夜明けを信じて。

劇場公開日

  • 予告編を見る
夜明けを信じて。
夜明けを信じて。
79%
6%
4%
1%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

宗教家の大川隆法による原作・製作総指揮で、2018年に公開された「さらば青春、されど青春。」をキャストやキャラクターを一新してリメイク。幼いころから勉学に励み、東京の有名大学に進学した一条悟だったが、恋愛や就職活動など、思うようにいかないことが多かった。そんなある時、突然、霊的な存在とのコンタクトが可能になった悟は、大手商社に就職し、異例のスピード出世を果たす。恋愛も順調になり、公私ともに順風満帆の人生を歩む悟だったが、次第に「自分の思想を世の中に説く」という使命感に目覚めていく。しかし、そのためにはこれまで築いた社会的地位も大切な人と過ごす未来の生活も捨てなければならない。将来の幸せか、自身の使命に従うかで迷う悟は、ある決断を下す。前作にも出演した千眼美子が再びヒロインを演じる。

2020年製作/134分/日本
配給:日活

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

0.5なんでランキングに載ってるのかわからん

さん
2020年11月9日
Androidアプリから投稿

正直言って、この作品は駄作です。
物語の内容もさっぱりわからないし、ストーリーがごちゃごちゃしているように思えます。こんなショボい作品、星1どころか、最近の糞映画に入ると思います。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
黒

3.5時代考証が的確で、小道具等を見ていても、違和感がない作品。

2020年11月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

作品の内容は、可もなく不可もなくという感じで、凡作の域を脱しきれていないですが、決して駄作ではないとは思います。
見方がマニアックかもしれませんが、時代考証というか、時代に則した小道具をほぼ完璧に使っていて、見ていて違和感がなく、製作者の深いこだわりを感じます。
秀作と言われる作品でも、作品中に、絶対にその時代に在る訳がない小道具が不意に出てくることがありますが、本作品では、1ヶ所以外、全く違和感なく楽しめました。
その1ヶ所とは、主人公の自室に置いてあった石油ストーブ。
当時の家庭用石油ストーブの燃焼部分は、ドーム状の金属ネットタイプですが、作品中に出てきた石油ストーブは燃焼筒タイプであり、家庭用の燃焼筒タイプの石油ストーブは、あと10年位しないと市販されていません。
揚げ足取りみたいで恐縮ですが、他の描写が完璧だっただけに、唯一の違和感が本当に残念でたまらず、コメントさせて頂きました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
キングオ-バ-

0.5友情も愛情も家族さえ全てを切り捨てた可哀想な人の話

まるおさん
2020年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

一言で言うなれば、架空の主人公が自分の半生を山も落ちもなくただ淡々と自分語りしていく映画。
なろう小説俺TUEEE系小説の最強版でした。チートの俺がちょっとした行動で世界を救う昨今ありふれたネット小説を何とか無理矢理に現実に落とし込んだ作品です。
椅子に縛り付けられてる気分になるつまらなさは天井のシミを数えてた方が100倍マシと思えます。鬼滅の刃のきの字にも及ばないつまらなさでした。
親族にムビチケを貰ったのでポイントをためるついでだと思いましたが、見合ったメリットはありませんでした。

まず映画を表現方法として選んだことが間違いだと思います。ストーリノーの本題もはっきりせず何を言いたいのかも示さず、ただ考えごとの垂れ流し、ならせめて100分以内に収めたほうがまだ見やすくなったかと思います。表現方法としては30分ラジオドラマでするべきです。

昨今人気だった半沢直樹の人気にあやかりたいのか仕事面もフォーカスされていますが、アメリカ行きの出世コースに乗ったりする割には本人はピンときていないようでどこか心ここに在らず、しかも仁義だの人情だの日本の本社に筋を通すと熱いことを語ったわりに辞めるときは一方的で、恩がある上司にも事情を話さず、事前の相談もなく突然という形で辞表を出して去っていく、その人情の一切ない非常識さは3日で来なくなるバイトか何かかと思いました。
母もその息子を褒めていたり、大学の同級生も天才性があるとしたり一歩先を行くだとか褒めそやしたり、面接の時に上司の上司に求められて頭を下げられたりもして、周りから評価が高い人物として描かれていますが全く本人にはそのような能力が見られない。まるでこの映画には登場もしていない全く別の人のことを語っているかのように感じられました。本当に主人公のことを指していたのか疑問にさえ思います。周りの人たちは誰のことを語っていたのでしょうか?
それとも最初の方でポエムをもらっていた女性のように、自分は完璧なように見られるけれどそんな人ではないと謙遜したいのでしょうか……?
しかし、謙遜する人とは思えない数々の行動に辻褄が合いません。
自分はこんなにも力も知恵もあるのに周りはわかってくれないと駄々をこねているようにさえ感じられます。

霊が見えることも隠したいのか広めたいのかわからない行動でした。反感を買っていた相手から、本を書いただけで尊い人などと頭を下げられるのも突然すぎる現実味のない描写でした。

また女性に好かれるように描写されていますが、実際にいる人物だとしたら結婚のけの字も考えられませんね。おそらく家事も育児もしない家庭を顧みない夫になっている恐れがあります。
詩を相手に送るのは時代でしょうが気持ち悪いことこの上ない。スマホがある現代なら知り合いという知り合いに気持ち悪いナルシストとして広がっているでしょう。本当に自分の見たいように相手を崇拝している独り善がりな好意でした。知りもしない一目見ただけでろくに話しかけもしなかった相手に自分の理想を押し付けすぎて、理想通りできなかったら相手に責任を押し付けるストーカーの気さえ感じられます。

昭和という時代もあり挿入される曲のタイミングやら曲調はまるで焼酎のCMのようでした。まだアニメ映画の音楽の方が素晴らしいものでした。

なんだか、大学の仲の良い同級生や仕事仲間、目をかけてくれた上司、人との親密な関係をすべて切り捨てた孤独で可哀想な人のようでした。それなのに誰にもわかってもらえないと相手に押し付け自分は唯一無二の崇高で世界にとって不可欠な人物だと信じたいだけ。
そんな人が理想の自分を見たいがために、作り上げた自己満足の自分語り映画という印象でした。
そのことがエンドロールの歌で感じられました。
孤独という以外に言い表せない主人公です。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
まるお

2.0(´ω`)興味本位でみてみたが、、、、、。

2020年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

暇なのでみてみましたょ。
感想述べる前に映画の音が悪すぎでした。あれは直した方がいいでしょう。
音が若干こもっています。
映像は比較的きれいだったのに残念。映画館の問題じゃないんでしょうね。

信者さん向けで教団のプレゼンス強化のための映画だったら良いのですが、一般人に教団の凄さを知ってもらう映画だったら物足りないでしょうね。ましてや大川隆法氏の事を一般に知ってもらう映画だったとしたら逆効果でしょう。
主人公の一条悟が出来過ぎで出来過ぎの人生を見せられても一般人はグッときません。
ダメダメで大失敗の連続の一条悟が何かのきっかけで過去の賢人達の言葉を受け取れる凄い人間なりましたと言うストーリーであったら心が動かされたでしょうね。
わかりやすく人生のUP downの幅が大きくないと、、、、。
それと〝何かのきっかけ〟と言いましたが過去の賢人達に選ばれて宗教の統合を任せられますが一体なんで彼を選んだろうかと言う疑問も残ります。

大川隆法氏自身が出演してましたがGoodでした。あぁゆう遊び心がないと!
それと映画中の音楽聴いてちょっと安心しました。
大川隆法氏の中に昭和歌謡とフォークが根底に流れていることがよくわかりました。
自分の知らない世界の人たちの映画だったので勉強になりました。

映画館の席予約が結構入っていましたが、入ったらあまりいませんでした。
信者さんのノルマであったらやめた方がいいでしょう。

もっと凄いやつを期待してます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
おにっち弐号
すべての映画レビューを見る(全84件)

他のユーザーは「夜明けを信じて。」以外にこんな作品をCheck-inしています。