がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻

劇場公開日

がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻
がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

石ノ森章太郎の漫画を原作に1974年に放送され、99年にも新作が放送された特撮ロボットドラマ「ロボコン」シリーズの20年ぶりとなる新作劇場作品。町の中華屋・全中華に、ロボットスクールから来たお手伝いロボットのロボコン。トルネード婆々のもとへ出前を届けに行く途中、ロボコンはうれしさのあまりに注文のタンタンメンが入ったオカモチを振り回してしまい、タンタンメンがすっかり汁なしになってしまう。この汁なしタンタンメンをきっかけに、ロボコンの恋するロビンをも巻き込んだ地球規模の大騒動に発展してしまう。アニメ映画「人体のサバイバル!」と、短編アニメ「スプリンパン まえへすすもう!」が同時上映。

2020年製作/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)石森プロ・東映

映画レビュー

4.0「なんでそうなる?」が9割、「だからなんだよ?」が1割

サブレさん
2020年8月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

難しい

ちがう、ちがうんだ。昭和や平成に放送されていたテレビ版ロボコンはこんな…ここまでおかしなものではないんだ。今回のがおかしすぎるんだ。なにしろ今まで観た映像作品の中で最も意味がわからないんだ。

ロッキーホラーショーでさえ、冒涜的な映像暴力からもうっすらとストーリー性を見出すことが可能で、ゆえに意味不明ではあったものの楽しんで観ることができた。しかしこのロボコンは一抹の楽しささえ感じさせることなく、慄然たる狂気の振る舞いをもって、なぜ私が正気を保ったままでいられるのか運命を呪わずにはいられないほどであった。

と、おどろおどろしく語りたくなるほどにおかしなものだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サブレ

3.0他のロボットも出て欲しかった

2020年8月2日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
北斗桃太郎(檀黎斗NEXT)@福岡のレイオニクス

4.5令和…ロボコン♥

2020年8月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
青い閃光

3.5コロナウイルスの混乱期に撮りあげた苦労を思うと涙を禁じ得ない、ある意味力作。

yuiさん
2020年8月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

本作は、初代(1974)、二代目(1999)に続く、三代目となるロボコンを主役に据えた作品。二代目ロボコンを楽しんだ世代も既に親となる世代に入るほど制作期間が開いているため、ロビンちゃんやガンツ先生など幾つかの登場人物や設定は引き継いでいるものの、基本的には本作単体で完結した作品となっています。

物語は中華料理屋に突然ロボコンが現れるところから始まります。この導入部の段階で出演者のオーバーアクションやカメラが寄ったり引いたりを繰り返す、初代でもやらなかったような古風なカメラワークを多用しており、かなり意図的にチープな画面作りに徹している様子。

ロビンちゃんが登場するあたりからその流れは加速、というか暴走し、悪夢に登場する怪物のごとく異形の者に変貌し、ロボコンやヒロシを蹂躙するロビンちゃんの姿に爆笑。しかしこれでいいのか土屋希乃さん。今後のフィルモグラフィに本作が刻まれることを考えると、ちょっと気の毒に思ってしまいました。脚本の浦沢義雄さんももう少し手加減してあげて…。

なお本作は、コロナウイルス感染拡大の混乱の中で撮影しているため、出演者の制作時のコメントを読むとその苦労が垣間見えて、色々と感慨深いものがあります。例えば本作は全てアフレコで撮影しているということで、ヒロシ役の屋鋪琥三郎君などは微妙に口の動きと台詞が合っていないところがあって(でも力演が光っていた)、それが画面のチープさを一層増すことになっています。しかし、これも感染対策の一環として急遽採用された手法とのこと。このように現場で創意工夫しながら作り上げた作品として、今後の映画制作の資料としても価値ある一作となりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
yui
すべての映画レビューを見る(全8件)

他のユーザーは「がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻」以外にこんな作品をCheck-inしています。