おろかもの

劇場公開日:

おろかもの

解説

若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編作品。同映画祭ではグランプリのほか、主演の笠松七海と村田唯の俳優賞や観客賞など5冠に輝き、第16回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭の長編コンペティション部門でも観客賞を受賞するなど、多数の映画祭で高い評価を得た。結婚を目前に控えた兄・健治の浮気現場を目撃した高校生の洋子は、好奇心に突き動かされて浮気相手の女性・美沙と対峙するが、美沙の独特の柔らかさや強さと脆さにひかれていく。そして衝動的に、洋子は美沙にある共犯関係を持ち掛ける。田辺・弁慶映画祭の受賞作品を特集する「田辺・弁慶映画祭セレクション2020」(20年11月20日~12月10日、東京・テアトル新宿)で上映。

2019年製作/96分/日本
配給:MAP、Cinemago

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2019「おろかもの」制作チーム

映画レビュー

4.0登場人物の掘り下げ方、関係性の展開が秀逸

2020年11月22日
PCから投稿

両親の死以来、支えあって生きてきた兄と妹。そんな兄が結婚することになるものの、どうやら兄には他に浮気相手がいるようだ。本作はまさにその現場写真を妹が望遠レンズでカシャリと激写する場面で幕をあけるが、探偵のように兄を尾行する妹の関心は、いつしか相手側の女性へと向けられていく————こうして文字にするとどこか薄暗さや閉塞感すら感じるかもしれないが、本編から受けるイメージはむしろ真逆だ。素晴らしい人間描写。巧みな関係性の展開。決して押し付けがましくもなく、軽妙さと誠実さとの合間にあるタッチで観客を物語の内部へグッと引き込んでやまない。「結婚」というまさに家族のかたちの変容する過程に着目し、あえて妹のモヤモヤした視座から物事を見つめることで、刻一刻と深度を増す彼女の気づきと発見と洞察が一人一人の人物を実に魅力的に輝かせていくのだ。各々の感情のせめぎ合いをじっくり長回しで収めた場面も見応えがあった。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
牛津厚信

4.0共犯

2022年10月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公は高校2年生の女子(笠松七海)、小さい頃、両親をなくし兄との二人暮らしを続けてきた。
兄がいよいよ結婚に踏みきる事になるが、たまたま浮気現場を見てしまう。
主人公と兄嫁と浮気相手の関係がとても興味深い。
みんな、幸せになって欲しい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン

3.5落ち着いている

2022年9月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

幸せ

邦画にありがちなセリフの絶叫が少ない。
結構な事件が起きても淡々としている。
ある意味、現実的かもと思った。

村田唯さんが気になり検索してみたら印象がだいぶと違くて驚いた。
劇中ではいかにも泥棒猫という感じがしたが、役作りとはいえ脱帽した。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
コブラちゃん

4.0キャラが濃い

2021年11月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

結婚秒読み段階の兄に対し、妹と兄の浮気相手が結託して結婚式をぶっ潰そうとする話
若さゆえ潔癖な主人公、愛人枠から抜け出せない浮気相手、実は○○○属性だった兄嫁含め全員キャラが濃すぎる

コメントする (0件)
共感した! 0件)
BONNA
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る