アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい

劇場公開日

  • 予告編を見る
アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい
アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい
0%
43%
29%
14%
14%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2019年12月に亡くなったフランスのヌーベルバーグを代表する伝説的な女優アンナ・カリーナの人生に迫る映像アンソロジー。1940年にデンマークのコペンハーゲンで生まれ、親代わりに育ててくれた祖母の死により孤独を知り、17歳でパリにたどり着いた1人の少女。ココ・シャネルと出会い、シャネルは彼女をアンナ・カリーナと命名した。人気モデルとなった彼女は、ジャン=リュック・ゴダールに見初められ、女優としてヌーベルバーグのアイコン的存在となった。完全男性社会のフランス映画界を飛び出した彼女はニューヨークに渡り映画を製作し、さらに歌手としての活動もスタートさせる。パートナーであるデニス・ベリー監督が「アンナへのラブレター」と語る本作は、彼女の出演作をはじめとする貴重な映像によりアンナ・カリーナの魅力がひも解かれる。

2017年製作/55分/フランス
原題:Anna Karina, souviens-toi
配給:オンリー・ハーツ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)Les Films du Sillage - ARTE France - Ina 2017

映画レビュー

3.5【"あんな瞳に気付かない訳がない!" と、ゴダールは言った・・。吸い込まれそうな大きな瞳と蠱惑的な歌声で、永遠に映画界を魅了する稀有な女性の生き様に魅入られた・・。】

NOBUさん
2020年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

幸せ

-彼女の”出生前から始まる”、複雑な生い立ちを語るシーンから、このドキュメンタリーは始まる。ー
 ・”アンヌ・カリーヌ・ベイヤー” 1940年、デンマーク・コペンハーゲンにて生誕。
 ・その後、祖父母に可愛がられるも、母親からの愛は無く、映画館で一日過ごす少女時代。
 ・17歳でパリに出て、モデル・エージェンシーの目に留まり・・。
 ・ココ・シャネルと「エル」の編集室で出会い、”アンナ・カリーナ”と言う名を授けられ、
 ・ジャン・リュック・ゴダールと出会うが、「勝手にしやがれ」の出演を、”ヌードになるから・・”と言う理由で断り!
 ・それでも、追って来るゴダールと恋に落ち、結婚し、「気狂いピエロ」に出演・・。

 - 上りっぱなしの、ジェットコースター人生であるなあ・・。-

 ・セルジュ・ゲーンズブールが彼女のために、ミュージカル「アンナ」の曲を作り、彼女は一流の歌手としても、認められる・・。
 ・更に、ニューヨークで映画を撮る。フランスで最初に映画監督になった女優・・。

 - 多くの文化人、映画監督との交流の中で、更に知識・経験を増やしていくアンナ。”完璧主義者”であり、”実存主義者”でもあったという彼女の生き様は、魅力的である。-

<映画の中で、屡、齢を重ねた彼女が、ミニシアターに一人悠然と座り、自分の人生を映し出すフィルムを見る姿が映し出される。
 身に着けた衣装は瀟洒であり、艶然と微笑みながら、スクリーンを見つめている。
 実に、美しい姿であった・・。>

<2020年11月29日 刈谷日劇にて鑑賞>

■蛇足
 ・アンナ・カリーナさんの蠱惑的な大きな眼を見ていてふと思った事。
  ”小松菜奈さんの”あの眼”に似ているのだ!”

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

3.0アンナカリーナ

Satoさん
2020年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

確かに魅力的でした。そして面白かったです。
けど、なんか良いイメージしか無さすぎるというか…ドキュメンタリーならもう少しマイナスイメージもあっても良い気がしました。監督さんがアンナを大好きで、それだけで良いのも分かるのですが。あと、若きゲンズブールのかっこよさに戦きました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Sato

3.0魅力満載

隣組さん
2020年7月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

98席シアターを独占鑑賞。映画革命のミューズとしてヌーヴェル・ヴァーグのアイコンになった女優アンナ・カリーナの魅力満載の作品。伝説的女優になった理由も充分わかる気がします。また劇中でも触れていたように歌い方や歌声が魅力的で聞き惚れます。
2020-128

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
隣組

4.0映画を観続けてきた我々へのご褒美

2020年7月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

昨年12月に逝ってしまったアンナ・カリーナのアンソロジー。

彼女との出会いはゴダールの『女と男のいる舗道』だった。アンナに、ゴダールに、そしてヌーヴェルヴァーグに夢中になった。あれから40年が経ったのですね。

知らないエピソードや貴重な映像が一杯あった。映画を観続けてきた我々にとってはまさにご褒美のような作品。宝物になった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
エロくそチキン
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る