哀愁しんでれら

劇場公開日

哀愁しんでれら
8%
37%
37%
12%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

土屋太鳳が主演を務め、幸せを追い求める真面目な女性が社会を震撼させる凶悪事件を起こす姿を描いたサスペンス。市役所に勤める小春は平凡な毎日を送っていたが、ある夜、不幸に見舞われ全てを失ってしまう。人生を諦めかけた彼女の前に、8歳の娘を男手ひとつで育てる開業医・大悟が現れる。優しく裕福で王子様のような大悟に惹かれた小春は、彼のプロポーズを受け入れ、不幸のどん底から一気に幸せの絶頂へと駆け上がるが……。「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、「かしこい狗は、吠えずに笑う」の渡部亮平監督がオリジナル脚本で映画化した。

2021年製作/114分/G/日本
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

映画レビュー

3.0誰もが知る「シンデレラ」の話の、本質を抉るような着想は面白い。ただ、終盤の展開は賛否両論必至?

2021年2月5日
PCから投稿

本作は「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを受賞した脚本を基に作られた作品で、受賞後にキャスティング等が決まり2019年12月に撮影が行われました。
これまでに「3月のライオン」(2017年)や「ビブリア古書堂の事件手帖」(2018年)などの脚本を手掛けてきた渡部亮平のオリジナル脚本による初の商業映画監督作品です。
前半50分くらいまでの、文字通りの「シンデレラストーリー」はなかなか面白いと思います。
冒頭の土屋太鳳が教室の机を歩くシーンの撮影手法は、様々なものを暗示していて独自性があります。
50分以降の後半からは、作品のタイトルが示唆するように「哀愁」が漂い始めます。
誰もが知っている「シンデレラ」の物語。でもそれは「実は怖い面がある」といった意外な本質を抉り、徐々に「サスペンス映画」の様相を呈してきます。
さらに加速していき、もはや「○○○映画」というジャンル分けのほうがしっくりくるのかもしれない展開となり…。

土屋太鳳は出演依頼を3回断ったのも理解できるくらいの難役でしたが、キチンと「代えがたい存在感」を発揮し役割を果たせていました。
田中圭も安定感のある演技で上手く相乗効果を生んでいました。
特に(伏線はあるとはいえ)論理が飛躍するようにも思えるラストはかなり賛否が分かれるかと思います。
実際に「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM」の最終審査の場でも議論が紛糾したようです。
それでもこの実験的な作品は、脚本上は伏線等を回収できているので世に出してみる価値はあります。
ちなみに、衝撃的な内容に神経を奪われがちですが、特に冒頭とエンディングの音楽は良いと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 24 件)
細野真宏

2.5ラストが賛否両論

2022年3月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
あおねる

2.5嫌いじゃない

2022年3月15日
iPhoneアプリから投稿

徐々におや?雲行きが怪しいぞ?ってな感じのストーリー大好きなやつは好き
でもみんなが言ってるようにもうちょっと細かい描写や設定とか最後のあやふやな終わり方はマイナスポイントだね
それと指輪って結局どこにいっちゃったの??
子供の演技がうますぎて張り倒したくなるくらいにうざい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
わんわんお

3.0中盤までは良かったのに…

mi2さん
2022年2月28日
iPhoneアプリから投稿

悲しい

怖い

単純

内容は主人公の女性がバツイチお医者さんと素敵な結婚。幸せな生活と思いきや、家庭内のトラブルが重なり狂っていく、というような話。中々面白そうな題材ではありました。

土屋太鳳さんも子役のcocoさんもめちゃくちゃ良い演技してるし、中盤までの内容は主人公の不幸具合に胸が苦しくなる部分があったり子供の悪女具合にこのヤロー!と思ったり感情が揺さぶられて食い入って観てました。が、ラストがどうしても受け入れられない。取ってつけた感満載で、捻りもない、小中学生向けの怖い話のオチのような安っぽい仕上がりになっています。

物語に関しても一点。序盤で物語に重要な意味を持つインスリンが登場します。主人公のお父さんが説明口調で「インスリンの致死量は〜」というシーンがあり、もしかして…と、いつもはあまりミステリーの伏線などに気づけない私でも分かるほどあのシーンは浮いていました。

終わり良ければ全て良しではないですが、映画において終わり方は大切だなと改めて思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
mi2
すべての映画レビューを見る(全171件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る