劇場公開日 2020年7月17日

ステップのレビュー・感想・評価

4.0102
39%
50%
8%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全102件中、1~20件目を表示

5.0パジャマ似合ってるじゃん

くりさん
2020年8月11日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
くり

4.0父親の目線

2020年8月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ゆうすい

4.0全体的には好き

みさこさん
2020年8月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

小説は読んでいないけれど、いかにも重松清な流れで、作りも小説風。
物語的には好きなんだけど…最初の保育園のくだりって、シングルファーザーだと大変なわけじゃないよ。働くお母さんはみんなあんな感じだよ。だって、協力的なお父さんどれだけいる?朝も一人で保育園まで送って、帰ったら抱っこする時間なんかないくらい時間に追われてる。その横で早起きするわけでもなく、帰りは飲みに行っちゃうお父さんたち。会社の人に気を遣って早く帰ったり、急に休ませてもらったり…。シングルファーザーになると大変みたいに見えて、少し好きじゃない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
みさこ

4.0親子愛に涙

2020年8月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

「泣くな赤鬼」以来に鑑賞する重松清さんの作品。予告から、感動の親子物語が描かれるのだろうと期待して鑑賞してきました。その期待どおり、心温まる素敵な作品で大満足です。開幕後、わりと早い段階から涙がにじみ始め、乾いた頃には次の涙、その間隔が徐々に短くなり、終盤は目が潤みっぱなしの2時間でした。

シングルファーザーとして、仕事と家事・育児の両立に奮闘する中で、どんな時でも娘を最優先に考え、父親としての愛を注ぎ続ける父親役を、山田孝之さんが好演しています。熱く感情的な愛し方ではなく、悩み、戸惑いながらも、誠実に娘に向き合う姿がすばらしかったです。

その良き理解者として、時には実の父親以上の存在として彼を支える義父役を國村隼さんと、その妻役の余貴美子さんが、貫禄の演技で脇を固めます。さらに、娘の通う保育園の保母さんを伊藤沙莉さん、職場の同僚として広末涼子さんと、これまた演技派を起用し、キャスティングに一分の隙もありません。そして、最も重要な娘役を、子役の三人が抜群のリレーでつなぎ、それぞれの年頃の微妙な心情を見事に表現していました。中でも白鳥玉季ちゃんは秀逸。山田孝之さんとの間が絶妙で、本当の親子のようでした。

作中、部屋の壁の落書きが何度も映されます。母が倒れた時に、カレンダーから床まで引かれた線は、家族の絶望を表すかのようでした。その後、ここに娘がいろいろと書き足していきます。これが、母の死により一度は地に落ちた家族が周囲に支えられ、互いに励まし合って、形は違えど、もう一度幸せを取り戻すさまを表しているようで、じわじわと心に染みてきました。

親子とは、家族とは、死とは何か。日本人の心の機微に触れる、すばらしい作品でした。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 17 件)
おじゃる

2.0人間同士の距離感がどうも苦手だった。

tackさん
2020年8月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tack

3.0フィクションだからってね

2020年8月6日
iPhoneアプリから投稿

全体をハートウォーミングな作品にさせながらも、随所に感じたやり過ぎ感や違和感や時代錯誤感は、観る者を泣かせる為ゆえに仕方無いのかと。でも喫茶店女がああいう展開とか、娘の各年代での考え方や発言力の違和感というか大人過ぎんだろ!みたいな所は、何かね。もう少し繊細にリアルに細部を作り上げて欲しかった。
山田孝之の普通人演技は最初は何か気持ち悪かった(笑)が、後半にはピタッとハマった。それに作品全体を包む彼のナレーションは、声質含め本当素晴らしく泣ける映画にはピッタリ。奇妙人役が多い山田孝之の、新たなステージへのまさにステップとなる作品だったなと。

で、東京03のアノ人の役柄は、正直鬱陶しさしか無かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画鑑賞1000作

4.5よき。

ゴローさん
2020年8月5日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ゴロー

4.0涙腺ヤバし!

2020年8月5日
iPhoneアプリから投稿

この映画を見ていると横から後ろから鼻をすする音が聞こえてきました。

この年にもなると娘を男手一つで育てるということがいかにまだ難しいか想像できるのでそこでもう涙ですー

妻を亡くした夫

母を亡くした娘

深い悲しみがありながらも
一緒に優しく成長していく様がステキでした。

浅田次郎、重松清の原作は涙腺が崩壊するものが多くて困ります笑笑

あと、中川大志の名前がエンドロールで出てきてどこで出てきたのかちょっと分からなかったです笑笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
iYiHedP8PmIUPr5

3.5さよなら じゃなくても

MARさん
2020年8月5日
PCから投稿

泣ける

悲しい

幸せ

若くして妻に先立たれた主人公が、男手ひとつで残された娘を育てることを決意し奮闘する物語。

子育てと仕事の両立に苦しみながらも、力になってくれる人が周りに多くいる主人公。
取り囲む登場人物たちは皆魅力的。

義父母や義兄夫婦、ケロ先生や元部署の上司。力になってくれたり、気にかけてくれる人ってのは良いですよね。中川大志も絡んでほしかったのだが(笑)

あまり目立っていなかったかもだけど、個人的には総務部の同期(?)の女性社員がお気に入り。
地味ながらあれは凄く助けになっていたのでは?

そして何より、幼き娘。あの環境がたくましくさせたというのもあると思うけど、小学生の女の子ってあんなに性格的に大人びているんですかね?
子供の頃、先生に「同級生の女子たちはお前らなんか相手にしてない(笑)」っていってたのが、成程今になってよくわかる(笑)

お気にいりのシーンは、1章(だったかな?)の最後でケロ先生とのやり取りのシーン。
実は健一ちょっと残念がってた?

天国の妻にそのことを報告するところが微笑ましい。

余談だけど、義兄さんの名前がちょっとややこしい(笑)
ヨシヒコと呼ばれて山田孝之じゃない人が返事をしているのがどうにも違和感w
(未だに映画化信じてまってますよ(笑))

父子家庭で色々と悩みながらも、たくましく育つ親子にしみさせられた良作だった。
思春期編なんかもやってくれたら観に行きたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
MAR

5.0父は辛いんです!娘も辛いんです!

2020年8月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

2020年映画館鑑賞48作品目

原作未読

泣ける映画
優しい映画
美しい映画

早くに妻に先立たれた父親と物心つく前に母を亡くした娘の奮闘記
周りも二人を支えてくれる心配してくれる応援してくれる
心が綺麗になる映画だ

泣ける場面多い
残業で遅くなり保育園に迎えに行ったとき娘を抱っこしていた先生が父親にいろいろと話すシーン
母の日で母の絵を書く件で担任の先生に相談されるシーン
ステップマザーをお母さんと呼ぶシーン
などなど

映画の画っていうのかな
うまくいえないけど構図というかこの監督の映像は好き
とてもセンスがいい

シンゴジラ以来のツーショット國村隼余貴美子コンビが良かった

保育園の先生役の伊藤沙莉も良かった
こけるのは下手くそだったけど

3人の子役のなかではやっぱり白鳥玉季ちゃんが良かったかな
子役の良し悪しがわからない自分でも彼女はずば抜けていた
今後が楽しみな逸材

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
野川新栄

4.5気持ちよく泣けた😢

2020年8月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

客が自分ひとりという事もあって、周りを気にせず思い切り泣けました😢
ただこの涙は悲しいだけの涙ではなく、むしろプラスにはたらく成長の涙だと思います😊

是非とも映画館で、成長の涙を流してください🙋

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
イロエンピツ

4.0リアルな家族映画

2020年8月4日
iPhoneアプリから投稿

映画なのだから、話にメリハリがあった方が印象には残るだろうが、現実はそうでもないのかも知れない。

この映画は、シングルファザーの激しい苦悩や葛藤を静かに表現しているので非常にリアルに感じた。

内にいろんな想いがあるだろうが、娘を思って吐き出せない。出さない。山田孝之の表情や、静かな時間のシーンが非常に心に沁みた。是枝作品を見た後のような感情に陥った。素晴らしい。

子役の3人も素晴らしい。特に白鳥玉季が良すぎたため、最後の子役の子の印象が薄れてしまった。個人的には白鳥玉季のまま行って欲しかったが、女の子の成長は早いようなことを印象づけるためにはあれでよかったのかな。

そんな静かな映画なのに、たまに中川大志挟んだり、東京03角田の演技が棒すぎて、ん?となるシーンがちょっとあったのが残念。

凄く女の子が欲しくなったし、家族にも会いたくなったんだけれども思ったよりも泣けなかったのは、そういう映画の構成だから仕方ないのか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ちゃーるすとん

4.0蕎麦屋、鰻屋に必ずいる中川大志

kossyさん
2020年8月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 重松清原作作品って、どうしてこうも感情移入できるのだろう。子育てしたこともなければ、結婚したことすらない自分にとっても、作品の中に入り込むことができる。他の映画でいえば、野球もしたことがなく、教師になったこともなくてもだ。

 単に山田孝之演ずるシングルファーザーと一人娘美紀の10年間の軌跡なのに、そこには辛いことや壁にぶち当たることが多くても頑張る姿が常にある。一歩一歩親子ともに進んでいくステップと、“義理”にあたるステップという意味がダブルミーニングになっていることもあり、後妻となる広末涼子に「おかあさん」と呼べる日が来るのだろうかと、ありきたりながら興味深いものがあった。

 義理という点だけでも、血のつながりのある親子と結婚による家族。健一にとっての義理の両親や、義理の兄夫婦、さらには養子にしたいと申し出たことも全て義理だ。そして、健一の新潟に住む実の両親が登場しないことも見事な影の演出だ。

 マンションの部屋の落書き。亡き母親が死に際に書いた一本がやがて娘によって成長の大樹を描くという、絵の伏線も見事。家系図みたいな小さな幹と美紀。さらには巻き寿司さえ、それが太い樹になってる気がしてならない。義理の枝葉も国村隼と片岡礼子の孫である小さな美紀から繋がっているのも頷けるのです。

 平凡な話ながらも味わい深い作品。亡き妻そっくりだったカフェ店員川栄李奈の優しさも良かった。富士山の見える病院も気になるところだし、それより最も気になるのは満員電車の描き方で、いつも顔をつぶされてるオッサンの姿だった。誰?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 16 件)
kossy

3.0在る、父と娘の父子家庭の10年間のお話

hkr21さん
2020年8月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

周りの人たちが優しくて、人徳者で良かった。
特に義父。
そんな人たちに見守られ助けられ、
紆余曲折ありながらも現実をきちんと受け止めて成長していく、
在る、父と娘の父子家庭の10年間のお話でした。

負けず嫌いに見えない~のくだりで、
「歳を重ねて、たくさん負けてきたから」
という奈々恵さんの言葉に、
「昔に比べて丸くなったね。」と言われるわたしは、
妙に納得してしまいました。
そうだよな...
すべての経験が自分を創ってきている。と考えると、
歳を重ねるのは面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
hkr21

5.0想像とは違い…泣きました

2020年8月2日
iPhoneアプリから投稿

面白かった。
育児したことないから、分からないけど…。父親が、一人で、女の子を育てるのって、本当に、大変だと思う。多分、母親が、男の子を育てるよりも…。美紀 役の3人の女の子たちは、どの子も、素晴らしかった。
妻に先立たれた…という設定柄もあり、泣くと思っていたけれど、思っていたより泣きました。母親との回想シーンは、全くなく(こういうの珍しい)、川栄李奈 の出演シーンは、母親役としては、手のみ。なので、回想シーンで泣くと思っていた私は、まんまと裏切られました。泣いたのは、子供たちのシーンでした。ちょっとして成長ぶりとか…。号泣こそしないけど、ずーっと泣いてました。きっと後ろの人は、ここで泣く?って思ってたはず…。
そういえば、中川大志くんの出演は、面白かったです。スピンオフとかで、ドラマとかあったら面白いのに…。期待します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
らぶにゃん

3.5始まりがクライマックス

2020年8月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

お父さんは優秀なビジネスマン、
マンション持ち、
関係する人全てが援助完璧優等生、
生活苦労の描写はほぼ無し、
再婚相手も降って湧く、

なんというか
全てがトントン拍子の
所謂「なろう系」の物語、

子役さん達は素晴らしかった、

大人は名優揃いのラインナップなんだけど、

逆にそのそつなき演技と「なろう」進行に徐々にクールダウンしてしまい、今一感情移入出来ませんでした(´・ω・`)

あとなぜか
「西郷輝彦」という名前がずーっと
頭の中をぐるぐると、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
褐色の猪

2.0泣ける話であることには間違えないが、あざとすぎる演出に溜息がでてし...

春起さん
2020年8月2日
iPhoneアプリから投稿

泣ける話であることには間違えないが、あざとすぎる演出に溜息がでてしまう。山田と娘が2人で電車が下を通る橋を歩いて行くところなどもういいよと言いたくなる。何度もカレンダーの下に続く線を映すところなどさり気なさがない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
春起

5.0愛だ

ひつじさん
2020年8月2日
スマートフォンから投稿

痛みと悲しみ、心のヒダを見事に映し出し。派手な事件は起こらない。けれどもじんわりと沁みて、じんわりと滲み出てくる。
淡々と進む展開がなんとも心地良い。

俳優陣が素晴らしい。
キャスティングがここまでピタッとハマるのも珍しいのでは。
なかでも山田孝之、國村隼、伊藤沙莉、白鳥玉季は必見。

連れ合いも鼻をすすりまくりの118分。
エンドロールの楽曲でまた涙。

愛だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ひつじ

4.5すべてのアクターに拍手喝采です!

2020年8月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

観て良かったというのが率直な感想。
山田孝之さんのマルチ振りはいつ観ても驚き。
でも特筆すべきは美紀ちゃん役の3人のリレー。成長するプロセスを上手く繋いでホントに良い子に育ったなぁと心が洗われる。
義理の親を演じる名優コンビには泣かせれっぱなしで気持ちいいほど涙腺が緩みました。
中川大志くんの役どころがツボでした。

私事ですが
7/15から仕事の都合で宮崎県に来て映画館🎦まで🚗で75分。8/1に宮崎市にあるシネコンで久しぶりに映画を観て『やっぱり映画は映画館で』だなぁと感慨深い気待ちになりました。しばらくはこの生活が続きますが週末を利用して南国🏝の映画ライフ🎬も楽しみたいと思う今日この頃です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
タイガー力石

4.0ステップにそんな意味が

かすやさん
2020年8月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

新型コロナの影響で、家族との距離が近くなったり、遠くなったり。色々な状況の家族がいると思います。
家族ってなんだろうと考えさせられました。明日からまた笑顔家族!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
かすや
「ステップ」の作品トップへ