おろかもの

劇場公開日

おろかもの
おろかもの
29%
57%
0%
14%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編作品。同映画祭ではグランプリのほか、主演の笠松七海と村田唯の俳優賞や観客賞など5冠に輝き、第16回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭の長編コンペティション部門でも観客賞を受賞するなど、多数の映画祭で高い評価を得た。結婚を目前に控えた兄・健治の浮気現場を目撃した高校生の洋子は、好奇心に突き動かされて浮気相手の女性・美沙と対峙するが、美沙の独特の柔らかさや強さと脆さにひかれていく。そして衝動的に、洋子は美沙にある共犯関係を持ち掛ける。田辺・弁慶映画祭の受賞作品を特集する「田辺・弁慶映画祭セレクション2020」(20年11月20日~12月10日、東京・テアトル新宿)で上映。

2019年製作/96分/日本
配給:MAP+Cinemago

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2019「おろかもの」制作チーム

映画レビュー

4.0登場人物の掘り下げ方、関係性の展開が秀逸

2020年11月22日
PCから投稿

両親の死以来、支えあって生きてきた兄と妹。そんな兄が結婚することになるものの、どうやら兄には他に浮気相手がいるようだ。本作はまさにその現場写真を妹が望遠レンズでカシャリと激写する場面で幕をあけるが、探偵のように兄を尾行する妹の関心は、いつしか相手側の女性へと向けられていく————こうして文字にするとどこか薄暗さや閉塞感すら感じるかもしれないが、本編から受けるイメージはむしろ真逆だ。素晴らしい人間描写。巧みな関係性の展開。決して押し付けがましくもなく、軽妙さと誠実さとの合間にあるタッチで観客を物語の内部へグッと引き込んでやまない。「結婚」というまさに家族のかたちの変容する過程に着目し、あえて妹のモヤモヤした視座から物事を見つめることで、刻一刻と深度を増す彼女の気づきと発見と洞察が一人一人の人物を実に魅力的に輝かせていくのだ。各々の感情のせめぎ合いをじっくり長回しで収めた場面も見応えがあった。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

4.0自主製作映画とあなどれないレベル

東鳩さん
2020年12月5日
PCから投稿

過去に観たことがある自主製作映画で多分トップレベルですね。
2年半かけて劇場公開まで辿り着いた監督・脚本家には頭が下がります。
商業映画でもこれより詰まらない映画は沢山あるんで、
こっちをもっと多くの劇場で公開してあげたいぐらいです。

ただ、何でもよかった訳でもなくて気になったこともいくつか。
まず1つは脚本でモノローグが多いです。全部いらない。役者を信じましょう。
次に2つは脇役にも愛があるからだと思うんですが、
主役をもっと見たいときにもチョイチョイ脇役側にフォーカスしてるのがよろしくない。
ラスト付近も、教会に残った側の色んな人にフォーカスする必要はなくて、
出て行った2人を追ったままの画でつないでほしかった。
兄貴の同僚の拍手ボケとか絶対いらない。おかげでテンポが悪いです。
そして3つはロケーションで村田唯さんの部屋が明らかに男性の部屋です。
予算的に男性スタッフが実際に住んでいる部屋で撮影したんでしょうが、
せめて女性の部屋に見えるように少しは飾りましょう。
大きく気になったのはそれぐらいですね。

比較して悪いですが、今年の田辺弁慶のグランプリ作品も前日に拝見しましたけど、
同じグランプリとは思えないぐらいレベルが違いました。もちろんこっちが上です。

もっと大きなステージで監督できるといいですね。
ただ、もう共同監督は辞めた方がいいです。
どっちが本当に優秀なのかは不明ですが、友達ごっこはもう要らないでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
東鳩

2.0スパゲッティ乾いちゃってるね

Bacchusさん
2020年11月21日
Androidアプリから投稿

楽しい

単純

幸せ

両親が他界して9年、以降2人で暮らしてきた兄妹の、結婚間近の兄が浮気していることを知った高2の妹が、浮気相手の女性に会いに行き巻き起こる話。

人の癖を見抜くのが得意な辛いもの好きの妹。作中で辛党って言っているけれど、辛党は酒飲みのことですよ。

兄を尾行し、密会相手を尾行し、浮気相手の女性に凸ったら、連絡教わっちゃって仲良くなちゃってと展開していく。

最初から相手も自分が浮気相手であるということを知っているし、知ったうえで付き合っている様な体で話が進むところにちょっと違和感。
投げかけて、あっさり知ってるよの返しがあった方が印象的だし、作風にあってる気がしたのは自分だけ?

まあそれはそれとして、高2女子には接したことのないタイプの彼女に何となく興味を惹かれ、シンパシーを感じて行く様な流れがユニークでとても面白いし、中国人の友達のキャラが、堅くならない様に上手く作用していて良い感じ。

ちょっとドロドロっとした様な内容で、どうなっていくのかと思ったら、山場の展開は???
コレはちょっと自分には良くわからないし、イマイチ盛り上がりませんでしたわ…。

まさか友達が発していたヤツの気じゃないよね?

エピローグの空気感は良い感じだったけど、なんだかちょろっとはぐらかされた様な感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Bacchus

4.0田辺弁慶映画祭

2020年6月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

幸せ

萌える

早くに両親を亡くした高校生の洋子、もうすぐ結婚する兄の健冶には、美沙という愛人がいた。

美沙と接する洋子の心情人間ドラマ。

思春期の女の子の洋子と大人の様で大人に成り切れてない美沙、
そんなふたりの心の葛藤と変幻など、
軽く明るく暖かく描かれる、
良い映画でした( ^ω^)
.
.
#ライジングフィルムメイカーズプロジェクト

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
褐色の猪
すべての映画レビューを見る(全4件)

他のユーザーは「おろかもの」以外にこんな作品をCheck-inしています。