「かしこい狗は、吠えずに笑う」の渡部亮平監督がオリジナル脚本で映画化した。

2021年製作/114分/G/日本
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • アンチクライスト
  • ブリムストーン
  • ボーグマン
  • トラフィッカー 運び屋の女
  • X 謀略都市
  • ブルー・マインド
  • バニー・ザ・キラー
  • ハンガリー連続殺人鬼
  • ザ・ドア 交差する世界
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

映画レビュー

3.0誰もが知る「シンデレラ」の話の、本質を抉るような着想は面白い。ただ、終盤の展開は賛否両論必至?

2021年2月5日
PCから投稿

本作は「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを受賞した脚本を基に作られた作品で、受賞後にキャスティング等が決まり2019年12月に撮影が行われました。
これまでに「3月のライオン」(2017年)や「ビブリア古書堂の事件手帖」(2018年)などの脚本を手掛けてきた渡部亮平のオリジナル脚本による初の商業映画監督作品です。
前半50分くらいまでの、文字通りの「シンデレラストーリー」はなかなか面白いと思います。
冒頭の土屋太鳳が教室の机を歩くシーンの撮影手法は、様々なものを暗示していて独自性があります。
50分以降の後半からは、作品のタイトルが示唆するように「哀愁」が漂い始めます。
誰もが知っている「シンデレラ」の物語。でもそれは「実は怖い面がある」といった意外な本質を抉り、徐々に「サスペンス映画」の様相を呈してきます。
さらに加速していき、もはや「○○○映画」というジャンル分けのほうがしっくりくるのかもしれない展開となり…。

土屋太鳳は出演依頼を3回断ったのも理解できるくらいの難役でしたが、キチンと「代えがたい存在感」を発揮し役割を果たせていました。
田中圭も安定感のある演技で上手く相乗効果を生んでいました。
特に(伏線はあるとはいえ)論理が飛躍するようにも思えるラストはかなり賛否が分かれるかと思います。
実際に「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM」の最終審査の場でも議論が紛糾したようです。
それでもこの実験的な作品は、脚本上は伏線等を回収できているので世に出してみる価値はあります。
ちなみに、衝撃的な内容に神経を奪われがちですが、特に冒頭とエンディングの音楽は良いと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 20 件)
細野真宏

3.5本当の家族とは。現代を彩る、怖すぎるおとぎ話。

2021年3月18日
PCから投稿

悲しい

怖い

知的

【賛否両論チェック】
賛:家族を愛するがゆえに歪んでいってしまう、ヒロインの心が痛々しい。
否:まさにおとぎ話を地で行くような、ありえない展開の連続なので、その辺りの好みは分かれそう。ラブシーンもかなりあり。

 一言でいうなら、
「(怖い意味で)家族って・・・何?」
って感じさせる作品です。
 不幸の果てに出逢った、運命の人。彼とその愛娘と懸命に向き合おうとすればするほど、次第にヒロインの心が歪んでいってしまうのが、切なくも痛々しく映ります。以前は、いわゆる“モンスターペアレント”を蔑視していたはずのヒロインが、次第に自身が“モンスター”となっていく様を通して垣間見えるのは、家族への愛情が生み出す“いびつさ”です。
 ただラブシーンがかなりあるので、一緒に観る人は選んだ方がイイかもしれません(笑)。
 ひと筋縄ではいかない、現代の大人向けおとぎ話ですので、気になった方は是非チェックしてみて下さい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
門倉カド(映画コーディネーター)

2.0和・洋・中全て今一歩なビュッフェのような作品だが、給仕は優秀

2021年3月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Full_Contact

4.0前半と後半の差がすごいです。

ぴーさん
2021年3月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

中盤までは恋愛ドラマでよくありそうなシンデレラストーリーで見ているだけでドキドキしました。あ〜これから素敵な彼とその愛娘と幸せになるんだなぁ〜!と思いました。が、幸せ絶頂、後は下るだけ!と言わんばかりにとんでもない転落の仕方をします。前半と後半の差が激しくて余計につらく感じました。
上手く説明できませんが、どうしてモンスターペアレントになってしまう人がいるのか、少しわかったような気がします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぴー
すべての映画レビューを見る(全151件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「哀愁しんでれら」以外にこんな作品をCheck-inしています。