ロード・オブ・カオス

劇場公開日

ロード・オブ・カオス
ロード・オブ・カオス
13%
63%
22%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ブラックメタル黎明期の中核的存在だったノルウェーのバンド「メイヘム」の狂乱の青春を鮮やかに描いた音楽映画。ノンフィクション「ブラック・メタルの血塗られた歴史」を原作に、ブラックメタル・バンド「バソリー」の元ドラマーで、「SPUN スパン」などで知られるヨナス・アカーランド監督がメガホンをとった。1987年、オスロ。19歳のギタリスト、ユーロニモスは悪魔崇拝主義を標榜するブラックメタルバンド「メイヘム」の活動に熱中していた。ボーカルのデッドはライブ中に自らの身体を切り刻むなど過激なパフォーマンスを繰り返し、彼らはメタルシーンで熱狂的な支持を集める。しかしある日、デッドがショットガンで頭を撃ち抜いて自殺してしまう。発見者のユーロニモスは脳漿が飛び散った遺体の写真を撮り、頭蓋骨の欠片を友人らに送付し、喧伝することでカリスマ化。「誰が一番邪悪か」を競い合うインナーサークルを作り、王として君臨するが、メンバーのヴァーグが起こした教会放火事件をきっかけに主導権争いが激化していく。ユーロニモス役に「スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション」のローリー・カルキン。

2018年製作/117分/R18+/イギリス・スウェーデン・ノルウェー合作
原題:Lords of Chaos
配給:AMGエンタテインメント、SPACE SHOWER FILMS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2018 Fox Vice Films Holdings, LLC and VICE Media LLC

映画レビュー

4.0恐ろしくて悪魔的だが、魅せる。

2021年3月30日
PCから投稿

恐ろしく邪悪な作品だ。危険で痛くて悪魔的。R-18指定なので、事前にどのような描写が含まれるのか確かめてからご鑑賞されることをお勧めする。とはいえ、ノルウェーにおける90年代ブラックメタルの勃興期に起こったこの事件は、音楽ファンでなくとも多少は知るところのもの。事実をもとにしている強度や語り口の巧さゆえか、何度も顔を背けはしても、ことの顛末を見届けたいという思いだけは確実に高まっていく。登場人物は皆ぶっ飛んでいて、観客にとって共感可能な何かを秘めているわけでもない。ただ、主演のローリー・カルキンだけは別。時に常軌を逸しつつも、どこか透明感があり、暴走の中に怖れがあり、ふとした瞬間に夢から醒めたような瞳をする。そんな心の咆哮に寄り添いつつ、映画は徐々に彼を突き放して闇を深めていく。その熱さと冷たさの波状攻撃。悪魔的な情熱というある種のシュールさ。止められない狂気。強烈だが見応えはある作品だ。

コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
牛津厚信

3.5素顔

MARさん
2021年4月21日
Androidアプリから投稿

悲しい

怖い

ノルウェーのブラックメタルバンド、メイヘムに関する、事実とフィクションを交えたサスペンススリラー。名前を聞いたことはあるが、曲やバンドの背景は粗知らずに鑑賞。

いやぁ衝撃的!!何が驚きって、この恐ろしい物語、鑑賞後メイヘムについて検索したら大体実話なんですね。。

そういう意味で、予備知識なしで観て正解だったかも。

作品としては、文字通りブラックな闇展開が終始続き、スプラッター的な描写も沢山。そんなに得意じゃないんですよね…w

ただ、何と言いますか、本作を観て特に感じたのは、ハッタリ合戦もエスカレートしていくと恐いな…と。

悪魔崇拝に憧れた(?)ユーロニモスにしても、最初は皆にバカにされていたヴァーグにしても、いったいどこまで本気だったのか。場面ごとに逆転を繰り返す二人の立場に深みがあり面白かった。

また、垣間見えるユーロニモスの素顔が印象的。序盤はとにかくヤバそうにしか見えなかったけど、実はまだこの中では分別があったほうなのかな。それでも、僕からしたらチキンボーンでも充分ヤバいですよ…。

あとは、トラウマとして脳裏に焼き付いた彼が一瞬見せた笑顔。本作の中で唯一、光を感じれるシーン。親友がこちら側にこなくて良かった、とでも言ったメッセージに感じられたが…結局は。。う~ん。。

その他にも、場違い的に笑わせにくる某ブルースウィリス映画や、ヴァーグを手玉にとる記者さんが印象的だった。ヴァーグ、チョロすぎ!?

因みに、私も趣味でギターをやっており、周りには所謂メタラーといった方も結構いましたね。メタル好きのギタリストさんはとにかく拘りが強いイメージ。対してワタクシはジャンルに拘りは無いのですが、その分どんな曲をやっても中途半端に…。ちょっとは見習った方が良いのかな。。

話が逸れましたが、改めて狂信的な思想は危険だなということ、それと同時に、果たして本当にどこまで本気で崇拝していたのかよくわからないことも、寧ろより恐ろしいなと思わされた怪作だった。

終わり方も良いですね。
あれはメタルと言うよりも、寧ろロックな感じもした(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
MAR

ポーザーで結構だよ!

2021年4月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ポーザーで結構だよ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mr. Planty

5.0ルサンチマンをあっさり飲み込む退屈さが純粋な青年達のルサンチマンに薪を焚べる様が壮絶に痛ましいメタリック青春惨禍

よねさん
2021年4月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

987年、ノルウェーのオスロ。妹思いの少年オイステインくんは“ユーロニモス”と名乗り、自宅地下の居間で自身のバンド“メイヘム”の練習に励むギタリスト。“メイヘム”は壮絶なデス声を持つボーカリスト、“デッド”を加入させると、ステージで自らの体を切り刻むデッドの過激なパフォーマンスで熱狂的な人気を集めるようになる。しかしデッドの正体は少年期に壮絶なイジメを受けたトラウマを持つ繊細な青年ペルであり、始終死に取り憑かれた彼はついに自殺してしまう。デッドの死によってメイヘムはより過激なカリスマとなり、自身のレコードショップとレコードレーベルを立ち上げたユーロニモスの元にメイヘムに影響を受けた少年クリスチャンが訪ねてきたことで、血塗れのブラックメタル史が暴走し始める。

ブラックメタルが台頭してきた時期にはメタルをあんまり聴いていなかったのでリアルタイムには知識がありませんでしたが、『メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー』や『ライト・テイクス・アス 〜ブラックメタル暗黒史〜』といったドキュメンタリーでメイヘムのメンバーが繰り広げた凶行の数々は知っていましたし、“ヴァーグ”ことクリスチャン本人の言動も聞いていましたが、なぜ彼らがそんな凶行に及んだのかを虚実織り交ぜて描いたのが本作。まずとにかく胸が痛いのが彼ら自身は物凄く繊細で家族思いの優しい青年達だということ。悪魔崇拝を標榜してはいるもののそれは表面的な虚勢に過ぎない。若さゆえに渾々と湧き溢れるルサンチマンを表現する手段として彼らは大音量で楽器をかき鳴らすが、その轟音をも受け流す北欧の懐深さと退屈が彼らの暴走に薪を焚べる。淡々とバンド練習に明け暮れ仲間と戯れ合っている時期の彼らはかつての自分達とほぼ同じで、お互いに虚勢を張っていることを悟られないように戦々恐々としている様は当時のVHSを見せつけられているかのように微笑ましいが、カッコだけの人間、“ポーザー”と呼ばれたくないがためにお互いを煽った結果として逃げ道のなくなった人間が犯した取り返しのつかない凶行に激しく怯え、でもやはり見下されたくなくて虚勢を張るという悪循環が延々と繰り返される様は見つめ続けるのが辛い。そのいたたまれない切なさに呼応するようにこれでもかと繰り返される刺殺シーンは尖端恐怖症の私には地獄の責苦。R18+というレイティングも納得の凄惨さですが、一方で青春映画特有の爽やかさ微笑ましさも仄かに薫るなんとも不思議な作品。

さりげなく2世俳優が目立つ作品で、短い出番ながら鮮烈な印象を残すデッドを演じたのがヴァル・キルマーの息子ジャック・キルマー。ステラン・スカルスガルドの息子ヴァルター・スカルスガルドも出ています。こんな映画ですからサウンドトラックもメタル一色。個人的にはDioのStand Up and Shoutが使われたのが嬉しくて、Scorpionsが激しくディスられてたのがちょっと悲しかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る