マヤの秘密

劇場公開日

マヤの秘密
9%
52%
32%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ミレニアム」シリーズ、「プロメテウス」のノオミ・ラパスが主演と製作総指揮を務め、ナチスから暴行を受けた過去を持ち、妄想と現実を行き来する悪夢に囚われた女性の姿を描いたサスペンス。1950年代のアメリカ郊外。かつてナチスの軍人だった男から戦時中に暴行を受けたマヤは、街中で偶然その男を見かけ、復讐心から男を誘拐。夫のルイスの手を借りて自宅の地下室に監禁する。マヤは殺したい気持ちを抑え、男に罪の自白を求める。しかし、男は人違いだと否定し続ける。主人公マヤ役をラパス、監禁された男役を「スーサイド・スクワッド」シリーズのジョエル・キナマン、夫のルイス役を「夜に生きる」のクリス・メッシーナがそれぞれ演じるほか、リメイク版「ペット・セメタリー」のエイミー・サイメッツが脇を固める。監督は「ベツレヘム 哀しみの凶弾」のユバル・アドラー。

2020年製作/97分/G/アメリカ
原題:The Secrets We Keep
配給:STAR CHANNEL MOVIES

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2020 TSWK Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0ナチスの蛮行によって夫婦の信頼が試される

村山章さん
2022年2月28日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
村山章

3.5久しぶりに見た、教科書みたいなサスペンス。

2022年5月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
bloodtrail

4.0ヒットラーとプーチンは同じことしてる

りあのさん
2022年5月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

知的

1950年代のアメリカで、かつてナチスの軍人から戦時中にレイプされ、妹を射殺された悲惨な経験を持つマヤは、街中で偶然その男を見かけ、車の故障と偽りハンマーで殴りその男を拉致した。夫ルイスに訳を話し、自宅の地下室に監禁した。マヤは殺したい気持ちを抑え、男に罪の自白を求めた。しかし、男は人違いだと否定していた。本人か、似てる別人か、その男はどうなる、という話。

マヤはロマ人で、ロマの事を知らなかったが、もともとルーマニアでもジプシー呼ばわりされ差別を受けてきたんだと知った。
世界にはロマ以外にも、イスラエル建国までのユダヤ、先日観たマイスモールランドのクルド、ミャンマーのロヒンギャなど、多くの差別を受けている民族が多くいる事を知り、なんとか出来ないのかと今回も思った。

それと、当時のナチスの罪は重いが、現在のロシア兵もウクライナでレイプしてるらしいが、プーチンはウクライナのことをナチスと呼んで戦争を仕掛けている。プーチンはヒットラーと同じ事を80年経ってもしてるな、って思った。
歴史は繰り返されるというから、いずれプーチンも罰を受けるだろう。

マヤ役のノオミ・ラパスはストックホルムケースの時も良かったし、今回も好演だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りあの

3.0かなり微妙な仕上がりだったかなぁ

2022年3月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

なんだか自分の心の置き所をどこにすればよいか迷ってしまった作品でした。

アフターホロコーストを扱っていますからその点がフォーカスれているのか?と思いきや、どうにもその部分については重きを置いていないような気がします。まぁ、悲しい出来事のキッカケとはなっていますし、それを引き起こした元凶ですしね。話の展開は「人間が壊れていく様」、「拡大していく暴力」の恐ろしさが前面に出ていくのですよね。それは密室スリラー的なほどに。怖がらせたいのかなぁ?なんなのかなぁ?と。そしてクライマックス〜まさかの結末につながるわけですが、かなり意外な展開でした。ただ、その展開にあまり説得力を感じることができなかったんですよね。

これまで鑑賞してきたアフターホロコースト作品にはなんらかの主張を感じたのですが、本作からはそれがなかったんですよね。「すべての人間に大きく深い心の傷を与えてしまった出来事である」ということ以外には。社会派なのか?サスペンスホラーに振りたいのか?ただ、ラストシーンを見たときに「あぁ、人間の悲しき二面性」がテーマなのかも?って思いました。マヤとルイスの表情や顔の向きがそう感じさせました。この2面性があるかぎり、争いってなくならないんだろうなぁって・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
バリカタ
すべての映画レビューを見る(全25件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る