ある娼婦の贖罪

2019年製作/95分/エクアドル・メキシコ合作
原題:La mala noche

スタッフ・キャスト

監督
ガブリエラ・カルバッチ
製作
ガブリエラ・カルバッチ
ジェミニアーノ・ピネダ
製作総指揮
ダニエラ・フエンテス・モンカダ
脚本
ガブリエラ・カルバッチ
撮影
グリス・ヨルダナ
音楽
クインカス・モレイラ
  • ノエル・シュオンワルド

  • クリスチャン・メルカド

  • ジェイム・タマリス

  • アリアーナ・フレイル

  • ナディン・ムニョス・セルバンテス

  • ディエゴ・ミグノーネ

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

オソレゾーン

映画レビュー

3.5エクアドルの現実?

2021年9月28日
Androidアプリから投稿

悲しい

怖い

知的

エクアドルの映画を観るのは始めてだったのかも。興味深かった。意外に?洗練された映画だったように思う。
なのに、ここ(映画.com)ではタイトルだけ出て来て、他の情報が一切載っていない。少しガッカリ。

ただ、題名のとおりの内容で、後味がいい映画ではなかった。
これが単なるフィクションでなく、この国では珍しくない現実? そう思うと内容が重く感じる。
さらに、グローバルな時代、日本は大丈夫か?とも思う。

ダナの可愛さ、心のひたむきさ、優しさは、とてもいい。それがすばらしい分、取り巻く厳しい現実が重く感じられ、閉塞感がつきまとう。

後味は悪いけれど、インパクトがある映画だった。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
雨音

2.0ラストは割と好き・・・かもしれません。

2020年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

売春組織に誘拐された幼女を救うため、娼婦が組織に戦いを挑む物語。

サスペンスやアクションではなく、人間ドラマ。そして社会派ドラマです。
エクアドルの貧困、女性に対する性搾取。これらを真正面から映そうとした映画です。
その意図は凄く感じることが出来ましたが、映画としての面白みを感じるには難しいものでした。
変にサスペンス色を押し出さない方が、映画の完成度は高かったかもしれません。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よし

2.0タイトルから結末が…

2020年4月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
KEI

2.0エクアドル映画

2020年4月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

娘のために娼婦に身を落としていた主人公は、娘が亡くなり悲しみ暮れていたが、ボスが娘と同じような年ごろの女の子を人身売買しようとしていること知り・・・。
子供の誘拐や人身売買は世界から無くなっていない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る