ドリームプラン

劇場公開日

  • 予告編を見る
ドリームプラン
21%
65%
12%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ウィル・スミスが主演・製作を務め、世界最強のテニスプレイヤーと称されるビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹を世界チャンピオンに育てあげたテニス未経験の父親の実話を基に描いたドラマ。リチャード・ウィリアムズは優勝したテニスプレイヤーが4万ドルの小切手を受け取る姿をテレビで見て、自分の子どもをテニスプレイヤーに育てることを決意する。テニスの経験がない彼は独学でテニスの教育法を研究して78ページにも及ぶ計画書を作成し、常識破りの計画を実行に移す。ギャングがはびこるカリフォルニア州コンプトンの公営テニスコートで、周囲からの批判や数々の問題に立ち向かいながら奮闘する父のもと、姉妹はその才能を開花させていく。2022年・第94回アカデミー賞では作品賞、主演男優賞、助演女優賞ほか計6部門にノミネートされ、主演男優賞を受賞。ウィル・スミスが3度目のアカデミー賞ノミネートで初のオスカー像を手にした。

2021年製作/144分/G/アメリカ
原題:King Richard
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第94回 アカデミー賞(2022年)

受賞

主演男優賞 ウィル・スミス

ノミネート

作品賞  
助演女優賞 アーンジャニュー・エリス
脚本賞 ザック・ベイリン
編集賞 パメラ・マーティン
主題歌賞

第79回 ゴールデングローブ賞(2022年)

受賞

最優秀主演男優賞(ドラマ) ウィル・スミス

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演女優賞 アーンジャニュー・エリス
最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

映画レビュー

3.5感動の実話フォーマットの行間から覗くいびつさ。

村山章さん
2022年3月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
村山章

3.5コンプトンの"星一徹"はいわゆるスパルタ親父ではない

2022年2月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

ヴィーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹をテニス界のトッププレーヤーに押し上げた実の父親、リチャードの教育法は、いわゆるスパルタとは違う。未来のスター選手を育てるテニススクールではなく、一家が住まうアメリカで最も危険な街と言われるL.A.のコンプトンの公営テニスコートで練習を積み、姉妹の才能をいち早く見抜いたコーチとの契約を高額を理由に断り、やがて、テニススクールに入門後も学業を優先させ、若くしてプロ契約を結ぶことを拒否する。早過ぎるプロデビューが才能を台無しにしてしまう例を見てきたからだ。

そんなリチャードに興味を持ったウィル・スミスが主役を演じ、製作に妻のジェイダ・ピンケット・スミスやヴィーナス&セリーナ姉妹が名を連ねる人物伝は、リチャードの負の部分を意図的に覆い隠している可能性はある。でも、スポーツの才能がある幼い子供たちをビジネスの道具にしたり、国威高揚の手段に使うような価値観が罷り通るような今の世の中で、コンプトンが生んだ"星一徹"の姿は見る側の心を清々しくしてくれることは確かだ。

そういう意味で、今見るべきなのはコレ。実物そっくりの役作りで初のオスカーを狙うウィル・スミスの本気を確認する意味でも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
清藤秀人

5.0実話でなければ「荒唐無稽」とみなされるであろう物語。実話だからこその意外性と説得力があり、そのギャップに面白さが宿る!

2022年2月23日
PCから投稿

本作はストーリーだけなら、まるで「マンガのような映画」だと感じました。
ウィル・スミスが扮する主人公は❝テニス未経験❞にも関わらずテレビで「優勝したテニス選手が4万ドルの賞金を受け取る姿」を見たことで、自分の子供をテニスの世界チャンピオンにしようと考える、という初期設定から強烈です。
そして本などで知識を得ながら、子供が生まれる前に「世界王者にする78ページの計画書」(ドリームプラン)を独学で作り、その計画書に基づき娘2人にテニスの特訓。
ただ、黒人ということもあり、練習さえままならない劣悪な環境まであります。
さらに、お金もコネもなく有名なコーチらに連絡し「娘に才能があるから無料でコーチしてほしい」と無謀なお願いをせざるを得ないなど「絵に描いたような逆境」です。
ところが最終的には2人の娘が世界チャンピオンに…!
まさに、「何が起こった?!」の世界ですが、そんなあり得ないような物語を「実話」という強みを最大限に活かして埋めてくれているのです。
しかもスポーツ映画ならではの迫力もあり、特にテニスシーンは圧巻で引き込まれます。
加えて、ウィル・スミス扮する父親は、世の中の常識的な手法とは違う「独自の考え」を頑なに守るなど端々から「信念の強さ」が感じられ、文字通りアカデミー賞級で演じ切るなど、演技の面からもリアリティーがありました。
現実離れした様々な設定を見事なまでに違和感なく1本の映画としてまとめることに成功しているため、非常に興味深く面白い映画に仕上がっています。
家族の絆や、信じる強さが巻き起こす信じ難い「奇跡」を体感できる作品は、本作以上はなかなか難しいのかもしれません。

コメントする
共感した! (共感した人 17 件)
細野真宏

5.0姉妹の笑顔からは想像できない両親の覚悟。本作は、実話のなせる技が光る。

2022年2月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

テニス界のビーナスとセリーナと聞けば、キュートな髪型で可愛らしいテニスウェアー、美しい筋肉、全身全霊のパワフルな動きが目に浮かぶ。テニスコートに現れる姿は女王という名に相応しい存在感があり、プレー中のビーナスの「虎のような眼差し」は、内に秘めた闘争心すら感じた。
2人がテレビで活躍していた頃から、父親が凄いという情報を聞いたことはあったが、実際はどうなのかわからないまま時間が過ぎていた。個人的には、テニスコートの観客席で家族が応援しているという印象が強かった。
そして今、2人の生い立ちを映画で見ることができる。しかもアカデミー賞でも盛り上がっている。【作品賞】、【主演男優賞】(父親役ウィル・スミス)、【助演女優賞】(母親役アーンジャニュー・エリス)、【歌曲賞】(ビヨンセ)、【編集賞】、【脚本賞】と堂々6部門ノミネート。もちろん賞の話抜きでも文句なしの傑作だ。
独特な手法でビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹を育てた父親に関する伝記のようなストーリーかと想像していたが、蓋を開けてみると「家族の物語」が芯にあった。そして人種差別などの深い問題も関わっていた。
父親のブレない思想や教育、家族と自分を守る交渉術は本作の中で具体的に示され、作り込まれたドキュメンタリーの如くリアルに心に響いてくる。父親が中心であるのは間違いないが、家族のチームワークなしでは成立しなかったドリームだということを、細かな描写と台詞で明らかにしている。144分という上映時間であるが、好奇心と探究心が途切れない映画で、体感時間は短く、一言で言えば無駄がない。
親やコーチとの特訓シーンは抑え目にして、人間関係や心理描写で鑑賞者を魅了する。そして試合シーンについてはスポーツ感を全面に感じられるよう、様々なカメラワークで臨場感を出しているところは圧倒された。
日本での題名が『ドリームプラン』となっているように、計画がどのように進んでいくのか、山あり谷ありなのかなど見所は多く、テニスに興味がない方にも楽しめるはず。
親によって子は変わる、子供によって親も変わる、夫婦の関係で家族(周り)も変わる、など様々な視点で鑑賞すると、より評価が上がるという深さを併せ持つミラクルな映画。

コメントする
共感した! (共感した人 14 件)
山田晶子
すべての映画レビューを見る(全184件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る