哀愁しんでれら

劇場公開日:

哀愁しんでれら

解説

土屋太鳳が主演を務め、幸せを追い求める真面目な女性が社会を震撼させる凶悪事件を起こす姿を描いたサスペンス。市役所に勤める小春は平凡な毎日を送っていたが、ある夜、不幸に見舞われ全てを失ってしまう。人生を諦めかけた彼女の前に、8歳の娘を男手ひとつで育てる開業医・大悟が現れる。優しく裕福で王子様のような大悟に惹かれた小春は、彼のプロポーズを受け入れ、不幸のどん底から一気に幸せの絶頂へと駆け上がるが……。「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、「かしこい狗は、吠えずに笑う」の渡部亮平監督がオリジナル脚本で映画化した。

2021年製作/114分/G/日本
配給:クロックワークス
劇場公開日:2021年2月5日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

映画レビュー

3.0誰もが知る「シンデレラ」の話の、本質を抉るような着想は面白い。ただ、終盤の展開は賛否両論必至?

2021年2月5日
PCから投稿

本作は「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを受賞した脚本を基に作られた作品で、受賞後にキャスティング等が決まり2019年12月に撮影が行われました。
これまでに「3月のライオン」(2017年)や「ビブリア古書堂の事件手帖」(2018年)などの脚本を手掛けてきた渡部亮平のオリジナル脚本による初の商業映画監督作品です。
前半50分くらいまでの、文字通りの「シンデレラストーリー」はなかなか面白いと思います。
冒頭の土屋太鳳が教室の机を歩くシーンの撮影手法は、様々なものを暗示していて独自性があります。
50分以降の後半からは、作品のタイトルが示唆するように「哀愁」が漂い始めます。
誰もが知っている「シンデレラ」の物語。でもそれは「実は怖い面がある」といった意外な本質を抉り、徐々に「サスペンス映画」の様相を呈してきます。
さらに加速していき、もはや「○○○映画」というジャンル分けのほうがしっくりくるのかもしれない展開となり…。

土屋太鳳は出演依頼を3回断ったのも理解できるくらいの難役でしたが、キチンと「代えがたい存在感」を発揮し役割を果たせていました。
田中圭も安定感のある演技で上手く相乗効果を生んでいました。
特に(伏線はあるとはいえ)論理が飛躍するようにも思えるラストはかなり賛否が分かれるかと思います。
実際に「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM」の最終審査の場でも議論が紛糾したようです。
それでもこの実験的な作品は、脚本上は伏線等を回収できているので世に出してみる価値はあります。
ちなみに、衝撃的な内容に神経を奪われがちですが、特に冒頭とエンディングの音楽は良いと思います。

コメントする (0件)
共感した! 28件)
細野真宏

3.0他者依存の結末

2024年1月10日
スマートフォンから投稿

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
中○○夫アソチ

3.0子役の子演技上手い

2024年1月4日
スマートフォンから投稿

怖い

子役の子演技素晴らしい
なんかこわいねー
結末びっくり

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ねこ

1.0完璧主義が行き過ぎると

2023年9月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

こうなってしまうのか‥っていう究極論で空想の世界観

見始めた時はあれ?ホラーじゃないのって感じ
ストーリー展開はトントン進んでいくから
そんなに見飽きたって感じはなかったけど
最後にドスンと来る。

でも、伏線回収がされてないから
モヤモヤ感が残る映画だった。
結局、誰もが狂ってたけど、どこから?って思う。

土屋太鳳ちゃんも田中圭さんも、
COCOちゃんも演技は素晴らしかったから
余計に残念。
田中圭さんの狂ってるポイントはあったけど
結局、回収されないままでモヤモヤ。
子供は母親に甘えたかったんだね。内緒話を父親にバラされて反抗的な態度を取った?
が一番濃厚だけど、確信的なものがもう一押し足りない。
好きな男の子から犯人扱いされて
男の子はどんな気持ちで言ったんだろう。謎。

土屋太鳳ちゃんは親に貴方の母親は辞めましたって言われて手を振り払われた経験から、あの性格になったのは分かったんだけど、母親からなかなか言われないセリフだよね。
もともとそういう気質があったのかな?
モヤモヤする〜〜
小説を見なきゃ分からないなら不完全。
小説は心情書いてあるのかな〜

シンデレラストーリーから、
3人だけの世界に堕ちていく様は凄かった。
心が壊れてたね。
最後のお友達からのお手紙を笑って捨てたシーンはゾクっとしたよ。
真実はどうでもいいんだよって感じ。
演技派の演技がヤバかった。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
Ely
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る