デストロイヤー(原題)

劇場公開日

100%
0%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

2018年製作/アメリカ
原題:Destroyer
配給:キノフィルムズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • オーディション
  • 喰女 ―クイメ―
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • ブロンソン
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

5.0いつもの美しさをかなぐり捨てたニコールの狂演が凄まじい

よねさん
2020年2月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ロサンゼルス。河べりで射殺体が発見される。襟首にタトゥーのある被害者の身元は不明、死体のそばには凶器の拳銃と塗料の滲んだ訳アリの紙幣。LAPDの刑事エリンはギャングのボス、サイラスが街に帰ってきたと確信、単独で捜査を開始する。その執念は17年前に担当した囮捜査に端を発していた。

ポスタービジュアルではほぼ判別不可能ですが主演はニコール・キッドマン。この間観た『アクアマン』では超絶キュートだったのに、本作ではすっぴんで皺だらけのやさぐれたアラカンのお婆さん。そんな姿でLAの街を彷徨う現代に17年前の物憂げで美しい姿がフラッシュバックする構成で、ニコールを知らない人は同一人物が演じているとは気づかないかもってぐらいの別人。そんなニコールが過去と現在であんなことやこんなことを臆せずやってのける姿に『デイズ・オブ・サンダー』の昔からニコールに焦がれ続けている者としてはお願いだからそれはやめて(;´༎ຶД༎ຶ`)!と叫びたくなるくらい切ない。そんな感じで心を掻き乱されながら物語に引き込まれているところに1つ2つと伏線が放り込まれて、それはどういうこと?と首を傾げているところでドカーン!と卓袱台が盛大にひっくり返されるとんでもない展開に・・・この脚本書いた人、天才ちゃうの?先のあらすじは勝手に観客が想定していることで、いやいやそれはあなた達が勝手に決めたことでしょ?とばかりにシレッと叩き捨てる、これはスゴイ。これはしてやられた!と呆気にとられてるところに訪れる静寂なラストシーンがセリフでは一切語られないエレンの決断を暗示して終幕、これはとんでもないです、傑作です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る